プレスリリース 9月 24, 2018

Apple、Shazamの買収を発表、音楽を発見して楽しむためのさらに多くの方法を提供

近日中にすべてのユーザ向けに広告が表示されないShazamアプリケーションを提供予定

iPhone XでShazamの画面をタップしている画像。
Appleは本日、世界で最も人気があり、高く評価されているミュージックアプリケーションのひとつで、何億人ものユーザを持つShazamを買収したことを発表しました。
「AppleとShazamには長いあいだ連携してきました。私たちがApp Storeを初めて公開した当時、提供可能だったアプリケーションのひとつがShazamでした。その後、Shazamは世界中の音楽ファンにとってお気に入りのアプリケーションとなったのです。音楽とイノベーションに対する深い関心を共有することで、ひとつのチームとして、音楽を発見し、体験し、楽しむために、さらに多くの素晴らしい方法をユーザに提供できることに大きな期待を寄せています」と、AppleのApple Music担当バイスプレジデント、オリバー‧シュサーは述べています。
Shazamを使うと、ユーザは普段の暮らしの中で再生されている音楽を聴くだけで、その曲を認識することができます。近日中に広告が表示されずにShazamを利用できるようになるため、すべてのユーザは視聴を妨げられずに最適にShazamを体験することができます。
Shazamのダウンロード回数は全世界で10億回を超えており、毎日2,000万回以上、Shazamアプリケーションを使用した曲の認識が行われています。音楽認識におけるイノベーションの先駆者として、Shazamは、人々がデバイスやメディア上で、ビデオ、オーディオ、プリントされたコンテンツを、発見、利用、共有するのをお手伝いし、音楽ファンが好きなアーティストをフォローして、新たな情報を発見する感動を共有できるようにします。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000