プレスリリース 10月 21, 2010

Apple、MacにFaceTimeを提供

Macから1900万人以上のiPhone 4、iPod touchユーザとのビデオ通話が可能に

2010年10月21日、Apple®は本日、MacユーザとiPhone® 4およびiPod touch®ユーザ*または別のMacユーザとのビデオ通話を可能にする全く新しいアプリケーション、FaceTime® for Mac®のパブリックベータ版を発表しました。簡単に使えるインターフェースを備えたFaceTime for Macはユーザのアドレスブックにある連絡先に自動的にアクセスするので友達リストを新たに用意する必要はなく、Macのノートブック、iMac®、そしてApple LED Cinema Displayに内蔵されたカメラやマイクともシームレスに連係動作します。
「FaceTimeによって、モバイル機器とのビデオ通話が初めて簡単なものになりました。FaceTimeに対応しているiPhone 4とiPod touchの累計販売台数は過去4カ月で1900万台以上。これらのユーザはFaceTimeを使ってさらに数千万人ものMacユーザとのビデオ通話が楽しめるようになります」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
FaceTime for Macの動作にはMac OS® X Snow Leopard®、ご利用にはApple IDを使った簡単なセットアップが必要です。パブリックベータ版は本日より、www.apple.com/jp/mac/facetimeを通じて無償でダウンロードいただけます。
*iOS 4.1が必要です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

    © 2010 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, FaceTime, iPhone, iPod touch and Snow Leopard are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.