プレスリリース 11月 2, 2011

GarageBandがiPhoneとiPod touchのユーザにも利用可能に

2011年11月2日、Apple®は本日、同社の画期的な音楽制作アプリケーションであるGarageBand®が、iPhone®とiPod touch®のユーザにも利用できるようになったことを発表しました。今年始めにiPad®用に発表されたGarageBandは、Appleの革新的なMulti-Touch™インターフェイスを用いることにより、これまで楽器を演奏したことのない人でも簡単に音楽を作り、録音できるようにしました。
 
「iPad用のGarageBandは大ヒットとなりましたが、これからは、iPhoneやiPod touchでも、大いに楽しんでいただくことができます。革新的なマルチタッチインターフェイスにSmart Instrumentsを組み合わせることにより、これまで音楽を勉強したことがなく、楽器も演奏したことがない人でも簡単に素晴らしいサウンドの音楽を作ることができるようになります。」と、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
 
GarageBandには、初心者から経験豊富な音楽家まで、キーボードや、ギター、ドラム、ベースなどを様々なスタイルで簡単に演奏し、録音することができる、すばらしい音色の楽しいTouch Instrumentsが揃っています。Smart Instrumentsは今回、豊富に揃った新しいライブラリの中からカスタムコードを選ぶことができるようになったため、お好きな曲とあわせて演奏することができます。
 
エレクトリックギターを、iPadや、iPhone、iPod touchにつないで、クラッシックなアンプやストンプボックスのエフェクタを使って演奏して録音したり、内蔵マイクを使って自分の声やアコースティック音を録音することができます。GarageBandは最大8トラックまで録音、ミキシングし、完成した曲を友達と共有したり、自分のMac®に送って、GarageBandやLogic® Proで作業を続けることもできます。
 
【価格と販売について】
iPad、iPhoneおよびiPod touch用のGarageBand 1.1は、App Storeで新規ユーザを対象に450円(税込み)で、すでにGarageBand for iPadをお使いのお客様には無償アップデートとして提供されます。GarageBandは、iPad、iPad 2、iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4SおよびiPod touch(第3世代および第4世代)で使うことができるユニバーサルアプリケーションです。
 
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近ではiPad 2を発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。
 
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

    © 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, GarageBand, iPhone, iPod touch, iPad, Multi-Touch, Logic and App Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.