プレスリリース 10月 1, 2015

ジェームズ・ベル、Appleの取締役に選任

2015年10月1日、Apple®は本日、ボーイング社(The Boeing Company)の前CFO(最高財務責任者)兼コーポレートプレジデント、ジェームズ・A・ベルがAppleの取締役に選任されたことを発表しました。ベルは複合企業における財務担当者、戦略立案者、そしてリーダーとしての40年以上の経験があります。ボーイング社に在籍した38年の間に、Boeing Capital CorporationおよびBoeing Shared Servicesの2社も監督し、2005年にはボーイング社の暫定CEOも務めています。
「ジェームズはボーイング社でのコーポレートプレジデント兼CFOという輝かしい経歴を通じて、グローバル環境、財務分野、工業分野における豊富な経験を備えた人物です。そんな彼をApple取締役会に迎え入れられるのは大変喜ばしく、彼と一緒に仕事ができることを非常に楽しみにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。
「私たちはApple取締役会の才能の幅、知識の深みを広げてくれる卓越した人物を求めていますが、ジェームズ・ベルのような素晴らしい人物を探し当てることができて非常に幸せです。私は、彼が今後Appleに対して多くの重要な寄与を果たしてくれることを確信しています」と、Apple取締役会長、アート・レビンソンは述べています。
「私はApple製品の熱心なユーザーで、この会社の革新を起こす能力に対して大きな敬意を払っています。Apple取締役会に参画できることを私は大変嬉しく思っており、全精力を傾けてAppleの成功の継続に貢献できることを楽しみにしています」と、ベルは述べています。
ベルは現在、JP Morgan Chase、Dow Chemical Company、CDWの取締役のほか、シカゴのRush University Medical Centerの理事も務めています。彼はまた、New Leaders for New Schoolsと協力して才能ある教師と校長の育成支援など、数々のコミュニティでも委員として活躍しています。ベルはカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(California State University, Los Angeles)で会計学の学士号を修了しています。

    © 2015 Apple Inc. All rights reserved. Apple and the Apple logo are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

    iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。