新着情報 6月 4, 2019

Apple Design Awards、アプリケーションとゲームにおけるクラス最高のデザインを称賛

2019年度のApple Design Awardsのキューブ。
2019年度のApple Design Awardsでは、iOSアプリケーションとゲームの開発者9社の技巧と技術的な業績などが讃えられました。
Appleは昨日、Apple Design Awardsの授与式を行い、iOS開発者9社の卓越した技巧、技術的な業績、ユーザーインターフェイス、アプリケーションデザインを讃えました。これらの開発会社は、大小さまざまな規模で、オーストラリア、オーストリア、英国、フランス、イタリア、リトアニア、米国を含め世界各国に散在しています。賞を獲得したアプリケーションは写真編集、描画、医療画像、スポーツ、ゲームなど、さまざまなカテゴリにわたっています。どのアプリケーションも、ユーザーインターフェイスデザイン、サウンドデザイン、グラフィックス、コントロール、ゲームプレイに対するユニークなアプローチを特徴とし、触覚的な反応、MetalまたはCore ML(機械学習)などのAppleの革新的なテクノロジーを活用しています。
「iOSデベロッパたちは水準を上げ続けています。今年は、健康、フィットネス、創造力、楽しいゲームプレイが体験の中心に据えられたアプリケーションとゲームが多かったのが特に喜ばしいことでした。驚くような創造力と創意工夫によってApple Design Awardsを受賞された皆さん、おめでとうございます」と、Appleのワールドワイドデベロッパリレーションズ担当バイスプレジデント、ロン·オカモトは述べています。
賞を獲得した9つのアプリケーションは、新しいカテゴリと成熟したカテゴリにわたり、いずれも画期的なユーザーインターフェイスを実現するという伝統を引き継いでいます。Apple Design Awardsの歴代受賞アプリケーションは、Appleデバイスを通じて世界を体験する方法を変革しました。優れたデザインが、音声翻訳(iTranslate Converse)、イラスト(Procreate)、解剖学の学習(Complete Anatomy)、インタラクティブなエンターテインメント(「Florence」および「アルトのオデッセイ」)などのアプリケーションに革新をもたらしました。
これらのアプリケーションやゲームの詳細とダウンロードは、App Storeで。
Apple Design Awards授与式の様子はこちらでご覧になれます。  

メディア

2019年度Apple Design Awardsの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000