プレスリリース 3月 3, 2010

Apple、HTCを特許侵害で提訴

2010年3月2日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、Appleが保有するiPhoneのユーザインターフェイス、基礎となるアーキテクチャおよびハードウェアに関する20件の特許を侵害したとして、HTCを提訴しました。提訴はアメリカ国際貿易委員会(ITC)とデラウェア州の米国連邦地方裁判所に同時に行いました。
「我々が特許を持つ発明を競合他社が盗用するのを何もしないで見ているか、何か行動を起こすべきか。私たちは行動を起こすことに決めました。私たちは、競争は健全なことだと考えていますが、競合他社は自分たちで独自の技術を作るべきであって、当社の技術を盗むべきではありません。」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
Appleは2007年、革新的なiPhone®により携帯電話の概念を根本から変え、2008年には、先駆的なApp Storeによって再度革命をもたらしました。App Storeは現在、世界90カ国以上で15万種類以上のモバイルアプリケーションを提供しています。これまでに全世界で4,000万台以上のiPhoneが販売されました。
※ 本資料は、2010年3月2日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

    © 2010 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh and iPhone are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.