新着情報 10月 16, 2018

Adobe、iPadに特化したPhotoshop CC、その他クリエイティブプロのためのアプリケーションをプレビュー

Photoshop CCの編集画面を示すiPadのスクリーン
iPadに特化したPhotoshop CCは、Photoshopの業界標準の画像編集ツールを使ってネイティブPSDファイルを開き、編集することができるほか、おなじみのPhotoshopレイヤーパネルも使うことができます。
本日Adobe MAXにてAdobeは、iPadに特化したPhotoshop CC 、Project AeroというクリエイターのAR体験をデザインすることができるツール、そしてイラスト制作アプリケーションのProject Geminiをプレビューしました。Adobeは初めて、ソーシャルメディアクリエイター用にオールインワンで簡単に使えるビデオ編集アプリケーション、Premiere Rush CCも発表しました。
  • 現代の時代にあったタッチスクリーンの操作を実現するため再設計されたiPadに特化したPhotoshop CC は、デスクトップ用に匹敵するパワーと正確さを提供します。iPadに特化したiPhotoshop CCは、Photoshopの業界標準の画像編集ツールを使ってネイティブPSDファイルを開き、編集することができるほか、おなじみのPhotoshopレイヤーパネルも使うことができます。2019年にiPadに特化したPhotoshop CCの登場で初めて実現するクロスデバイスのPhotoshop CCによって、iPadで作業を始め、Creative Cloudを経てデスクトップ用のPhotoshop CCで全ての編集をシームレスに完成させるといったことが可能になります。
  • Adobeは、デザイナーがAR体験をデザインすることを可能にする、新しいクロスデバイスのARオーサリングツール、Project Aeroをプレビューしました。Project Aeroはデザイナーとアーティストのために作られた初めてのARアプリケーションで、今年6月に行われたAppleの世界開発者会議で始めてステージ上でその一部が紹介されました。Project AeroはAR体験の最適な提供を可能にし、クリエイターはデジタルコンテンツを現実の世界に置くことができるようになります。Adobe MAXでAdobeは、ARを使った未来の店舗を紹介し、没入するようなデザインを体感でき、興奮をおぼえるような可能性を披露しました。
  • 2019年にiPad用として初めて提供されるProject Geminiは、デバイス間でドローイング制作とペインティングの編集ワークフローをスピードアップさせる新しいアプリケーションで、ラスター、ベクターそして新しいダイナミックブラシをドローイング用に作られた一つのアプリケーションの中の作業として実現するものです。Project Geminiでは、アーティストはお好みのPhotoshopブラシを使用し、同期させることができ、Photoshop CCとシームレスに使うことができます。
  • オンラインビデオのクリエイター向けに特に設計されたPremiere Rush CCは、キャプチャー、直感的な編集、シンプルになったカラー、オーディオそしてモーショングラフィックスといった機能を、一つのアプリケーションで簡単に使えるように統合したもので、これを使ってYouTubeやInstagramなど主要なソーシャルチャネルにシームレスに投稿することができます。Premiere Rush CCがあると、コンテンツ製作者はビデオ、カラー、オーディオのエキスパートでなくてもプロフェッショナルであるようなクオリティーのビデオを投稿することができるようになります。Premiere Rush CCはPremiere Pro CCとAfter Effects CCのパワーを同時に使い、Adobe StockにあるプロがデザインしたMotion Graphicsテンプレートへのアクセスが内蔵されているため素早くスタートすることができるほか、音のノーマライゼーション、音の正常化のためのSenseiパワーを利用したワンクリックオートダック機能を持っています。またどこでもアクセスできるため、ユーザは、SNSでの投稿に最適化された、迫力のあるビデオを一つのデバイスで作成し、他のデイバイスから投稿することができるようになります。しかも、デスクトップでもモバイルでも一貫したユーザエクスペリエンスを提供します。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000