プレスリリース 9月 9, 2015

Apple、iPhone 6sとiPhone 6s Plusを発表

これまでで最も先進的なiPhoneに、次世代のマルチタッチが登場

2015年9月10日、Apple®は本日、iPhone®の革新的なMulti-Touch™(マルチタッチ)インターフェイスに強力かつ新しい広がりを加えた、これまでで最も先進的なiPhone®となる、iPhone 6sとiPhone 6s Plusを発表しました。この新しいiPhoneの2モデルは3D Touchを搭載し、押す力を感知することにより、直観的な新しい方法で機能へのアクセスやコンテンツの操作を実現します。iPhone 6sとiPhone 6s Plusは共に、現行のスマートフォンが搭載する中で最も耐久性のあるガラスで作られたRetina® HDディスプレイと、航空宇宙産業で用いられるのと同じ合金である7000シリーズアルミニウムを特長とし、新色のローズゴールドを加えた豪華なメタリックフィニッシュで仕上げられています。
iPhone 6sとiPhone 6sはまた、新しいアプローチで写真撮影を様変わりさせるLive Photosと呼ばれる機能を搭載し、瞬間の動きを捉えることで静止画を生き生きとしたものに変えます。新しいiPhoneが搭載するLive Photos、3D Touchその他の先進機能は、Apple設計のA9チップにより実現し、スマートフォン搭載用では最も先進的なチップとして、いっそう高いパフォーマンスと優れたバッテリー駆動時間を両立させます。
「iPhone 6sと iPhone 6s Plusで変わった唯一のことは『すべて』です。3D TouchによりiPhoneの操作はまったく新しい面白いものとなり、革新的なLive Photosはあなたの写真を生き生きとしたものに変えます。新しい2モデルは、7000シリーズアルミニウム、イオン強化ガラス、新登場の64ビットA9チップ、12メガピクセルのiSightカメラ、5メガピクセルのFaceTime HDカメラ、より高速なTouch ID、LTE、Wi-Fiを備えて、これまでで最も先進的なiPhoneとなりました。お客様に愛されることは疑いありません」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。
3D Touch
iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、iPhoneの操作と体験のための新しい方法を備えており、押す力の感知により可能となった新しいジェスチャーのPeekとPop™により、今見ている状態そのままで、コンテンツを深く読みに行ったり元の状態に戻ったりできます。写真、メール、ウェブページ、その他のコンテンツを軽く押すとPeekが起動し、さらに強く押し込むとPopが実行されてコンテンツそのものに入り込めます。クイックアクションを使えば、3D Touchは最も多く実行する操作へのショートカットに利用できるので、メッセージの送信、自撮り写真撮影などは、ホーム画面で軽く押す操作をするだけで実行できます。
カメラの最新機能
新しいiPhoneでは、大切な思い出に命を吹き込むための新しい方法が加わって、世界で最も人気のあるカメラがさらに素晴らしいものになりました。iPhone 6sとiPhone 6s PlusにはLive Photosという機能が加わり、単なるスナップ写真以上の瞬間の動きを捉えられるようになりました。Live Photosは12メガピクセル解像度の写真で、軽く押すと、そのショットの前後の瞬間を表示できるので、これまでのような瞬間凍結された時間以上の生き生きとした思い出を楽しむことができます。
高品位なハイレゾ映像が4K対応(解像度3,840×2,160ピクセル、ピクセル数は800万以上)、そしてiPhone 6s Plusでのビデオ撮影には光学式手ぶれ補正機能の拡張も加わり、暗い場所でも美しいビデオが撮影できるようになりました。撮影した4Kビデオは、Mac®、Windows PC、iPad®で編集できるほか、iPhoneでは最新版のiMovie®を使って素材ビデオ2本を同時に編集することもできます。
その他の先進的なカメラ機能は以下のとおりです:
  • 最高水準の新しい12メガピクセルセンサー、先進的なピクセルテクノロジー、Apple設計のイメージシグナルプロセッサーにより、より正確な色合いでさらにシャープかつ精彩な写真を実現。
  • 新しい5メガピクセルFaceTime® HDカメラ、True Tone®の照明によりディスプレイを一時的に3倍明るくするRetina Flashにより、暗い場所でも素晴らしく明るいセルフィー撮影を実現。


先進的なテクノロジー
Appleの第3世代64ビットチップとなるA9は、エネルギー効率の向上によりバッテリー駆動時間を高めながら、A8と比較してCPU性能で70パーセント、GPU性能で90パーセント上回るパフォーマンスで上記の最新機能を実現します。A9チップとiOS 9は共に設計・開発され、これが最も大切なことですが、実際に利用する場面で最適なパフォーマンスを発揮するようにチューンが施されています。Appleの次世代モーションコプロセッサーであるM9は、A9に組み込まれ、iPhoneを電源につながずに「Hey, Siri」を実行するなど、様々な機能を常に低消費電力で稼働させるのに貢献しています。
さらに高速なWi-Fi、LTE Advancedなどの先進的なワイヤレステクノロジーを備えるiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusでは、コンテンツのブラウズ、ダウンロード、ストリーミングをさらに高速に実行できます1。新しいiPhoneの2モデルはまた、現在市場にあるスマートフォンでは最も多い最大23のLTEバンドに対応し、世界各国でのローミングが可能になっています。
iOS 9は世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムで、予測機能を備えたアシスタンス機能、パワフルな検索機能、改良されたSiri®を通じてiPhoneにより進んだインテリジェンスをもたらしますが、これらの機能はすべて利用者のプライバシーを守りながら実行されます。内蔵アプリケーションは、再設計されたメモアプリケーション、詳細な乗り換え案内を備えたマップ、モバイルデバイスで最高のリーディング体験を提供するNewsアプリケーションなどで、いっそう強化されています2。iOSの基盤は、これまでよりも少ない空き容量でインストールできるようになったソフトウェアアップデート、利用者のデバイスをしっかり守る先進的なセキュリティー機能によりいっそう強固なものとなっています。
【価格と販売について】
  • iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、ゴールド、シルバー、スペースグレイ、そして新色のローズゴールドによるメタリックフィニッシュで提供され、米国ではオンラインおよび直営店のApple Storeを通じてそれぞれ、頭金なしの月額27ドル、31ドルの分割払いで販売されます3。新しいiPhoneの2モデルは、一部の携帯電話会社およびApple製品取扱店でも、様々な契約プランおよび支払オプションを通じてお求めいただけます。
  • 新しいiPhoneの2モデルは、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米国では、9月12日(土)より予約注文を開始し、9月25日(金)より販売を開始します。
  • Appleのデザインによるアクセサリーとして、様々な色から選べるレザー製およびシリコン製ケース、本体カラーとマッチするメタリックカラーのLightning Dockなどが販売される予定です。


1 携帯電話会社のデータプランが必要です。LTE Advanced、LTEはそれぞれ、一部の携帯電話会社を通じて一部の国・地域で提供されています。速度は通信する場所や状況により変化します。LTE対応の詳細についてはご利用の国・地域の携帯電話会社に問い合わせるか、www.apple.com/iphone/LTEをご覧ください。
2 マップの交通機関情報は、ボルチモア、ベルリン、シカゴ、ロンドン、メキシコシティ、ニューヨーク市、フィラデルフィア、サンフランシスコ・ベイエリア、トロント、ワシントンD.C.を含む一部の主要都市、そして北京、成都、上海など、中国の300以上の都市で提供されます。Newsアプリケーションの提供内容は国ごと異なります。
3 米国での販売状況です。
製品画像、およびビデオはこちらから:

【Appleについて】
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、OS X、watchOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

© 2015 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, iPhone, Multi-Touch, Retina, Peek and Pop, Mac, iPad, iMovie, FaceTime, True Tone and Siri are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。