プレスリリース 4月 4, 2008

iTunes Store、全米第1位の音楽小売業者に

2008年4月3日、アップルは本日、iTunes Store ( www.itunes.com/jp ) がウォルマートを抜き、全米第1位の音楽小売業者となったことを発表しました。この発表は、NPDグループ*からの最新のデータによるものです。5,000万人以上のお客様に利用されるiTunesは、これまでに40億曲以上を販売し、600万曲以上**からなる世界最大のミュージックカタログを提供しています。
「サービス開始後5年を経ずして、iTunesは世界第1位の音楽小売業者となりました。私たちは心から喜んでおり、またこの画期的なマイルストーンに到達できましたことを、すべてのお客様に感謝したいと思います。」と、アップルのiTunes担当バイスプレジデント、エディー・キューは述べています。
*市場調査会社NPDグループのMusicWatch調査のデータによる。同調査は消費者の回答をもとに、前週無線取引以外で購入した楽曲数を1CDあたり12曲に換算して集計したものです。iTunes Storeは、2008年1月および2月中に販売された音楽の件数で、米国最大の音楽小売業者となりました。
**文中にあるiTunes Storeで販売されるコンテンツの情報は、米国における状況を表します。日本では500万曲以上の楽曲を提供しています。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入しました。

© 2008 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh and iTunes are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.