プレスリリース 7月 15, 2014

AppleとIBM、企業のモバイルを一変させるグローバルなパートナーシップを締結

2014年7月15日(カリフォルニア州クパティーノおよびニューヨーク州アーモンク)、Apple®とIBM(NYSE: IBM)は本日、市場をリードする両社の強みをひとつにまとめ、IBMのビッグデータおよび分析機能をiPhone®およびiPad®にもたらす新しいクラスのビジネスアプリケーションを通じて、エンタープライズ分野のモバイルを変革するべく独占的なパートナーシップを締結したことを発表しました。
この画期的なパートナーシップは、業務遂行の方法を再定義し、基幹産業におけるモバイルの課題を解決し、真にモバイルが主導するビジネスの変革を加速することを目的としており、以下の4つが根幹となっています:
  • iPhoneおよびiPad専用として一から開発されたネイティブアプリケーションを含む、各業界に特化した100種類以上の新しいクラスの企業向けソリューション
  • デバイス管理、セキュリティ、分析、モバイル統合などを含む、iOSに最適化されたIBM独自のクラウドサービス
  • 企業のニーズにきめ細かく応える、新しいAppleCare®のサービス&サポート
  • IBMから提供される、デバイスのアクティベーション、配布、管理のための新しいパッケージ型サービス


新たに登場するIBM MobileFirst for iOSソリューションは、AppleとIBMそれぞれの強みを活かす独占的な協力の下に構築されるもので、IBMのビッグデータおよび分析能力と、その背後で活躍する各業界・分野に特化した総勢100,000名以上のIBMのコンサルタントおよびソフトウェア開発者の力が、Appleならではのユーザ体験、ハードウェアとソフトウェアの統合、開発者プラットフォームがひとつに溶け合うことで生まれるものです。この組み合わせから、iPhoneやiPadを使ったビジネス手法ならびに従業員の働き方のあり方を変えるアプリケーションが生まれ、企業は新たなレベルの効率性、効果、顧客満足といったものを従来よりも迅速かつ容易に獲得できることになります。
この独占的なIBM MobileFirst for iOS協定の一環として、IBMは同社の業界に特化したソリューションとともに、iPhoneおよびiPadを世界中のビジネス顧客に向けて販売していきます。
「iPhoneとiPadは世界で最も優れたモバイルデバイスで、iOSデバイスを現在ビジネスで利用しているFortune 500企業の98パーセント以上ならびにGlobal 500企業の92パーセント以上で、人々の働き方を変革してきました。私たちはまさに初めてIBMの著名なビッグデータ分析をiOSユーザの皆様にお届けしようとしており、これによりAppleに対して巨大市場への参入の機会が開かれることになります。同時に、これはエンタープライズと呼ばれるものに対してAppleとIBMだけが提供できる革命をもたらす一歩となります」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。
「モバイル、すなわちデータとクラウドを組み合わせたものは、歴史的な観点からもビジネスや私たちの業界を変革し、人々は仕事・業界・職業といったものを想像し直しています。Appleとの提携は、これらのイノベーションを世界中にいる私たちのクライアントに提供できる勢いを築き、分析、クラウド、ソフトウェア、サービスにおけるIBMのリーダーシップを発揮させるでしょう。私たちが今では当然だと思う方法で私たちの生活を変革し、もはやそれなしで生活するのが想像できないようなイノベーションを生み出したAppleとチームを組むことは、大変喜ばしいことです。私たちの今回の提携は、人々の働き方、業界の動き方、そして企業の演じる役割をも変革するでしょう」と、IBMの会長および社長兼CEO、ジニー・ロメッティ氏は述べています。
今回のパートナーシップについてAppleとIBMが共有するビジョンは、iPadおよびiPhoneがもつ独自の機能性を、それぞれの企業が持つ知識・データ・分析・ワークフローと共に、ビジネスのプロフェッショナルの手に届けることです。AppleとIBMは特に、企業向けモバイルソリューションに欠かせない要素を提供するために協業することになります。
- ビジネスを変革するモバイルソリューション:両社はIBM MobileFirst for iOSソリューションを構築するために協力します。これは、小売、ヘルスケア、金融、旅行、輸送、通信、保険といった各業界の課題や機会をターゲットにした「ビジネスアプリケーションのために作られた」新しいクラスで、今秋から始まり2015年にかけて提供される予定です。
- モバイルプラットフォーム:IBM MobileFirst Platform for iOSでは、エンドツーエンドの分析・ワークフロー・クラウドストレージから、企業が保有する全デバイスの管理・セキュリティ・統合に至るエンタープライズ機能に必要とされるサービスを提供します。強化されたモバイル管理には、プライベートアプリケーションのカタログ、データおよびトランザクションセキュリティサービス、すべてのIBM MobileFirst for iOSソリューションのための仕事効率化アプリケーションが含まれます。オンプレミスのソフトウェアソリューションに加えて、これらのサービスはすべてBluemix(IBM Cloud Marketplaceで展開されるIBMの開発プラットフォーム)上で利用できます。
- モバイルサービス&サポート:AppleCare for Enterpriseにより、定評あるAppleのカスタマーサポートグループによる毎日24時間のサポートに加え、IBMが提供するオンサイトサービスが、IT部門とエンドユーザに対して提供されます。
- パッケージ型サービス製品:iPhoneおよびiPadを対象とするデバイスの供給・アクティベーション・管理に関するサービスとして、IBM MobileFirst Supply and Managementがリース契約オプションと共にIBMより提供されます。
6月に開催されたAppleのWorldwide Developer Conferenceにて今秋の提供が発表されたAppleのiOS 8は、App Store℠の登場以来、iOSの最大のリリースとなり、エンドユーザには素晴らしい新機能、デベロッパにはすばらしい新アプリケーションを開発するためのツールが提供されます。エンタープライズ向けとしては、iOS 8はモバイル化された作業環境用の新しいITモデルを採用し、強化されたセキュリティ、管理、仕事効率化機能と併せて、デバイスの構成・管理・制限に関するユーザへの通知方法が改善されています。
【IBMについて】
IBMが擁する5,000名のモバイル分野のエキスパートは、モバイル分野における企業向けイノベーションの最前線で活躍してきました。IBMはモバイル、ソーシャル、セキュリティの各分野で4,300以上の特許を取得し、これらをIBM MobileFirstソリューションに組み込んで、企業クライアントのモバイル導入を極めて効率的に実施・加速し、より多くの人々が参加できることで新しい市場を開拓するのを支援しています。
IBMは過去10年間にセキュリティ分野で数々の買収を行ってきましたが、この結果、現在は世界中に拠点を置く25のセキュリティ研究所に6,000名以上のセキュリティ分野の研究者および開発者を擁して、エンタープライズ向けソリューションの開発に当たっています。
IBMはまた、データおよび分析に関する40,000件以上のお客様とのビジネスから得られた経験に基づき、ビッグデータと分析のコンサルティングおよびテクノロジーの知見については世界最大規模のポートフォリオを備えています。この分析ポートフォリオは同社の研究・開発、ソリューション、ソフトウェアおよびハードウェアの各部門に及び、分析を専門とするコンサルタントは15,000名以上、分析に関する特許は4,000件、業界向けソリューションを提供するビジネスパートナーは6,000社、ビッグデータを活用して組織改革を実施するクライアントを支援するIBM社内の数学者は400名に上ります。
AppleとIBMによる新たなソリューションに関する詳細は、www.ibm.com/MobileFirstForiOS または www.apple.com/jp/ipad/business をご覧ください。
※本資料は、米国発2014年7月15日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。

    © 2014 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, Mac, Mac OS, Macintosh, iPhone, iPad, AppleCare and App Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

    iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。