プレスリリース 6月 5, 2018

Apple、 iOS 12をプレビュー

共有ARエクスペリエンス、楽しく新しいコミュニケーションの方法、そしてスクリーンタイムがこの秋、iPhoneとiPadに

12のミー文字が使えます。
iOS 12がメッセージとFaceTimeにさらに表現力に富むコミュニケーションの方法をもたらします。
カリフォルニア州サンノゼ、Apple®は本日、最も先進的なモバイルオペレーティングシステムの最新版、iOS 12を発表しました。iOS 12は毎日行なう作業をより速く、機敏にすべく設計されています。iOS 12は、ARを使ってiOSユーザの世界の見方を変え、ミー文字とグループFaceTimeでコミュニケーションを楽しく表現力に富んだものにするほか、 スクリーンタイムによってユーザがiOSデバイスと過ごす時間を理解し管理する手助けをします。iOS 12では新たにSiri ショートカットが搭載され、どのアプリケーションからでもSiriを呼び出せるようになるため、これまでよりずっと速く作業を済ませることができます。
「アニ文字をもっとパーソナルな形にしたミー文字や楽しいカメラエフェクト、そしてグループFaceTimeなど、iPhoneとiPadに加わった新しいコミュニケーション機能にわくわくしています。iOS 12ではこれまで不可能だった新しい体験が可能になっています。高度なアルゴリズムを使ってARをより魅力あるものに、またデバイス上の知能によりSiriを使ってより速く仕事ができるようにしています」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ·フェデリギは述べています。
室内にあるLEGOの建物の前に座り、画面にLEGO AR Cityが表示されたiPadを持っている男の子。
デベロッパは、ユーザが仮想オブジェクトを現実の世界に残しておき、そのままの状態で後からそのオブジェクトに戻るといったことを可能にする機能を組み込むことができるようになりました。

より速く、よりすばやい反応に

iOS 12はiPhoneやiPad上で行なう日常的なタスクをより速く、よりすばやく反応するように設計されています。パフォーマンスの改善はシステム全般にわたっています。カメラは最大70%速く立ち上がり、キーボードは最大50%速く表示され、タイピングもより機敏になっています。システム上で多くの作業が行なわれているときでもアプリケーションはこれまでと比べて最大2倍の速さで立ち上がります。2013年に発売されたiPhone 5sから最も先進的なiPhoneであるiPhone Xまで、iOS 12はこれまでのどのバージョンよりも多くのデバイスにパフォーマンスの改善をもたらします1

共有ARエクスペリエンス

iOSは世界最大のARプラットフォームであり、何億台ものデバイスがARエクスペリエンスをサポートしています。
共有体験を組み込むための新しいツール、特定の場所に紐付けられた継続的なARエクスペリエンス、物体検出そして画像追跡などの特長を持つARKit 2を使えば、デベロッパは最も革新的なARアプリケーションを世界最大のARプラットフォームのために作り出し、ARアプリケーションをよりダイナミックなものにすることができます。Pixarとのコラボレーションによりデザインされた新しいオープンファイルフォーマット、usdzは、パワフルなグラフィックスとアニメーション機能を提供することで、メッセージ、Safari、メール、ファイルとNEWSなど、iOSのほとんどどこにいてもARを簡単に体験できるようにすることができます。

ミー文字と楽しいカメラエフェクト

新しいアニ文字や、カスタマイズ可能で楽しいパーソナライズされたミー文字キャラクターで、iPhone Xから友達や家族に向けたコミュニケーションがより表現力に富んだものになります。包括的で多様なキャラクターから選んで美しくデザインされたミー文字をメッセージの中で作ることで、ユニークな個性を形成することができます。従来のアニ文字のセットにも、ゴースト、コアラ、タイガー、ティラノサウルスなど新たなキャラクターが加わりました。すべてのアニ文字とミー文字にはウィンクと舌検知が搭載され、これまで以上に様々な表情を捉えることができるようになりました。
新しいカメラエフェクトは、アニ文字、フィルター、テキストそしてステッカーをメッセージとFaceTimeにもたらします。コミックブックや水彩画といったフィルターを使って写真や動画に個性を加えたり、新しいラベルや図形を使って画像の一部にキャプションやタイトルを加えて目立たせたり、メッセージアプリケーションのステッカーパックを使ってステッカーを置いたりすることができます。

グループFaceTime

複数のグループFaceTimeチャットがスクリーン上に開いているiPhone。
グループFaceTimeはデバイス上の知能を使って通話中に最も目立つ話者を表示します。
FaceTimeは私たちがコミュニケーションをしたり大切な瞬間を共有したりする方法を変えましたが、今度はグループFaceTimeでは複数の人たちと同時にチャットすることが簡単にできるようになりました。参加者はいつでも追加できるほか、会話が続いていれば、iPhone、iPadまたはMacから動画または音声を使って後から参加することを選ぶこともできます。さらに、Apple WatchからFaceTimeオーディオを使って参加することもできます。

Siri ショートカット

Siri ショートカット のライブラリスクリーンを表示するiPhone。
カスタマイズ可能なSiri ショートカットで一日中より多くのことをこなすことができます。
Siri ショートカットは、どのアプリケーションからでもSiriを使うことによってより速く仕事を済ませる新しい方法を提供します。朝のコーヒーを注文する場合でも、午後にワークアウトを始める場合でも、Siriインテリジェンスはちょうどぴったりの時間にアクションを促してくれます。ショートカットは、タスクを開始するためのシンプルなボイスコマンドを作成するか、新しいショートカットアプリケーションをダウンロードして、様々なアプリケーションからシンプルなタップまたはカスタマイズされたボイスコマンドで実行できる一連のアクションを作成することによってカスタマイズすることができます。ショートカットAPIを使うと、デベロッパはこの新しい機能を簡単に利用することができます。

写真

まったく新しいFor Youタブは、メモリーとiCloud共有アルバムを組み合わせ、お気に入りの瞬間を一つの場所に表示します。新しい共有提案が友達との写真の共有をより簡単にし、写真を受け取った友達は一緒に行った旅行やイベントの写真や動画を共有するように促されます。検索提案は最も関連性の高いイベント、ピープル、撮影地、グループ 、カテゴリそして最近の検索を表示するほか、ユーザは新しい検索機能で複数の検索語を用いて、ぴったりと目的の写真を見つけることができます。

おやすみモード、通知そしてスクリーンタイム

1日の平均使用状況、詳しい情報そしてAppの使用状況などの統計とともにジェイソンの週間レポートを表示するiPhone上のスクリーンタイム。
スクリーンタイムは、アプリケーションやウェブサイトに費やした時間を表示するアクティビティレポートを提供します。
iOS 12に組み込まれた新しいツールは、ユーザが自分のiOSデバイスを操作している時間を理解し、管理する手助けをします。「おやすみモード」の新しいモードは特定の時間、場所または行動に基づいて自動的に終了します。またベッドタイム中のおやすみモードをオンにしておくと、ディスプレイが暗くなり、朝になって促されるまでロックスクリーン上のすべての通知が表示されないため、より良く眠ることができます。
作業が中断されるのを防ぐため、iOS 12は、通知の配信方法を管理するためのより多くの選択肢をユーザに提供します。たとえば、通知を静かに届けたり、完全にオフにしてしまうことも簡単にできます。グループ化された通知は、より見やすく、複数の通知を同時に管理することができます。
スクリーンタイムは、ユーザがアプリケーションやウェブサイトにどれだけ時間を費やしているかを理解し、管理するための詳細な情報とツールを提供します。日々の、そして週ごとのアクティビティレポートは、個々のアプリケーションに費やした合計時間、アプリケーションのカテゴリ別の利用状況、受信した通知の数、そしてiPhoneやiPadを持ち上げた回数などを表示します。スクリーンタイムを使うと、iCloudのファミリー共有を使って親が自分のiOSデバイスから子供のアクティビティレポートにアクセスし、就寝時間などに子供のiOSデバイスが使える時間を制限するようスケジュールを組むことも可能になります。

プライバシーとセキュリティー

Appleのすべてのソフトウェアアップデートと同じく、プライバシーとセキュリティーの強化はiOS 12でも最優先事項です。Safariでは、強化されたインテリジェント追跡防止がソーシャルメディアの「いいね」や「共有」ボタン、さらにコメントウィジェットがユーザを許可なく追跡するのを防ぎます。Safariはまた、ユーザがウェブを閲覧する時にシンプルなシステム情報を提供し、ユーザがその時のシステム構成によって追跡されるのを防ぎます。Safariはさらに、ユーザが新しいオンラインアカウントを作る際に強力なパスワードを自動的に作成、自動入力そして保存し、再利用されたパスワードはその旨を表示してユーザが変更できるようにします。

その他のアプリケーションの特長

  • Apple Booksはデザインが一新され、ブックやオーディオブックの発見や閲覧がより簡単に、またブックストアタブによって、新しいタイトルの検索と、ランキング、ブックのコレクション、そして特別価格ブックを見つけることが簡単にできます。
  • Apple Newsのデザインが一新され、新しいチャンネルとトピックの発見、お気に入りへの直接ジャンプがより簡単になったほか新しいサイドバーがナビゲーションをこれまで以上にシンプルにします。
  • 株価アプリケーションがiPadにも登場し、わかりやすい時価と質の高いニュースでマーケットの動きを表示します。
  • CarPlayは、音楽、メッセージ、通話そして自動車メーカーのアプリケーションに加え、他社製のナビゲーションアプリケーションをサポートし、ダッシュボード上に表示します。
  • ボイスメモがiPadにも登場し、iCloudのサポートにより録音や編集をデバイス間で同期させることができます。新しいデザインは、録音、共有、編集がさらに簡単にできるようになっています。
  • Siriの翻訳が40カ国語以上の対に広がり、スポーツ、著名人、食べ物、栄養に関する知識もより豊富になっています。Siriはまた、人、場所、イベント、時間、トピック別にお気に入りの写真を表示することもできます。
  • iPhoneとApple WatchのWalletが学生IDカードをサポートするようになり、キャンパス内のすべてにアクセスすることがこれまで以上に便利になりました。
提供について
iOS 12のデベロッパプレビューは、本日からdeveloper.apple.comでApple Developer Programのメンバーを対象に提供されます。パブリックベータプログラムは、beta.apple.comで今月後半からiOSユーザを対象に提供されます。iOS 12はこの秋、iPhone 5s以降、すべてのiPad AirおよびiPad Proモデル、iPad第5世代、iPad第6世代、iPad mini 2以降そしてiPod touch第6世代を対象に、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。詳しくは、 apple.com/ios/ios-12-previewをご覧ください。機能は変更されることもあります。また、機能の中には地域、言語によっては利用できないものがある可能性もあります。

メディア

iOS 12の画像

    1 テストは2018年5月、プレリリースiOS 11.4およびプレリリースiOS 12を搭載した、ノーマルピークパフォーマンスをサポートするiPhone 6 Plusを用いてAppleが行ないました。カメラの立ち上げは、ロックスクリーンからのスワイプによってテストしました。アプリケーションの立ち上げはホームスクリーンからの立ち上げでテストしました。キーボードはSafariを用いてテストしました。パフォーマンスは、具体的な構成、内容、バッテリーの状態、利用形態その他の要因により変化します。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000