プレスリリース 6月 8, 2009

アップル、Safari 4をリリース ー 世界最速、最も革新的なブラウザ

2009年6月8日、アップルは本日、世界最速かつ最も革新的なウェブブラウザ、Safari® 4をリリースしました。Mac®とWindows PC向けに提供され、今年2月にベータ版が公開されたSafari 4は、JavaScriptをSafari 3よりも最大4.5倍速く実行できるNitroエンジンを特長としています* 。Safari 4はTop Sites、Full History Search、Cover Flow®といった革新的な機能を備え、HTML 5や先進的なCSS Effectsといった最新のウェブ標準に対応したことで、ブラウジングをより簡単で楽しめるものにします。
「ベータ版に対する多数のフィードバックをいただいたことで、アップルではSafari 4をより細かくチューンし、さらに良質で高速な、お客様に愛用されるバージョンに仕上げることができました。Safariは世界中の7,000万人のユーザにご利用いただき、その高速性、革新的な機能、最新のウェブ標準への対応により、いずれのプラットフォームにおいてもベストなブラウザの地位を築いています」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
Safari 4は、IE 8の約8倍、Firefox 3の4倍以上のスピードでJavaScriptを実行できるJavaScriptエンジンのNitroなど、世界で最も先進的なブラウザテクノロジーを採用しています。Safariは、IE 8の3倍以上、Firefox 3の3倍のスピードでHTMLウェブページを読み込むことができます* 。
オープンソースのブラウザエンジンであるWebKitの開発から着手したアップルは、革新的なウェブ標準の定義と実装において業界をリードしてきました。Safari 4ではオフラインテクノロジーとしてHTML 5をサポートすると共に先進的なCSS Effectsにも対応し、これにより動画や音声、グラフィックス、フォントを駆使したまったく新しいタイプのウェブアプリケーションを実現します。Safari 4はまた、動的なウェブアプリケーション実現に向けて特に設計されたCSS、JavaScript、XML、SVGといった標準にブラウザがどれだけ準拠しているかについて評価する、Web Standards ProjectsのAcid3テストに合格した最初のブラウザでもあります。
Safari 4には新たに、頻繁に訪問するサイトやお気に入りのページのビジュアルプレビューを画期的な手法で提供するTop Sites、最近閲覧したページのタイトル、ウェブアドレス、テキスト全体を対象として検索できるFull History Search、ウェブ履歴やブックマークを簡単にめくるようにして見ることができるCover Flowといった機能が搭載されました。その他の革新的な機能には、読みやすい候補リストからウェブアドレスを自動的に補完できるSmart Address Fields、Google Suggestが提案する候補や最近の検索結果のリストを使って絞り込み検索ができるSearch Fields、レイアウトやテキストの品質を落とすことなくウェブサイトの様子を拡大して見ることができるFull Page Zoomなどがあります。
Safari 4は今年後半に登場するMac OS® X Snow Leopard™の下では64ビットアプリケーションとして動作し、JavaScriptエンジンのNitroのパフォーマンスは最大50%も向上します** 。Snow Leopardでは、Safariはプラグインを個別のプロセスとして実行するためよりクラッシュに強くなります。仮にあるプラグインがクラッシュしても、Safari本体はクラッシュせずに動作を続けられるので、ユーザは影響のあったページを読み込み直すだけで済みます。
【価格と販売について】
Safari 4は、Mac OS XとWindows向けに www.apple.com/jp/safariを通じて無料でダウンロードすることができます。Mac OS X版のSafari 4のご利用には、Mac OS X Leopard® v10.5.7、またはMac OS X Tiger® v10.4.11およびSecurity Update 2009-002、256MBの実装メモリ、Intelプロセッサ搭載のMac、またはPowerPC G5、G4、G3プロセッサとFireWire®ポートを標準装備するMacが必要です。Windows版のSafari 4のご利用には、Windows XP SP2またはWindows Vista、256MBの実装メモリ、500MHz以上のIntel Pentiumプロセッサを搭載するPCが必要です。Safari 4のシステム条件の詳細と、さらに詳しい情報については、www.apple.com/jp/safariをご覧ください。
* 実際のパフォーマンスは、システム構成、ネットワーク接続、その他の要因によって変動します。テストはいずれも2.8GHz Intel Core 2 Duoプロセッサと2GBメモリを搭載したiMac®のWindows Vista環境で実施されています。JavaScriptベンチマークはSunSpider JavaScript Performanceのテスト結果に基づきます。HTMLベンチマークはVeriTestのiBench Version 5.0を初期設定のままで行なった結果です。
** 実際のパフォーマンスは、システム構成、ネットワーク接続、その他の要因によって変動します。正式リリース前のMac OS X Snow Leopard v10.6と市販のMac OS X Leopard v10.5.7を比較した、2009年5月に実行されたアップルの社内テストに基づきます。テストには2GBメモリを搭載したMacBook® 2.0GHz市販モデル、iMac 2.66GHz市販モデルを使用しています。JavaScriptベンチマークは、32ビットモード、64ビットモードの両方で動作させたSafariのSunSpider Performanceの比較結果に基づきます。

    © 2009 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, Safari, Cover Flow, Snow Leopard, Leopard, Tiger, FireWire, iMac and MacBook are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.