プレスリリース 6月 5, 2018

tvOS 12の登場で、Apple TV 4Kの映画体験が最高のクオリティに

チャーター・コミュニケーションズが、ケーブルテレビ「Spectrum」の加入者にApple TV 4Kの提供を開始

Apple TVに映し出されているWatch Nowアプリケーションの画像
AppleのtvOS 12が、Apple TV 4Kの映画体験を新しい次元に引き上げます。Apple TV 4Kは、Dolby VisionとDolby Atmosの両方の認定を受けた唯一のストリーミングプレイヤーに。
カリフォルニア州サンノゼ — Appleは本日、大画面でエンターテインメントを楽しむためのオペレーティングシステム、tvOS 12のプレビューを行いました。tvOS 12は、Dolby Atmosへの対応、お気に入りの番組や映画に簡単にアクセスできる便利な新機能、宇宙から撮影した息をのむほど美しい空撮映像で、Apple TV 4Kが提供する映画体験を新しい次元に引き上げます。
Apple TV 4Kは昨年の秋に発売以降大きな人気を集め、4K HDR映画としては最大となるコレクションを提供してきました。また、以前に購入したiTunesライブラリの映画を4K HDRに無料アップグレードするサービスも含まれています。今年の秋、iTunesでは、Dolby Atmos対応の映画の最大のコレクションが提供されることになります。Dolby Atmosに対応したコンテンツは、追加料金なしでお楽しみいただけます。tvOS 12の登場で、Apple TV 4KはDolby VisionとDolby Atmosの両方の規格に認定された唯一のストリーミングプレイヤーとなります。4K HDRの高画質映像と、3次元の空間いっぱいに広がる臨場感あふれるサウンドで、最高の映画体験をお楽しみください。
Apple TVの新しい「国際宇宙ステーション」スクリーンセーバーに含まれているイタリアの画像
今回Apple TVに新たに追加される空撮スクリーンセーバーは、国際宇宙ステーションに滞在しているNASAの宇宙飛行士が宇宙から撮影したものです。
様々な国の映像配信会社が、加入者にサービスを届ける手段としてApple TV 4Kを選んでいます。Appleは本日、全米第2位の規模を誇るケーブルテレビ事業者であるケーブルチャーター·コミュニケーションズが、利用者に対してApple TV 4Kの提供を開始することを発表しました。今年の後半には、5千万近い世帯が、まったく新しいSpectrum TVアプリケーションを使って、ライブチャンネルや何万というオンデマンド番組にアクセスできることになります。Spectrum TVアプリケーションは、Apple TV 4K、iPhone、iPadで利用可能で、SiriおよびApple TVアプリケーションとシームレスに統合されています。さらに、モバイル分野でも存在感を増しているチャーター·コミュニケーションズは、このコラボレーションの一環として、利用者に対してiPhoneとiPadの提供も開始する予定です 。同社は、米国のAT&Tが運営するDirecTV Now、フランスのCANAL+、スイスのSaltに続いて、Apple TV 4Kで加入者にサービスを提供する配信事業者となります。
iPadおよびiPhone X上のWatch Nowアプリケーションの画像
Apple TV、iPad、iPhoneで利用可能なApple TVアプリケーションにアクセスすれば、10か国で100以上存在するビデオアプリケーションが配信するテレビ番組、映画などを、すべて単一の場所で探して視聴することができます。
iPad、iPhone、Apple TVで利用可能なApple TVアプリケーションにアクセスすれば、10か国で100以上存在するビデオアプリケーションが配信するテレビ番組、映画などを、すべて単一の場所で探し、視聴することができます。Apple TVとiOSに対応したシングルサインオンにより、ユーザは1回サインオンすれば、加入しているケーブル事業者が提供しているすべてのビデオアプリケーションにアクセスすることができます。Appleは、この認証プロセスをtvOS 12でさらに簡略化し、サインオンなしでアクセスできるようにしました。Apple TVは、ユーザが加入しているブロードバンドネットワークを自動的に認識し、加入サービスで提供されているすべての対応アプリケーションに自動的にサインインします。認証のためのタイプ入力はもう必要ありません。このゼロサインオンは、今年の後半にチャーター·コミュニケーションズで利用できるようになり、その他のプロバイダでも順次導入される予定です。
Apple TVユーザお気に入りの空撮スクリーンセーバーが、tvOS 12で新次元に到達します。Appleは、国際宇宙ステーション米国国立研究所とCASIS(Center for Advancement of Science in Space)の協力を得て、NASAの宇宙飛行士が宇宙から撮影した新しい空撮映像を公開しました。これにより、Apple TVユーザは、4K HDRで撮影された、これまで以上に目を奪われる空撮シーンを楽しめるようになります。空撮スクリーンセーバーはよりインタラクティブになり、その位置情報を見たり、美しい空撮映像をスワイプで次々に切り替えたりすることができるようになりました。
新しいApple TVウィジェットを表示した、iPhone Xのコントロールセンターの画面
iPhoneとiPadでは、Apple TV Remoteがコントロールセンターに自動で追加されるようになり、Apple TVのコントロールがさらに簡単になりました。
tvOS 12でApple TV 4KとApple TV(第4世代)に追加された新機能で、お気に入りの番組や映画へのアクセスがさらに簡単になりました。
  • iOS 12の登場で、iPhoneやiPadからApple TVにパスワードをセキュアに、自動入力できるようになり、Apple TVアプリケーションへのサインインが簡単になりました。
  • Apple TVユーザのiPhoneやiPadでは、Apple TV Remoteがコントロールセンターに自動で追加され、Apple TVのコントロールにすばやくアクセスできるようになりました。
  • Control4、Crestron、Savantといったホームコントロールシステムを使ってApple TVのコントロールができるようになりました。Siriを使って、音声でビデオの検索と操作を行うこともできます。
提供について
tvOSのデベロッパプレビューは、developer.apple.comにて、本日よりDeveloper Programメンバーを対象に提供されます。新しいtvOSは、Apple TV 4KとApple TV(第4世代)用の無料ソフトウェアアップデートとして、今年の秋より提供を開始する予定です。詳しくは、apple.com/jp/apple-tv-4Kをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。

メディア

Apple TV 4KとDolby Atmosの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000