プレスリリース 1月 22, 2018

Apple、マララ基金と共同で
女子教育を支援

レバノンの首都ベイルートで、レバノンとシリアの学生たちを訪問したAppleのCEO、ティム・クックとノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイ氏。
ロンドン――Appleとマララ基金(Malala Fund)は本日、Appleがマララ基金にとって初めてのパートナーとなり、女子教育の支援と機会平等の擁護を訴えてきたマララ氏の努力のいっそうの拡大を目指すことを発表しました。ノーベル平和賞受賞者であるマララ・ユスフザイ氏が主宰するマララ基金は、すべての少女に対して12年間の無償で安全な、質の高い教育を受ける権利を与えるために闘っています。
Appleの支援により、マララ基金は同基金のグルマカイ・ネットワーク(Gulmakai Network)を通じて授与される助成金の数を2倍に増やし、10万人以上の少女に対して中等教育の機会を拡大するという当初の目標をもって、助成プログラムをインドとラテンアメリカにも広げることが見込まれています。
女子教育の大切さについて話し合うマララ・ユスフザイ氏。
Appleは、世界中の少女たちが学校に通って教育を全うするのを手助けするのに必要な政策変更のためにテクノロジー、カリキュラム、そしてリサーチを通じて、マララ基金の規模が拡大するのを支援します。また、AppleのCEO(最高経営責任者)ティム・クックは、マララ基金のリーダーシップ評議会にも参画します。
「私の夢は、すべての少女が自分自身の未来を選べるようにすることです。Appleはその革新性と社会貢献により、世界中の人々が教育を受け、実力を身につけるのを支援してきました。Appleが女子教育に投資する価値を理解し、マララ基金に参画して、すべての少女が怖れることなく学び、世の中を牽引できるよう共に闘ってくれることに感謝しています」と、マララ・ユスフザイ氏は述べています。
マララ基金により建てられた、レバノンの難民学校の少女たち。(写真:Karen Kasmauski)
「教育は、平等化を推進するための偉大な力です。私たちはマララ基金の取り組みに協力して、すべての少女に対して学校に通う機会を提供していきます。マララさんは、勇気ある提唱者です。 いま最も私たちに気づきを与えてくれる人物です。私たちは、彼女が行なっている世界中の少女たちに力を与えようという重要な取り組みの拡大に参加できることを光栄に思います」と、ティム・クックは述べています。
ティム・クックとマララ・ユスフザイ氏。マララ基金の支援により、ベイルートで学校に通う少女とその家族の自宅の前で。
2013年以来、マララ基金は世界中のさまざまな組織、民間団体、政府機関と協力し、すべての少女に向けた12年間の無償で安全な、質の高い教育を受ける権利を実現してきました。同基金のグルマカイ・ネットワークは現在、アフガニスタン、パキスタン、レバノン、トルコ、ナイジェリアの各国で助成プログラムを推進しています。
学校に通えていない少女の数は1億3000万人と推定される中、マララ基金の取り組みの重要性は一層高まっています。

メディア

マララ・ユスフザイ氏と学生たちの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000