プレスリリース 4月 19, 2018

Apple、下取りと リサイクルプログラムを通じた
アースデイへの寄付を実施

iPhoneを分解して希少資源を回収する
最新鋭ロボットのDaisyも導入

資源回収におけるAppleの最新イノベーションであるDaisyは、9種類の異なるiPhoneモデルを分解して従来のリサイクル手法で不可能だった希少資源を回収できます。
カリフォルニア州クパティーノ――アースデイを前にした本日、Appleは、本日より4月30日までの期間にApple GiveBackプログラムを通じてApple直営店とapple.comで回収されたデバイス1台ごとに非営利団体のConservation Internationalに対して寄付を行うことを発表しました。1 また、当社のリサイクルに対する継続的な取り組みの一環として、より効率的にiPhoneを分解して希少資源を回収することができる最新ロボットのDaisyを導入したことも併せて発表しました。Apple GiveBackプログラムの推進とDaisyの導入は、イノベーションを通じてより健全な地球環境を創造するというAppleの取り組みを支えるもので、将来的に当社の製品をすべてリサイクルされた材料、または再生可能な材料のみを使って製造するという当社の目標に一歩近づけるものです。
Daisyは1時間に最大200台のiPhoneを分解することができます
「Appleでは常に、地球の気候変動問題について考え、私たちの星の希少資源を守るためのスマートなソリューションに向けて努力を続けています。アースデイを周知する意味もあり、私たちはApple GiveBackプログラムを通じて、お客様ができるだけ簡単に使用済みデバイスをリサイクルして地球のために良いことを行えるようにしています。また、この度、Daisyを世界の皆様にご紹介できるのを嬉しく思います。それは、イノベーション(革新)とコンサベーション(保守·保全)が出会うと何が可能になるかを示すものだからです」と、Appleの環境、政策および社会イニシアティブ担当バイスプレジデント、リサ·ジャクソンは述べています。

Apple GiveBack

非営利団体のConservation Internationalは、地球環境の保全・保護を目的として世界30カ国以上で活動しています。
Apple GiveBackプログラムを通じて、お客様は使用済みのデバイスをApple直営店またはapple.comを通じて当社にお持ちいただくことにより、リサイクルまたは下取りを依頼いただけます。本日より4月30日までに回収されたAppleデバイス1台ごとに当社はConservation Internationalに寄付を実施して、地球環境の保全·保護を推進する同団体の取り組みを支援します。1 対象となるデバイスにはクレジットを進呈し、お客様はこれをApple直営店での購入に充てたり、Apple Storeギフトカードにチャージしておいて次回の購入時にご利用いただくこともできます。1
Conservation Internationalは、科学、政策、パートナーシップを通じて、私たちが食物、飲料水、暮らしを委ねている自然界の保全に努めています。同団体は1987年に設立され、健全に繁栄する地球を確保するために6大陸にまたがる30カ国以上で活動しています。

Appleの最新鋭リサイクル作業ロボットのDaisy

Appleの最新鋭の分解作業ロボットであるDaisyは、iPhoneに使われている希少な素材を従来よりも多く回収できる最も効率的な方法です。多年にわたる研究開発から生まれたDaisyには、Appleが2016年に導入した最初の分解作業ロボットのLiamから得た知見を基本に、革命的ともいえるテクノロジーが採用されています。Daisyは部分的にLiamと同じ部品で作られており、9種類のiPhoneを分解して、そこに含まれる高品質の部品をリサイクル用に分別することができます。Daisyは1時間に最大200台のiPhoneを分解して、部品を取り外し、それを分別することができるので、Appleは従来のリサイクル手法では回収不可能だった素材を、より高い品質で回収できるようになりました。

Appleの環境に対する取り組み

カリフォルニア州クパティーノにあるAppleの新しい本社は100パーセント再生可能エネルギーで操業しており、蓄電池やマイクログリッド(ローカルの小規模電力施設)の使用により稼働率が低い時には、クリーンエネルギーを公共の電力網に提供するようなこともしています。
イノベーションを通じて健全な地球環境を守るための継続的な取り組みの一環として、Appleは本日、環境に関する年次報告書も発表しています。この報告書では、以下の3つの優先分野における当社の環境に関する進展について詳細に述べています:
  • 再生可能なエネルギー源の使用、製品および施設におけるエネルギー効率の改善によるカーボンフットプリント(CO2排出量)の削減。
  • 希少資源の保全。
  • 製品および製造工程における安全な材料を積極的に採用。
Appleは先週、世界各地にある当社の施設が100%クリーンエネルギーでまかなわれていることを発表しました。これは、中国、インド、英国、米国を含む世界43カ国に設置された直営店、オフィス、データセンター、共用施設で達成されたものです。また、当社の製造パートナー9社が新たにApple向けの生産を100%クリーンエネルギーでまかなうことを約束し、これにより、当社の取り組みに賛同するサプライヤーが合計23社となったことも併せて発表しています。
土曜日には、Apple Watchユーザの皆様はアースデイチャレンジに関する通知を受け取ります。これは屋外に出て、地球を楽しみながら、少なくとも30分の運動を行なうことを促すもので、アースデイ当日に実行すると、特別な成果のバッジとiMessage用のステッカーが届きます。また明日より、世界中のApple直営店で、緑色の葉が付いたロゴや、アースデイを祝う窓飾りが掲げられます。

メディア

Apple GiveBack および Daisyの画像

    1 プログラムの提供状況は国・地域ごとに異なります。詳細は apple.com/jp/giveback をご覧ください。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000