プレスリリース 11月 16, 2011

Apple、アーサー D. レビンソンを取締役会長に指名

ウォルト・ディズニー・カンパニーのロバート A. アイガー社長
兼最高経営責任者がAppleの取締役に就任

2011年11月15日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、アーサー D. レビンソン(Arthur D. Levinson, Ph. D.)を同社の社外取締役会会長に指名したことを発表しました。レビンソンは2005年以来Apple取締役会の共同リードディレクターであり、取締役会に置かれた3つの委員会すべて、すなわち監査および財務委員会、指名および企業統治委員会、そして報酬委員会で委員を努めてきました。今後も引き続き監査委員を務めます。Appleはまた、ウォルト・ディズニー・カンパニーのロバート A. アイガー(Robert A. Iger)社長兼最高経営責任者がAppleの取締役に就任し、監査委員会のメンバーとなることを発表しました。
 
アーサー D. レビンソンについて、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは次のように述べています。「アートは2000年に取締役に就任して以来、Appleに多大な貢献をしてきました。また共同リードディレクターとしても最も長く務め、彼の洞察と指導力はAppleとその従業員、株主にとって非常に貴重なものです。」
 
また、ロバート A. アイガーについては、「ボブと私は過去数年にわたってお互いのことをとても良く知るようになりました。Appleの取締役会はすでに非常に強力ですが、ボブがさらに大きな貢献をしてくれるものと、現取締役全員が期待しています。ディズニーでの彼の戦略的構想の基礎には3つの原則があります。すなわち、考えられる最高のクリエイティブコンテンツを生み出すこと、イノベーションを育成し最新のテクノロジーを利用すること、そして世界中の新市場に進出することです。まさにAppleの取締役会に相応しい人材です。」と、ティム・クックは述べています。
 
「Appleの取締役会会長に指名され、ボブをチームに歓迎することをとても名誉に思います。Appleは、私たちの生活をシンプルに、より良いものにする、本当に革新的な製品の提供を通じて、常に自らを革新していくことにフォーカスしています。そのことに関われることを私は非常に誇りに思っています。」と、アート・レビンソンは述べています。
 
「Appleは一貫して高品質な、本当に革新的な製品を作り出すことで比類なき成功を収めています。そんな素晴らしい会社の取締役会に加わることをとても嬉しく思います。長年のおつきあいを通じて、現在ティム・クックを先頭に素晴らしい仕事をしておられる経営陣の方々を知り、尊敬するようになりました。この経営陣ならAppleの勢いと成功を今後も確実に継続していけるリーダーシップとビジョンを持っていると確信しています。」と、ボブ・アイガーは述べています。
 
レビンソンはジェネンテック(Genentech, Inc.)の会長であると同時にロシュ(Roche)の取締役も務めています。1980年にリサーチサイエンティストとしてジェネンテックに入社し、1995年から2009年にはジェネンテックの最高経営責任者を務めました。彼はまた、Amyris、NGM Biopharmaceuticals, Inc.およびMIT(マサチューセッツ工科大学)とハーバード大学のBroad Instituteのディレクターでもあります。レビンソンは現在、Memorial Sloan-Kettering Cancer CenterのBoard of Scientific ConsultantsおよびLewis-Sigler Institute for Integrative GenomicsのAdvisory Councilのメンバーでもあります。彼は80本以上の科学論文の著者および共著者であるほか、11の米国特許の発明者でもあります。2008年には、アメリカ芸術科学アカデミー(American Academy of Arts & Sciences)に選出されました。レビンソンはワシントン大学で理学士号を取得、プリンストン大学で生化学の博士号を取得しました。
 
アイガーは世界最大のメディア会社および世界中で高く評価され愛されているいくつかのブランドの最高責任者です。彼は、エンターテイメント業界の二大ストーリーテラーであるPixarの買収(2006年)とMarvelの買収(2009年)を通じて、人々の記憶に残るディズニーの物語の豊かな歴史に新たなページを加えました。常に新しいテクノロジーの利用に積極的なアイガーは、多くの新しいプラットフォームでクリエイティブコンテンツを提供する最前線に立って、ディズニーを業界のリーダーにしました。彼はNational September 11 Memorial & MuseumおよびLincoln Center for the Performing Arts, Inc.の理事も務めています。2011年6月にはUS-China Business Councilの委員にも就任しました。2010年6月には、バラク・オバマ大統領からPresident’s Export Councilに任命されました。これは、米国の輸出、雇用、成長の促進について大統領に助言を行なう機関です。彼はまた、総合的な移民改革を支援する全米各地からの市長やビジネスリーダーの連合であるPartnership for a New American Economyのメンバーでもあります。アイガーはイサカ・カレッジを卒業しました。
 
※ 本資料は、2011年11月15日付けで米国アップルが発表した内容を翻訳したものです。
 
【Appleについて】
Apple
は世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、最近ではiPad 2を発表し、モバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

    © 2011 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS and Macintosh are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.