新着情報 9月 19, 2017

iOS 11、明日より提供開始

iOS11をダウンロードして、新しい拡張現実(AR)の可能性、生産性の向上、さらに表現力あふれる写真などを体験してください。
iPhoneおよびiPadをお使いの全世界のお客様は、火曜日(日本時間では水曜日)より、お使いのデバイスをiOS 11にアップデートすることができます。iOS 11は世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムのメジャーアップデートで、iPad向けには過去最大のソフトウェアリリースとなります。iOS 11では、何億万台ものiOSデバイスに拡張現実(AR)がもたらされるほか、新しいプロレベルの機能により「写真」や「カメラ」で扱う画像のが品質が向上します。Siriがより自然になって便利になったほか、再設計されたApp Storeでは、アプリケーションやゲームがいっそう見つけやすくなりました。

iPadがさらにパワフルに

iPadでは、Slide Overを活用して同時に複数のアプリケーションを使って作業できます。
まったく新しいDockでは、どの画面からでも、お気に入りやよく使うアプリケーションや書類に素早くアクセスすることができ、Split Viewや新登場のSlide Overといった機能を使って、複数のアプリケーションを併用して作業するのがいっそう簡単になります。画像やテキスト、その他のファイルは、マルチタッチを使ったドラッグ&ドロップにより、これまで以上に簡単にアプリケーション間で移動できます。インラインスケッチや、新しいインスタントメモのサポートにより、Apple PencilとiPad Proの一体化もいっそう深まっています。 インスタントメモは、Apple Pencilでディスプレイ上をタップするだけでロック画面からメモを開ける機能です。
新アプリケーションの「ファイル」では、中心となる一つの場所から様々なファイルをアクセスして管理することができます。
まったく新しい「ファイル」アプリケーションでは、様々なファイルがどこに置かれていても、例えばiPad上でも、標準サポートされているiCloud Driveに加え、Box、Dropboxといった他社によるサービスを含むオンラインストレージ上にあっても、中心となる一つの場所からアクセスして管理できます。

臨場感にあふれた拡張現実(AR)

新登場の様々なARアプリケーションでは、現実の風景の中に仮想オブジェクトを置くことができます。
何億もの人々が誰でも、iPhoneやiPadを使ってARアプリケーションを体験できるようになりました。現実の風景に重ねた仮想コンテンツを通じて、インタラクティブなゲームプレイを楽しんだり、引き込まれるようなショッピング体験をしたり、工業デザインを考えたりできるようになります。こうしたアプリケーションでは、iOSデバイスが搭載する内蔵のカメラ、強力なプロセッサ、各種のモーションセンサーを使って、高品質なAR体験を作り出します。

写真がいっそうプロフェッショナルな見栄えに

新登場のループエフェクトとバウンスエフェクトにより、Live Photos用に繰り返し再生するビデオループが作れます。
驚くほど大人気の革新的なポートレートモードでは、光学式手ぶれ補正、True Toneフラッシュ、HDRが使えるようになり、撮影する写真がどれもプロレベルの見栄えになります。ループ、バウンスの2つのエフェクトを利用してLive Photos用に繰り返し再生するビデオループを作成したり、長時間露光により時間と動きをクリエイティブに捉えたりすることも可能です。「写真」アプリケーションでは、メモリーのムービーが縦向き·横向きどちらの方向でも再生するように最適化されているほか、ペットや誕生日の写真など、さらに多くのメモリーが自動的に作成されるようになりました。

完全に新しくなったApp Store

再設計されたApp Storeでは、アプリケーションやゲームがこれまで以上に簡単に見つかります。
iOS 11ではApp Storeが再設計され、アプリケーションやゲームがこれまで以上に簡単に見つかるようになりました。新たに登場する深く掘り下げられた特集記事やインタビューでは、iOSアプリケーション開発者や、彼らが作り出す素晴らしいアプリケーションやゲームの舞台裏にあるストーリーが明らかになります。 App Store for iMessage では、アプリケーションパネルのデザインが新しくなり、ステッカーなどへのアクセスがいっそう簡単になりました。

Siriがより自然になり、役立つようになります

Siriは新たに翻訳に対応したほか、表現力豊かになった新しい声、いっそう先回りが効いたインテリジェントな機能により、毎日いつでもお役にたちます。
新しい声はいっそう自然で表情が豊かになったほか、話し方のイントネーション、ピッチ、強調、速度が調整されており、また米国英語を中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に翻訳できるようになりました。Siriはデバイス上の学習機能を使ってよりパーソナルな体験を提供し、利用者各人のSafari、News、メール、メッセージなどの使い方に基づいて提案をしてくれます。

運転に専念するために

運転中の「おやすみモード」は、ドライバーが運転に専念するための新しい方法です。
iOS 11では、運転に専念するための新しい方法として、運転中に「おやすみモード」を有効にすることができます。iPhoneが自動車の動きやBluetooth接続の状況から運転中であることを感知すると、自動的に通知を無音にして画面を暗くします。連絡先の「よく使う項目」に登録されている連絡先、最近連絡した相手に、運転中で目的地に到着するまで応答できないことを伝えるメッセージを自動的に通知することもできます。

Appleマップによる多彩なナビゲーション方法

新登場の屋内マップではモールや空港の内側が見られます。
今秋予定されているアップデートにより、Appleマップには世界中の主なショッピングセンターや空港の屋内マップが追加されます。空港例:アムステルダム(AMS)、ロンドン·ヒースロー(LHR)、ラスベガス(LAS)、ロサンゼルス(LAX)、マイアミ(MIA)、フィラデルフィア(PHL)、サンノゼ(SJC)など。
また、iOS 11からは、走行中に次の曲がり角に備えられるようにするための車線案内や、注意喚起を促すために制限速度なども表示されるようになっています。

友達と一緒に新しい音楽を見つける

Apple Musicの新機能で、友達と音楽を共有できます。
Apple Musicに登録すると、自分のプロファイルを作成したり、友達をフォローして共有プレイリストを再生したり、友達がよく聴いている楽曲を表示したりできます。また、友達が自分をフォローした時や、新譜がリリースされた時などに通知を受け取れるので、最新の状況を見失うことがありません。
iOS 11を最大限に活用する方法は、iPhoneやiPadに標準インストールされている「ヒント」アプリケーションで知ることもできます。iOSデバイスのアップデート方法に関する詳細は、 Apple Support をご覧ください。

メディア

iOS 11の画像

【お問い合わせ先】
本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:
Apple広報部
TEL:03-4345-2000
https://www.apple.com/jp/newsroom/
email: press@apple.co.jp

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。