プレスリリース 8月 25, 2011

スティーブ・ジョブズ、AppleのCEOを辞任

ティム・クックがCEOに就任、ジョブズは取締役会会長に就任

2011年8月24日、カリフォルニア州クパティーノ、Appleの取締役会は本日、スティーブ・ジョブズが最高経営責任者(CEO)を辞任し、これまでAppleの最高執行責任者(COO)であったティム・クックが同社の新しいCEOに就任することを発表しました。ジョブズは取締役会会長に就任し、クックも即時、取締役会に加わります。
 
Appleの取締役会を代表して、Genentech社会長のアート・レビンソンは次のように語っています。
 
「スティーブの非凡なビジョンとリーダーシップがAppleを救い、世界で最も革新的で価値の高いテクノロジー企業へと導きました。スティーブはAppleの成功に計り知れない貢献をし、彼がAppleのこの上なく創造的な従業員と世界一流のエグゼクティブチームを引きつけ、鼓舞してきました。取締役会会長という新しい役職においても、スティーブは彼のユニークな洞察力と創造性そしてインスピレーションで、Appleに貢献し続けてくれることでしょう。」
 
レビンソンはまた、「取締役会は、ティムが次期CEOとして適任者であることに絶対の信頼を持っています。ティムの13年におよぶAppleでの功労は、その傑出した業績に現れており、彼は、あらゆる場面ですばらしい手腕と健全な判断を示してきました。」と語っています。
 
ジョブズは本日、辞表を取締役会に提出し、取締役会が継承計画を実行し、ティム・クックをCEOとして任命するよう強く薦めました。
 
クックはこれまで、COOとして同社のワールドワイドセールスおよびオペレーションを統括し、その中には全世界での一貫したAppleのサプライチェーン、販売活動、そしてサービスとサポートのマネジメントが含まれていました。彼はまた、AppleのMacintosh部門の長でもあり、再販業者およびサプライヤーとの戦略的関係の継続的な発展に重要な役割を果たし、要求の度合いが高まっていく市場に柔軟に対応してきました。

 
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近では魔法のようなiPad 2を発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。
 
※ iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

© 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS and Macintosh are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.