プレスリリース 9月 9, 2015

iOS 9、9月16日よりiPhone、iPad、iPod touchのユーザに無料アップデートとして提供

より進んだインテリジェンス、iPad向けの新しいマルチタスキング機能、パワフルになった内蔵アプリケーション

2015年9月10日、Apple®は本日、世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムとなるiOS 9を、iPhone®、iPad®、iPod touch®のユーザに対して9月16日(水)より無料アップデートとして提供することを発表しました。iOS 9はパワフルな検索機能、改良されたSiri®を通じて、あらゆる操作でユーザのプライバシーを守りながら、iOSデバイスをよりインテリジェントで積極的なアシスタントに変身させます。
iPadの操作方法はiOS 9でいっそう向上します。新しいマルチタスキング機能により、2つのアプリケーションを横に並べて一度に見たり、操作したりできるようになります。ピクチャ・イン・ピクチャでは、ビデオを再生しながら、ウェブをブラウズしたり、メールの文章を入力したり、その他のアプリケーションを実行したりできます。内蔵アプリケーションでは、アイディアを得る新しい方法を提供するように再設計されたメモアプリケーション、詳細な交通機関の情報を備えたマップのほか、Newsアプリケーションによりどのデバイスを使って読んでも最高の体験を得られるなど、いっそう強化されています。
「iOS 9は、iPhoneやiPadで体験するあらゆることをいっそうパワフルにするインテリジェンスを満載しています。Siriはこれまで以上に多くのことができるようになり、ユーザの先を読む新しいアシスタント機能により、尋ねたり頼んだりする前に、もっとたくさんのことができるように手助けしてくれます。しかもこれらはすべてユーザのプライバシーを守りながら実行されます。iOS 9で、私たちは品質に強くこだわりながら、iOSの基盤を強化することに集中しました。そして、私たちの最初のパブリックベータプログラムに参加していただいた100万人以上のユーザの皆様の助けにより、これまでで最高のバージョンのiOSをリリースできることにわくわくしています」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。
インテリジェンス
iOS 9では、舞台裏で活躍するインテリジェントな機能が適切なタイミングで適切な情報を提示するなど、iPhoneを通じて得られるあらゆる体験が向上します。ユーザの先を読むアシスタント機能は、1日の中の各時間で最も関連性の高い情報を表示し、ユーザが1日のなかで特定の時間によく使うアプリケーションがある場合には、まさにそのタイミングでユーザのアクションを提案します。Siriは新たに、時刻と場所に基づいて関連性の高い情報を提示するまったく新しいデザインのリマインダーと、写真やビデオを検索するための新しい方法も備えました。検索クエリをタイプすると、さらに多くのカテゴリーからより関連性の高い内容が返されるようになり、これにはスポーツ試合の得点やスケジュール、簡単な計算、天気の状況、株価なども含まれます。
iPadのエクスペリエンス
iOS 9は特にiPad用に設計された新しいマルチタスキング機能を搭載し、これによりさらに多くのことができるようになります:
  • Slide Overでは、現在使っているアプリケーションを離れずに2つ目のアプリケーションを同時に使え、この2つのアプリケーションの間で簡単に行き来することができます。
  • Split Viewでは、2つのアプリケーションを横に並べて、同時に見たり操作したりできるほか、一方のアプリケーションの表示をもう一方の表示よりも大きくすることも可能です。
  • ピクチャ・イン・ピクチャでは、ビデオ再生やFaceTime®のビデオ通話を続けながら、その他のアプリを使うことができます。
  • 文字入力を素早く簡単にする、まったく新しくなったショートカットバーは便利な編集ツールを内蔵しており、新しいMulti-Touch™ジェスチャーによりテキストの選択、編集、移動がいっそう簡単になります。


内蔵アプリケーション
iPhoneとiPadのパワフルな内蔵アプリケーションは毎日の欠かせない作業に向けて設計されています。iOS 9では完全に再設計されたメモアプリケーション、交通機関の情報に対応したマップ、まったく新しいNewsアプリケーションに加えて、Apple Pay™も新機能を備えました。
完全に再設計されたメモアプリケーションでは、指で簡単なスケッチを描いたり、To-Doリストの進捗を確認するためのチェックリストを簡単に作成したり、メモの中で直接写真を撮ったりできるようになりました。他のアプリケーションから重要なアイテムを直接メモに取り込み、iCloud®をオンにしてあるすべてのデバイス上で簡単にそれらを同期させることができます。
iOS 9では、マップに主要都市の交通機関網と時刻表のサポートが加わり、地下鉄駅の入口、出口が地図上で正確に表示されます。外出の計画を立てるときは、マップが電車、地下鉄、バス、徒歩を組み合わせて表示してくれるほか、周辺に何があるかを示して、地元の「食べる」、「飲む」、「買い物」などの情報についても選択肢を与えてくれます*。
Newsアプリケーションが提供するのは、紙の雑誌の豊かで引き込まれるようなデザインとデジタルメディアの操作性を組み合わせて読む体験です。Newsアプリケーションがユーザにとって興味があるものを学習して関連性の高いコンテンツを示し、簡単にそれを共有したり後で読むために保存したりできます。また、50以上の配信元から集めた最良の記事を提供して、世界で最も影響力のあるニュース、スポーツ、ビジネス、雑誌ブランドから集めた何百というタイトルを表示し、100万以上のトピックを網羅します**。
Apple Payは新たに、Discoverカードに対応するほか、小売店のポイント還元プログラム、またApple Payに参加しているストアが発行したクレジットカードやデビットカードにも対応します。手持ちのカードは、新しいWalletアプリケーションで管理することもできます。
基盤
今回の最新リリースでiOSの基盤はいっそう強固なものとなります。数ある改良点のひとつがバッテリーの最適化で、これにより標準的な使い方ならばバッテリー駆動時間は1時間ほど延びるほか、低電力モードによりバッテリー駆動時間はさらに延ばすことができます***。ソフトウェアアップデートのインストールに必要な空き容量が少なくなったほか、デバイスを使っていない時にアップデートを実行するInstall Later機能も用意されました。iOS 9で強化されたセキュリティ機能は、デバイスを保護するパスコードを強化して二要素認証をiOSに直接組み込むことで改良しており、Apple IDへの他人からの不正アクセスをしにくくすることで、お使いのデバイスとApple IDを安全に保ちます。iOS 9アプリケーションとそのユーザーインターフェイスでは新たにMetal™を最大限に活用し、スクロールはより速く、アニメーションはよりスムーズになり、全体的なパフォーマンスもより優れたものになります。
【提供について】
iOS 9は、9月16日(水)より、iPhone 4s以降、iPod touch第5世代以降、iPad 2以降、iPad mini™以降を対象に無料アップデートとして提供されます。地域や言語によっては一部の機能を利用できない場合があります。詳細についてはwww.apple.com/jp/iosをご覧ください。
*マップの交通機関情報は、ボルチモア、ベルリン、シカゴ、ロンドン、メキシコシティ、ニューヨーク市、フィラデルフィア、サンフランシスコベイエリア、トロント、ワシントンD.C.を含む一部の主要都市、そして北京、成都、上海など、中国の300以上の都市で提供されます。周辺の情報については、米国と中国で提供されます。
**Newsアプリケーションの提供内容は国ごとに異なります。
***バッテリー駆動時間は使用方法と設定によって変動します。
製品画像、およびビデオはこちらから:

【Appleについて】
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

    © 2015 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, iPhone, iPad, iPod touch, Siri, FaceTime, Multi-Touch, Apple Pay, iCloud, Metal and iPad mini are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners. 

    iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。