プレスリリース 10月 21, 2010

Apple、Mac OS X Lionを発表

2010年10月20日、Apple®は本日、世界で最も先進的なオペレーティングシステムの8番目のメジャーリリースとなるMac OS® X Lionを発表しました。来夏出荷予定のLionは、iPadのソフトウェアのイノベーションから多くのインスピレーションを得ています。本日の発表はLionの機能のほんの一部を紹介するもので、その中にはデスクトップアプリケーションを発見、インストール、自動更新するための新しい方法であるMac® App Store™、Mac上のすべてのアプリケーションの新しいホームとなるLaunchpad、フルスクリーンアプリケーションのシステムワイドでのサポート、そしてExposé、Dashboard、Spaces®さらにフルスクリーンアプリケーションを、Mac上で起動しているすべてが表示され、どこにでもすぐにナビゲートできる、新しい革新的なビューに統合するMission Controlなどが含まれます。
「LionはiPadで使われている優れたアイデアの多くをMacに還流するほか、Mission ControlのようにMacユーザに本当に気に入っていただける新しい機能もいくつか含んでいます。Lionには数多くの新機能が含まれますが、本日お見せすることができた一部の機能をご覧になれば、私たちが進んでいる方向がおわかりいただけることと思います。」
Mac App Storeは革新的なApp StoreのエクスペリエンスをOS Xにもたらすもので、Macアプリケーションの発見、導入、更新がこれまで以上に簡単になります。iPad™と同様、ユーザがiTunes®のアカウントを使ってアプリケーションを購入すると、ワンステップでアプリケーションがダウンロードされ、インストールされます。アプリケーションのアップデートはMac App Storeを通じて直接行なわれるため、すべてのアプリケーションを最新の状態に保つのは簡単です。Mac App Storeは今後90日以内にSnow Leopard®で利用できるようになり、来夏Lionが出荷されるときにはLionに含まれます。
Launchpadを使うと、どんなアプリケーションでもこれまでに以上に簡単に見つけ、起動することができます。DockのLaunchpadアイコンをクリックするだけで、iPadのホームスクリーンのように、Mac上のすべてのアプリケーションがエレガントに表示されているのを見ることができます。アプリケーションはどの順番で並べることもできるほか、フォルダに分けることもでき、複数のアプリケーションのページをめくってお目当てのものを探すこともできます。
Lionはフルスクリーンアプリケーションをシステムワイドでサポートします。Lionではワンクリックでフルスクリーンモードに入ったり、トラックパッドをスワイプするだけでフルスクリーンアプリケーションを切り替えたり、スワイプしてデスクトップに戻り、マルチウィンドウアプリケーションにアクセスしたりすることもできます。
Mission ControlはMac上で起動しているすべてのアプリケーションとウィンドウを一度に見せてくれるため、どこにでもすぐにナビゲートすることができます。Mission Controlはまた、次世代のExposéを組み込んでおり、Mac上で開いているすべてのウィンドウをアプリケーションごとにグループ化し、フルスクリーンアプリケーションのサムネールやDashboard、そして他のSpacesに並べて表示します。
※本資料は、米国発2010年10月20日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近では魔法のようなiPadを発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

    © 2010 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, App Store, Exposé, Spaces, iPad, iTunes and Snow Leopard are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.