新着情報 2月 28, 2019

Apple、国際女性デーを祝し、女性プログラマーおよびクリエイターを称える

女性プログラマー養成団体Girls Who Codeの協力の下、女性を中心とする特別なToday at Appleセッションを通じて次世代の女性リーダー育成を目指す

iPadを使っておもちゃのロボットをコントロール。
Appleは、3月の月間を通じて、女性たちのストーリーとクリエイティブ面の寄与を特集し、若い女性に向けて新しいプログラミングの学習機会を紹介していきます。
来たる国際女性デーを祝し、Appleは3月の月間を通じて、アプリケーション開発者、ミュージシャン、アーティスト、フォトグラファー、起業家として活躍する女性たちのストーリーや作品に焦点を当てます。また、女性プログラマー養成を目指すGirls Who Codeとの新たな提携の下、若い女性がプログラミングを学ぶ学習機会を拡大し、Appleのこれまでの教育に対する取り組みをいっそう強化していきます。
Appleはコミュニティ教育における取り組みの一環としてGirls Who Codeと提携し、米国在住の少女および若年層の女性に対して新たにプログラミングを学ぶ機会を提供します。Everyone Can Codeカリキュラムを用いることにより、全米50州に在住の90,000人の少女とGirls Who Codeクラブのまとめ役の方々が、すでに何万本ものアプリケーションの開発に使われてきた簡単に学べるAppleのプログラミング言語、Swiftの使い方を学びます。Swiftのトレーニングは一般のプログラミングクラブ運営リーダーにも提供される予定で、クラブのメンバー増員ならびに拡大の一助となるようにします。Appleは、学ぶ意欲があるすべての人々が年齢や経歴に関係なく教育機会を得る支援をしていますが、少女や女性に対しても(男性と同様に)Developer Academyトレーニング、Everyone Can Codeカリキュラムを通じて、また、マララ基金(Malala Fund)、国立女性情報技術センター(NCWIT)とも協力しながら、学習機会を得られるようにしています。
「女性たちは、自分たちのアイディアで未来を形作るチャンスを得てきました。Girls Who Codeとの協力は、この団体が、若い女性がアプリケーション開発者を目指し、ハイテク業界の明日のイノベーターとして活躍していくための支援に取り組んでいることから大変楽しみにしています」と、Appleの環境、政策およびソーシャルイニシアチブ担当バイスプレジデント、リサ‧ジャクソンは述べています。
世界中の厳選されたApple直営店では、Made By Womenシリーズと銘打ち、アーティスト、ミュージシャン、フォトグラファー、アプリケーション開発者、科学者、起業家として活躍する女性たちが進行役を務める60以上のセッションの開催を予定しており、お客様はどなたでも参加できます。いずれも次世代を担う人々を実践型セッションで刺激することで、彼らの創造力を解き放ち、その情熱をレベルアップすることを目指しています。
各セッションは次のような内容です:言語交換プラットフォームを運営する14歳の創業者兼CEO、ヒラリー‧イップが主催するAppラボ(Apple Causeway Bay)では、理想的なソーシャルプラットフォーム形成のためのアイディアの展開‧説明に関するセッションが予定されています。シカゴのフィールド自然史博物館で主席キュリオシティ特派員(CCC)を務めるエミリー‧グラジルがApple Michigan Avenueで開催するアートラボでは、フィールド自然史博物館のコレクションにある小さな標本を題材に、これをProcreateアプリケーション、iPad Pro、Apple Pencilを駆使して広大な風景に仕上げていく手法について学べます。
各分野のクリエイターによるセッションは、シンガポール、京都、香港、ロンドンミラノパリドバイサンフランシスコシカゴニューヨークロサンゼルスの各都市にある厳選されたApple直営店で開催される予定です。
国際女性デーを祝し、App Storeは3月の月間を通じて女性アプリケーション開発者を特集します。
App Storeは3月の月間を通じて女性アプリケーション開発者を特集し、今日のAPPでは女性が開発・創業したアプリケーションを取り上げます。
3月のApp Storeは、アプリケーションやゲームの最前線で活躍するクリエイティブな女性たちに称賛を送ります。例えば米国では、今日のAPPとして、Bumble、theSkimm、Stitch Fixなど、女性が中心となり創業‧開発‧運営に携わっているアプリケーションを取り上げる予定です。3月中の毎週金曜日には、App StoreのTodayタブからアプリケーション開発の舞台裏を覗いてみてください。ゲームプロデューサーで、より多くの女性にゲームやハイテクを体験してもらうことを目指しているスタートアップ起業 Girl Geek Academy 創業者であるリジー‧ケインのような女性たちに出会うことができます。また、3月8日の国際女性デー当日のApp Storeには、マーベルコミックの象徴である女性スーパーヒーロー、キャプテン‧マーベルを題材にしたゲームを集めたスペシャルコレクションも登場する予定です。
3月の月間を通じて、Apple Musicでは音楽界で最も先見性ある女性アーティストを前面に押し出したプレイリストや特集記事を集めるほか、Beats 1は刺激的な女性アーティストを取り上げるようなプログラムで24時間フル回転する予定です。
3月8日、Apple Watchユーザの皆様は、新たなアクティビティアワード(バッジ)を得ることができます。
3月8日、Apple Watchユーザの皆様は、新たなアクティビティアワード(バッジ)を得ることができます。
さらに、iTunesで躍動的な女性キャラクターが際立つ映画やテレビ番組の強力なセレクションを探求したり、Apple Podcastで刺激的な女性たちが作る番組を聴いたり、Apple Booksを開いて、女性ならではの物語や体験が語られる本を見つけて読んだりできます。
また、世界中のApple Watchユーザの皆様は、3月8日に1マイル(1.6km)以上のウォーキング、ランニング、車椅子のワークアウトを終えると、特別のなアクティビティアワード、メッセージで使えるステッカーを入手できます。1

メディア

国際女性デーの画像

    1 アクティビティチャレンジの結果を見るには、iPhoneをiOS 12.1.3、また、Apple WatchをwatchOS 5.1.3にアップデートする必要があります。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000