プレスリリース 9月 17, 2010

AppleのAirPrintワイヤレスプリンティング機能、11月にiPad、iPhone、iPod touchに向けて登場

HP ePrintプリンターが最初に対応

2010年9月15日、Apple®は本日、iOSデベロッパープログラムのメンバーに対し、iPad™、iPhone®、iPod touch®に向けたAirPrintワイヤレスプリンティング機能のベータバージョンを公開すると共に、同機能が11月に無償配布予定のiOS 4.2ソフトウェアアップデートに含まれることを発表しました。AirPrintはローカルネットワーク内のプリンターを自動的に見つけ、テキスト、写真、グラフィックをWi-Fi経由にてワイヤレスで印刷できるようにする機能です。AirPrintを利用するのにドライバーのインストールやソフトウェアのダウンロードは必要ありません。ePrintに対応する、HPの現行ならびに今後発売されるプリンターが、iOSデバイスからのダイレクト印刷をサポートする最初の製品になります。
「AirPrintはAppleのパワフルで新しい印刷アーキテクチャーで、簡単に使えるiOSにふさわしく設定や構成は一切不要、プリンタードライバーその他のソフトウェアのダウンロードも要りません。iPad、iPhone、iPod touchをお使いの皆様は、書類や写真をタップひとつで簡単にHP ePrintプリンター、またはMacやWindopws PCに接続されたプリンターにワイヤレスで送信して印刷できます」と、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
「Apple社と協力し、同社のAirPrintテクノロジーを、ホリデーシーズンに向けて発売予定の弊社ePrintプリンターの秋モデルで対応させられたことを喜ばしく思います。お客様にいつでも・どこでも簡単に印刷していただけるようにすることは、HPが最も重要視することのひとつです。iPad、iPhone、iPod touchをお使いの皆様には、HPの新製品であるePrintプリンターを利用することで非常に簡単に印刷できること、その場で高品質なプリントが得られることにきっと喜んでいただけることでしょう」と、HP社イメージング&プリンティンググループエグゼクティブバイスプレジデント、ヴァイオメッシュ・ジョシ氏は述べています。
AirPrintは、エントリーレベルのインクジェットプリンターからオフィス用のレーザープリンターまで幅広いプリンター製品をサポートするように設計されています。また、iOS 4.2デバイスでは、Mac®やWindows PCに接続された共有プリンターを使って印刷することもできます。今秋発売が予定されているiOS 4.2対応のHP製プリンターは、HP Photosmart、Officejet、Officejet Pro、LaserJet Proの各シリーズに含まれるePrint対応モデルです。
*AirPrint機能は、iPad、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(第三世代以降のモデル)でお使いいただけます。
※本資料は、米国発2010年9月15日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

    © 2010 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPad, iPhone and iPod touch are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.