新着情報 6月 5, 2018

Apple、ARKit 2を発表

デベロッパが最も革新的なARアプリケーションを世界最大のARプラットフォームに向けて作成可能に

室内にあるLEGOの建物の前に座り、画面にLEGO AR Cityが表示されたiPadを持っている男の子。
LEGO AR CityはARKit 2の共有体験、パーシステントAR (持続的なAR)や3Dオブジェクトの認識などの機能を利用し、LEGOの作品とキャラクターに命を吹き込みます。
Appleは本日、共有体験や特定の場所に紐付けられたパーシステントARの体験、物体検出や画像追跡などをデベロッパが統合し、ARアプリケーションをさらにダイナミックにすることができるプラットフォーム、ARKit 2を発表しました。Appleはまた、iOSのための計測アプリケーションや、iOS 12で使用できるUSDZという新しいファイルのオープンフォーマットも発表しました。計測アプリケーションは現実世界のオブジェクトのサイズをすばやく測定することができます。そしてUSDZファイルフォーマットによってARがiOS全体により深く統合され、Appleのアプリケーションのエコシステム全体でARオブジェクトが利用できるようになります。
AppleはARKitを去年の秋にリリースしてから、デベロッパのみなさんのために速いペースでARの大きな進化を実現しており、今回ですでに3回目のメジャーリリースとなります。ARKitはデベロッパのみなさんにとって、iOSユーザの世界のとらえ方を変え、楽しく生産的なAR体験を生み出すツールとなります。

ARKit 2

デベロッパのみなさんは、複数のユーザが1つのゲームをプレイできる機能を統合できるようになりました。
ARKit 2を利用した共有体験により、iPhoneとiPadでのARがさらに魅力的になり、複数のユーザが1つのゲームをしたり、自宅のリノベーションなどのプロジェクトで一緒に作業できるようになります。また、デベロッパが 観戦モードを追加すれば、友達や家族が別のiOSデバイスからARの最高のゲームプレイを観戦できるようになります。
パーシステントARは、現実の世界に仮想オブジェクトを残しておいて、また後から戻ってこれるようにすることでユーザとARアプリケーションとの接し方を変えます。テーブルの上でパズルをやり始め、後で戻ってきて同じところから続けたり、数週間にわたるアートプロジェクトの制作を毎回やり直しをせずに進めることができます。
共有体験により、観戦モードを利用してユーザがすべてのアクションを見ることができるので、プレーヤーが見ているものを一緒に見たりできます。
ARKit 2ではイメージの認識とトラッキングのサポートが拡大し、おもちゃや彫刻などの3Dオブジェクトを認識できるようになりました。また、現実世界をARオブジェクトに自動的に反映できる機能が追加されました。これにより、仮想と現実が融合され、AR体験がいっそうリアルになります。

計測

計測はiOS 12の新しいアプリケーションで、ARを利用して現実世界のオブジェクトのサイズをメジャーのようにすばやく測定できます。この新しいアプリケーションでは、絵画の額縁、ポスターや看板などのオブジェクトのサイズを自動的に提供し、対角線の測定結果を表示して領域を計算できるので、ユーザがiPhoneやiPadから正確なサイズで写真を作成して共有できるようになります。

クイックルックとUSDZ

デスクの上にARの地球儀が表示されているiPhone X。
USDZはPixarのUniversal Scene Descriptionをベースにしており、iOSでほぼどこでもARを簡単に体験できます。
iOS 12によって、iOSでほぼどこでもARを簡単に体験できます。Pixarとのコラボレーションにより、Appleはファイルの新しいオープンフォーマットであるUSDZを導入します。USDZはメッセージ、Safari、メール、ファイル、NEWSなどのアプリケーションで、パワフルなグラフィックスやアニメーションを共有することに最適化されています。USDZを利用することで、Quick Look for ARでユーザが3Dオブジェクトを現実世界に配置し、その空間でどのように機能するか確認できます。
ARKit 2とUSDZは、本日よりiOS 12のデベロッパプレビューの一部としてApple Developer Programメンバーに提供されます。ARKit 2とUSDZのサポートは iPhone 6s以降、すべてのiPad Proモデル、iPad(第5世代)、およびiPad(第6世代)に向けた無料のソフトウェアアップデートの一部として今秋に提供される予定です。

メディア

ARKit 2の画像

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000