新着情報 9月 24, 2018

macOS Mojave、本日提供開始

ダークモード、スタック、新たなアプリケーション、デザインを一新したMac App Storeなどの新機能をアップデートで追加

ドックと共に夜、現地時間のダイナミックデスクトップを表示するiMac Pro
macOS Mojaveは、ダークモード、スタック、新たなアプリケーションそしてデザインを一新したMac App Storeなど、プロのワークフローからヒントを得た新機能を誰もが使いやすい形でお届けします。
世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Mojave(モハベ)がMacユーザを対象に無料のアップデートとして提供開始されました。macOS Mojaveは、デスクトップをドラマチックなダークカラーの配色に変化させるダークモード、そして時間帯によって変化する一連の画像を備えたダイナミックデスクトップ機能など、数々の新機能をMacにもたらします。新たに生産性を向上させる機能として追加されたスタックは、ファイルを自動的にグループにまとめることで散らかったデスクトップを整頓してくれます。ニュースや株価、ボイスメモ、ホームなどおなじみのiOSアプリケーションがMacでも使えるようになったほか、Mac App Storeもデザインが一新され、目的に合ったMacアプリケーションをこれまで以上に探しやすくする豊富なエディトリアルコンテンツによって、Macエクスペリエンスが一段と強化されました。
Macのデスクトップ上でダークモードで表示させたメッセージアプリケーション。
ダークモードを使うと、メッセージ、メール、マップ、カレンダー、写真など、最初からMacに内蔵されたアプリケーションのすべてでMacをダークカラーの配色にすることができます。

ダークモード:Macの新しいドラマチックな見た目

ダークモードは、コンテンツを目立たせ、より目に優しい暗配色にデスクトップを変化させるもので、照度を落とした部屋や飛行機の中など、暗いところで仕事をするときに特に便利です。ダークモードは、メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macに最初から入っているアプリケーションのすべてに美しく組み込まれています。ダークモードはシステム環境設定で有効にすることができます。またサードパーティのアプリケーションデベロッパは自らのアプリケーションにダークモードを組み込むことができます。

スタック:すっきりとしたデスクトップ

スタックは、ファイルを画像、プレゼンテーション、PDFやテキスト文書といったファイルタイプに基づいて すっきりとしたグループに自動的にまとめることによって、散らかっていたデスクトップを素早く整頓します。また、日付やタグといった別のファイル属性に基づいてまとめるようにスタックをカスタマイズすることもできます。スタックされたファイルへのアクセスは簡単で、クリックしてスタックを展開し、ファイルを開くだけです。
MacBook Proのデスクトップ上のファイルを整理してグループにまとめるスタック。
スタックはファイルを整理されたグループに自動的にまとめることで、どんなに散らかったデスクトップでもすっきりと整頓してくれます。

ダイナミックデスクトップ:まったく新しいMacエクスペリエンス

macOS Mojaveでは、ユーザが世界のどこにいても時間帯によってデスクトップの背景画像を変化させる機能が初めて加わりました。モハベ砂漠の起伏のある砂丘をフィーチャーしたデスクトップは、夜明けから朝、昼間、夕暮れ時そして夜と、時間帯によって光の当たり方が変化し、Macにまったく新しいエクスペリエンスをもたらします。
昼間のダイナミックデスクトップを表示するiMac Pro。
ダイナミックデスクトップは、時間帯によって光の当たり方が変化する美しいタイムシフトデスクトップを提供します。

Finder:これまで以上に多くのことを

macOS MojaveのFinderでは、まったく新しいギャラリー表示により、ユーザは複数のファイルに視覚的にすばやく目を通すことができます。 また、プレビューパネルではファイルのすべてのメタデータを表示できるため、メディア資産の管理がこれまで以上に簡単になりました。クイックアクションがFinder内のプレビューパネルに表示され、PDFの作成、パスワード保護を行なったり、さらにはカスタムAutomatorアクションを実行することもできます。クイックルックでは画像の回転、トリミング、PDFのマークアップそしてビデオやオーディオクリップのトリミングを行なうことができます。クイックルックには、ファイルを選択してキーボードのスペースバーを押すことでアクセスすることができます。
ダークモードでのFinderのデスクトップビュー。
Finderのアップデートにより、ファイルとメディア資産の管理がこれまで以上に簡単になりました。

スクリーンショット:スナップを撮るように

スクリーンショットでは、画面上で新しく使いやすいコントロール機能を利用でき、スクリーンショットのオプションや新しいビデオ録画機能に簡単にアクセスできるようになりました。この機能を使うには、スクリーンショットユーティリティを起動するか、ShiftキーとCommandキーと数字の5のキーを同時に押します。それにより、Macのスクリーン上で静止画やビデオをキャプチャするための一連のコントロールにアクセスでき、この中にはタイマーの設定やどこにスクリーンショットの保存場所を選ぶためのオプションも含まれます。

連係カメラ:MacとiPhoneでシームレスに連係

連係カメラ機能を使うと、iPhoneを使って近くの物や書類を撮影またはスキャンし、Mac上に表示することができます。Pages、Keynote、Numbers、メモ、メールなど連係カメラをサポートするアプリケーションの中で「iPhoneから挿入」を選ぶだけで、近くのiOSデバイスを使ってスキャンまたは撮影することができます。
MacBook Pro上のKeynoteには、すぐ横のiPhone 8で撮った黄色の椅子の写真が表示されています。
連係カメラを使うと、iPhoneで撮った写真や、スキャンした書類を自動的に近くのMacに表示することができます。

新しいアプリケーション:ニュース、株価、ボイスメモ、ホーム

ニュース、株価、ボイスメモそしてホームを含むおなじみのiOSアプリケーションが初めてMacでも使えるようになり、デスクトップからこれまで以上に多くのことを行なえるようになりました。ニュースには、エディターが厳選し、各ユーザ向けにパーソナライズされた信頼性の高いニュースと情報が一つに集められます。株価アプリケーションは、市場の動向を追うためのシンプルな方法となり、厳選されたマーケットニュースに加え、クォートとインタラクティブなチャートでパーソナライズしたウォッチリストを提供します。ホームを使うと、ホームキット対応アクセサリをコントロールすることができ、照明をつけたり、サーモスタットを調整したり、ベビーモニターをチェックしたりすることができます。またボイスメモを使うと、Macの内蔵マイクを使ってパーソナルなメモ、レクチャー、ミーティング、インタビューまたは曲のアイデアなどを録音し、後でiPhone、iPadまたはMacからiCloud経由でアクセスするといったことが簡単にできます。

新しいMac App Store:より多くの素晴らしいMacアプリケーションを発見できるように

Mac App Storeではデザインが一新され、豊富なエディトリアルコンテンツが用意されており、これまで以上に簡単にMacアプリケーションを見つけられるようになります。新しい「見つける」タブがMac用のホットな新アプリケーションを紹介する一方、「創作する」、「仕事する」、「楽しむ」そして「開発する」の各タブは、特定のプロジェクトや目的に合ったアプリケーションを見つけるのに役立ちます。ストーリー、コレクションそしてビデオは、パワフルなアプリケーションとそれらを使うクリエイターについての掘り下げた情報と洞察を提供することで、ユーザが最も目的に適ったアプリケーションを見つける手助けをします。Mac App Storeにはまた、Omni Focus 3といった生産性ツールや、Alto’s AdventureThe Gardens Betweenといったゲームを含む数々の素晴らしい新アプリケーションも揃っています。
MacBook Proのデスクトップに表示された新しいMac App Storeの「創作する」ページ。
Mac App Storeは一新されたデザインと豊富なエディトリアルコンテンツで新しく生まれ変わり、新しいMacアプリケーションを見つけるのがこれまで以上に簡単になりました。

Safari:より安全にWebをサーフィン

Safariでは、進化した「追跡防止機能(ITP)」があり、許可なくユーザを追跡するソーシャルメディアの「いいね」ボタンや「シェア」ボタン、コメントウィジェットをブロックします。また、ユーザがWebをブラウズする際に、システム情報を簡略化して提示することで、データ企業が追跡に使うことができるユニークな「指紋」を作成することを防止します。ユーザがパスワードを管理しやすいように、新規のオンラインアカウント作成の際には、Safariは強力なパスワードを自動的に作成、入力、保存するほか、ユーザにパスワードの使い回しを警告し、パスワードを変更できるようにします。

その他の機能

  • Safariは新たにウェブサイトアイコンをサポートし、開いているウェブサイトをすべて一目で識別できるようにします。ウェブサイトアイコンはSafariのシステム環境設定で有効にすることができます。
  • メールではメール作成ウィンドウ内に絵文字メニューが設けられ、Eメールメッセージに素早く簡単に絵文字を加えることができます。
  • Siri on Macはホームキット対応デバイスをコントロールすることができるようになったほか、食べ物、有名人、モータースポーツの知識も向上しました。
  • macOS Mojaveには、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダのフランス語そして繁体字中国語(香港)のシステム言語が組み込まれているほか、中国向けの改善された地図そして日本語の発音による英単語入力が加わりました。
提供について
macOS Mojaveは、mid-2012以降に発売されたMacおよび推奨されたMetal対応グラフィックスカード搭載の2010年および2012年モデルのMac Proを対象に、無料のソフトウェアアップデートとして本日から提供されます。一部の機能は、地域や言語によっては利用できない場合があります。詳しくはapple.com/macos/mojaveをご覧ください。

メディア

macOS Mojaveの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000