プレスリリース 11月 10, 2017

Clips、iPhone Xで
没入感のある
360度セルフィーを
可能にするシーンを搭載

アプリケーションのアップデートには新しい芸術的なエフェクト、新しくなったUIそしてスターウォーズのコンテンツも加わっています

Clipsを使うとパーソナライズされた表現力に富むビデオをiPhoneやiPad上で簡単に作ることができます。
カリフォルニア州クパティーノ、Appleは本日、iPhoneやiPadを使って簡単に面白いビデオを作成して共有することができるiOS向け無料アプリケーション、Clipsのメジャーアップデートを発表しました。Clipsはシーン機能を新たに加え、芸術的なスタイル変換エフェクトや、どこにいてもこれまで以上に簡単に素晴らしいビデオを作ることができる、新しくなったインターフェイスが特長です。
シーンはとてもエキサイティングな新機能で、ユーザは自分が動きのある360度シーンの中にいるみたいなセルフィーを撮ることができます。iPhone Xの洗練されたTrueDepthカメラシステムを使って、ユーザの背景をにぎやかな都会や、のどかな風景、抽象画、さらには「スター·ウォーズ/最後のジェダイ」に登場するミレニアムファルコンやメガデストロイヤーに置き換えてくれます。
iPhone XのTrueDepthカメラは背景を消して、ユーザを360度の動きのあるシーンの中に置きます。
「ClipsのユーザはiPhoneやiPadで驚くようなビデオをすばやく簡単に作れることをとても気に入っています。シーンによってそれがもっと楽しいものになります。iPhone Xの信じられないような新しいTrueDepthカメラを利用することによって、ユーザはタップするだけで様々な楽しい、奇抜な背景の前でセルフィーを撮ることができるようになりました」と、Appleのアプリケーションプロダクトマーケティング担当バイスプレジデント、スーザン·プレスコットは述べています。

シーン搭載

シーンを使うと、ユーザはAppleがデザインした10種類の風景から選ぶことができます。この中には、ユニークな場所やキャラクター、色そしてビジュアルスタイルに加え、「スターウォーズ:最後のジェダイ」からの2つのシーンなどが含まれています。それぞれのシーンは360度の全方位の風景であるため、ユーザがiPhone Xを動かすと周囲がすべてそのシーンで囲まれます。そして環境サウンドエフェクトがシーンをさらに没入感のあるものにします。

新しいエフェクトとステッカー

新しい芸術的な効果は、高度な機械学習とスタイル変換テクノロジーを用いて、どんな写真やビデオでも雰囲気のある油絵、色彩豊かな満ちた水彩画、エレガントな鉛筆画などに変換します。しかも録画中にリアルタイムでそれを行なうのです。また、ディズニーのコンテンツもさらに増えました。これにはミッキーマウスやミニーマウスをフィーチャーしたフルスクリーンポスターや、レイア姫、ルーク·スカイウォーカー、ダース·ベイダー、チューバッカなどの動くバージョンをフィーチャーしたスターウォーズステッカーが含まれています。ユーザはまた、Appleがデザインした16の新しいステッカー、そしてインディーアーティストによる21の新しいロイヤルティーフリーのサウンドトラックを使ってClipsビデオにもっと個性を発揮することもできます。また、すべてのClipsサウンドトラック同様、新しい楽曲も自動的にビデオの長さに合うよう調節してくれます。

新しくなったユーザインターフェイス

新しい、すっきりとしたデザインで使いやすいClipsは、インターフェイスもさらに向上しました。
使いやすいインターフェイスは、よく使うコントロール類を手の届きやすい場所に配置。すっきりとしたデザインで、使い勝手が向上しました。新しいエフェクトブラウザを使うと、フィルタやラベル、ステッカーそして絵文字を表示させて選ぶことができます。ラベルの付いたボタンにより、ライブタイトルを編集したり、フィルタを追加、変更したり、クリップをトリミング、無音化、削除したりすることがこれまで以上に簡単になりました。そしてフルスクリーンブラウザにより、ユーザは写真ライブラリを見たり、動くポスターを選んだりするときに、これまで以上に多くのコンテンツを見ることができるようになりました。

iCloudのサポート

ユーザは、自分が作成したクリップをiCloudを介してPhoneやiPadからアクセス、編集することができるようになりました。ビデオは自動的にiCloudにアップロードされバックアップされるため、ユーザはまずiPhoneでビデオを撮影し、後からiPadで完成させることができます。iCloud写真ライブラリの中の写真やビデオは、Clipsによって見に行くことはできますがコピーはされませんので、iCloudストレージを効率的に使うことができます。また、ClipsはShared iPad(共有iPad)もサポートするようになりました。学生は1対1でも、Shared iPad環境でも驚くようなビデオを作成することができます。

Clipsについて

Clipsを使うと、ユーザはパーソナルなビデオメッセージ、スライドショー、学校の課題そしてミニムービーを、ユーザの声に応じて動きのある字幕を自動的につけてくれるライブタイトルや、iPhone X上での没入感のある360度のシーンといった驚くような機能を使って作ることができます。Clipsは、数多くのフィルタや、動きのあるステッカーそしてフルスクリーンの動きのあるポスターを使ってユーザが自分のビデオに個性を発揮することを可能にします。このアプリケーションには自動的にビデオの長さに合わせてくれる60以上のサウンドトラックが含まれています。またClipsは、ビデオの中のコンテンツや話題に反応してメッセージを介したインテリジェントな提案をしてくれるため、他の人との共有が素早く、簡単にできます。
提供について
Clips 2.0は無料アップデートとして本日からApp Storeで提供されます。Clipsは、iOS 11.1以降を搭載したiPhone 5s、iPad AirそしてiPad mini 2以降のモデルで利用することができます。シーンはiPhone Xでのみ利用することができ、スタイル変換エフェクトの利用には、iPhone 7以降、2017年発売のiPad Proが必要です。

メディア

Clipsの画像

Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。
 
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000