プレスリリース 11月 5, 2009

Apple、App Storeで提供のアプリケーションが10万本を超えたことを発表

2009年11月5日、Apple®は本日、世界最大のアプリケーションストアである革新的なApp Storeのためにデベロッパが開発したアプリケーションの数が10万本を超えたことを発表しました。世界77カ国のiPhone®およびiPod touch®ユーザには、ゲーム、ビジネス、ニュース、スポーツ、健康&フィットネス、レファレンス、旅行を含む20のカテゴリにわたる、膨大な数のアプリケーションが選択肢として用意されています。App Storeのユーザはこれまでに20億本を優に超えるAppをダウンロードし、App Storeは世界で最も人気のあるアプリケーションストアとなっています。
「10万本以上のアプリケーションが揃ったApp Storeは、世界中に何百万人もいるiPhoneおよびiPod touchのお客様にとって明らかに他との大きな差別化要因となっています。iPhone SDKはモバイルアプリケーションのための初めての卓越したプラットフォームを創り出しました。私たちのお客様はデベロッパが作っているすばらしいAppのすべてを気に入ってくださっています。」と、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
「App Storeはモバイルゲーム業界を永久に変えてしまったうえ、さらに進歩し続けています。全世界で5,000万人以上いるiPhoneおよびiPod touchユーザにリーチするApp Storeがあり、またその成功のおかげで私たちはお客様に大好評の高品質なEAゲームを開発することができるのです。」と、EA Mobile社のワールドワイドスタジオ担当バイスプレジデント、トラビス・ボートマン氏は述べています。
また、Smule社CEOのジェフ・スミス氏は、「毎日10,000本がダウンロードされるなど、当社のI Am T-Painアプリケーションに対する世界のお客様の反応は、私たちの予想を遥かに超えるものでした。App Storeは、成功するビジネスを創出し成長させるというユニークな機会を私たちに与えてくれました。今後がますます楽しみです。」と述べています。
Appleは、Genius for App、App Store Essentials、サブカテゴリリスティング、そしてより価値のあるお客様レビューを含む新機能で、よりAppを検索しやすく、発見しやすいように、前進を続けています。最近リリースされたiTunes® 9では、iTunesの中でアプリケーションを整理し、同期することがこれまで以上に簡単になり、整理したアプリケーションはiPhoneやiPod touchにも同じレイアウトで自動的に表示されます。
今年の夏にリリースされたiPhone OS 3.0には、カット、コピー&ペースト、MMS、メールやSMSテキストそしてメモの横長表示、ステレオBluetooth、シェイクでシャッフル、ペアレンタルコントロール、Wi-Fiホットスポットでの自動ログイン、そしてプッシュ通知など、iPhoneおよびiPod touchユーザのための100以上の新機能が含まれています。これらの新機能はお客様の間でとても好評で、すでに20億以上のプッシュ通知がApp Storeで提供されているアプリケーションに送信されています。さらに、最近導入された無料アプリケーションのためのIn App Purchase(アプリケーション内コンテンツ購入)機能により、主要なデベロッパは、コンテンツの購入、購読およびデジタルサービスをお客様がアプリケーションの中から直接選んで行なえるようにすることができます。
※アプリケーションによっては全ての地域でご利用頂けない場合があります。
※ iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

    © 2009 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPhone, iPod touch and iTunes are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.