プレスリリース 6月 2, 2014

Apple、App Storeの登場以来、最大のリリースとなるiOS 8を公開

iCloudフォトライブラリ、メッセージの新機能、新しいHealthアプリケーションを発表

2014年6月3日、Apple®は本日、App Store™の登場以来、最大のリリースとなるiOS 8を公開しました。この最新のiOSはユーザの皆様にすばらしい新機能を、デベロッパの皆様にはすばらしいアプリケーションを開発するためのツールを提供します。iOS 8はよりシンプルで手早く直観的なユーザエクスペリエンスを提供するとともに、写真やビデオを使用している複数のデバイスでより簡単に楽しめるiCloud®フォトライブラリ、スワイプひとつで音声、ビデオ、写真を簡単に共有できるメッセージの新機能、健康やフィットネスに関するすべてのデータを一箇所で見通しよく一覧することができるまったく新しいHealthアプリケーションといった新機能を備えています。また、iOS 8には予測タイピングをもちいたQuickType™キーボード、購入したコンテンツ、写真、カレンダーをとても簡単に同世帯の家族内で共有できるファミリー共有、どこにいてもファイルの保存やアクセスが可能になるiCloud Drive™も備えています。
「iOS 8は、iCloudフォトライブラリ、新しいメッセージアプリケーション、QuickTypeキーボード、新登場のHealthアプリケーションなど、お使いのデバイスをよりシンプルに、手早く、直観的に利用するための数々の手段を提供します。また、デベロッパの皆様には、デバイスを使った健康や自宅の管理を、統一感のあるシンプルかつ安全なエクスペリエンスに変えるすばらしいツールも新たに提供します」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。
iOS 8では写真アプリケーションとiCloudフォトライブラリにより、すべての写真やビデオにいつでもどこからでもアクセスできるようになります。共有設定されているすべてのデバイスでも簡単に写真は見つけることができ、同じように整理されます。写真アプリケーションでは斜めになった写真でも自動的に真直ぐに補正されるほか、スマート編集ツールを使って光と色を素早く調整したり、さらに個別のツールで微調整することも可能です。こうした調整やエフェクトはすべて、iCloudフォトライブラリを通じて自動的にすべてのデバイスに反映されます。
メッセージアプリケーションはスワイプひとつでコミュニケーションできる機能が搭載されたことで、会話により没入できるものになります。メッセージアプリケーション内では、Tap to Talk機能で音声を共有したり、同様のシンプルな操作で、ビデオや写真をメッセージ内で共有できるようになります。グループメッセージ機能には連絡先の追加や削除に加え、会話から退席したり、都合の悪いときに邪魔されないようにするオプションも用意されます。会話内の写真やビデオを簡単にブラウズしたり、複数の写真やビデオを一度にまとめて共有することもできます。また、メッセージアプリケーション内で、自分の現在の居場所を一時間単位、一日単位、あるいはそれ以上で共有することも選べるようになります。
Healthアプリケーションでは健康に関する複数のアプリケーションやフィットネスデバイスからの情報を集めて、現在の概要をわかりやすく一箇所で見られるようにします。iOS 8では、健康やフィットネスに関するアプリケーションを互いにコミュニケーションできるようにする機能がデベロッパの皆様に対して提供されます。ユーザの許可のもと、各アプリケーションは他のアプリケーションから特定の情報を取得、利用して、健康やフィットネスをより包括的に管理する手段を提供できるようになります。例えば、NikeFuelを利用するNike+アプリケーションと、睡眠や栄養といったHealthKitが提供する主な測定値を連係させることで、カスタムユーザプロファイルを作成して、運動能力の改善に役立てることが可能になります。
AppleのQuickTypeキーボードにもちいられる新しい予測タイピングは、より賢くパーソナライズされたものになり、現在の状況、例えば、テキストの受信者が誰か、入力中のアプリケーションは何か、といった文脈をインテリジェントに考慮したうえでタイピングを予測します。QuickTypeはユーザのコミュニケーション方法を理解してそのユーザのお気に入りのフレーズを候補として挙げるので、文章全体を数回のタップで書き上げることができます。キーボードの学習結果はそのデバイス上で暗号化され、クラウドに送信されるようなことはありません。
iOS 8にはファミリー共有機能が搭載され、同世帯の家族でコミュニケーションをとりながら、購入したコンテンツ、写真、カレンダーを共有するのが従来よりもはるかに簡単になります。家族のメンバーは、各人のiTunes®、iBooks®、App Storeで購入したコンテンツのブラウズやダウンロードが可能になります。共有に参加できる同世帯の家族のメンバーは最大6名で、各人にApple IDが必要です。保護者の方は、お子様用にAppleIDを作成することができます。これには、お子様がコンテンツを購入する度に保護者の許可が必要になるAsk to Buy機能が備えられています。ファミリー共有では、共有フォトストリームや共有カレンダーの作成により、家族のメンバーが自動的に接続された状態になります。また、家族のメンバーの居場所やデバイスの場所を見つけるオプションも用意されています。
iCloud Driveには、あらゆるタイプの書類ファイルを安全に保管して、お使いの任意のデバイスからアクセスして編集することができます。あるデバイスで編集すると、iOSデバイス、Mac®、Windows PC、ウェブ( www.icloud.com )のどこからであっても、お使いのすべてのデバイスでその書類の最新バージョンが利用できます。iCloud Driveではアプリケーション間の連係も完全に新しいレベルのものとなり、同一のファイルに対して複数のアプリケーションからシームレスにアクセスして作業できるようになります。
エンタープライズ向けの機能としては、iOS 8ではモバイル化する組織のための新しいITモデルを基礎として、ユーザに対するデバイスの構成、管理、制限に関する通知方法を改善しています。iOS 8ではセキュリティの強化と共に管理機能が向上します。また、主な内蔵アプリケーションに対するデータ保護レベルの拡大に加え、オフィス不在時の返信設定、会議を設定する際の参加者のスケジュール確認、メールにおけるスレッド通知の設定といった仕事効率化のための機能も提供されます。
iOS 8のその他の特徴は以下のとおりです:
• iOS 7の美しいインターフェイスの改良となるデザインの向上。インタラクティブな通知機能、主な連絡先への素早いアクセス、メールの受信箱と下書きの間の簡単な切り替え、インテリジェントな入力候補。
• Spotlight®検索機能の拡大。デバイス上にある情報だけでなく、Wikipediaの記事、ニュース記事からのピックアップ、近隣の場所に関連する内容も検索結果に反映。
• iPhone®、iPad®、Mac間での連係の強化。あるデバイスで始めたことを別のデバイスで終わらせるHandoff機能、Instant Hotspot機能、通話の受発信、MacやiPadからのSMSおよびMMSメッセージの送信。
iOS 8ベータソフトウェアおよびSDKは、iOS Developer Programメンバーに対して、 developer.apple.com を通じて本日より提供されます。iOS 8は、iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPod touch®(第5世代)、iPad 2、iPad Retina®ディスプレイモデル、iPad Air™、iPad mini™、iPad mini Retinaディスプレイモデルに向けた、無料のソフトウェアアップデートとして今秋に提供予定です。iCloudフォトライブラリとiCloud Driveは、最初の5GBは無料のiCloudストレージを利用します。提供される機能は変更される場合があります。一部の機能は国や地域または言語によっては利用できない場合があります。
【Appleについて】
Appleは世界で最も優れたパーソナルコンピュータであるMacをデザインするとともに、OS X、iLife、iWork、そしてプロフェッショナル向けのソフトウェアを開発しています。AppleはiPodおよびiTunesオンラインストアでデジタル音楽革命をリードしています。Appleは革新的なiPhoneやApp Storeで携帯電話を再定義したほか、iPadでモバイルメディアとコンピューティングデバイスの未来を描いています。

© 2014 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, App Store, iCloud, QuickType, iCloud Drive, iTunes, iBooks, Spotlight, iPhone, iPad, iPod touch, Retina, iPad Air, iPad mini are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。