プレスリリース 1月 7, 2008

アンドレア・ジュング、アップルの取締役に就任

2008年1月7日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、エイボン・プロダクツのアンドレア・ジュング会長兼最高経営責任者がアップルの取締役に選任されたことを発表しました。アンドレアはアップル以外にも、ゼネラル・エレクトリック・カンパニーの取締役、ニューヨーク・プレスビテリアン病院の理事、そしてCatalystの取締役を務めています。
「アンドレアはとても優秀なCEOかつマーケッターであり、彼女の洞察と経験がアップルの取締役として存分に発揮されることを楽しみにしています。アンドレアは当社の8人目の取締役となりますが、彼女が加わることで取締役会の議論がこれまで以上に活発になるものと思います。」と、アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
「アップルは明らかに今日世界で最も革新的な会社の一つです。このエキサイティングでダイナミックなチームに加わることをとても光栄に思いますと同時に、アップルの成長の次の段階においてスティーブや他の取締役と一緒に仕事をすることを楽しみにしております。」と、エイボン・プロダクツの会長兼最高経営責任者、アンドレア・ジュングは述べています。
エイボンにおけるアンドレアの責任は、同社の長期成長戦略、新ブランドの立ち上げ、全世界の女性が社会で活躍することができる機会の創造、そしてエイボンを第一級の化粧品直販会社にすることのすべてにおよんでいます。1996年にグローバルマーケティング担当プレジデント、1997年にエグゼクティブバイスプレジデント、1998年に同社社長兼取締役、1998年から1999年にかけて最高執行責任者、1999年に最高経営責任者、そして2001年に取締役会会長に就任しました。エイボン入社以前には、ニーマン・マーカスのエグゼクティブバイスプレジデントおよびI. Magninのシニアバイスプレジデントなどを務めました。
アンドレアはプリンストン大学を優秀な成績で卒業し、中国語に堪能です。また、2001年3月には女性として初めてコスメテイック・トイレタリー・アンド・フレグランス・アソシエーションの会長に選任され、2005年まで会長職にありました。
【エイボンについて】
「女性のための企業」を標榜するエイボンは、世界をリードする化粧品会社で、年間総売上高は90億ドルに達します。世界最大規模のダイレクトセリングの会社として、エイボンは500万人以上のエイボンレディを通じて世界100カ国以上で製品をお届けしています。エイボンの製品は、化粧品からファッションジュエリーおよびアパレルまで多岐にわたり、エイボンカラー、アニュー、スキン ソー ソフト、エイボン ソリューション、アドバンス テクニーク、エイボン ナチュラルズ、マーク、そしてエイボン ウェルネスといったブランド名で広く知られています。エイボンとその製品に関する詳しい情報はwww.avoncompany.comでご覧いただくことができます。

    ※ 本資料は、2008年1月7日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。

【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なデスクトップおよびノートブック型コンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに昨年、革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入しました。
© 2008 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.