プレスリリース 6月 3, 2019

新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現

新しいホーム画面、パワフルなマルチタスキング、Apple Pencilの新しい使い方など、たくさんの新機能

カリフォルニア州サンノゼ — Appleは本日、iPadOSのプレビューを発表しました。iPadOSは、iPadならではの体験を表す新しい名前を冠したパワフルなオペレーティングシステムです。iPadOSはiOSと同じ基盤をもとに構築されていますが、iPadならではの大きなディスプレイと汎用性を生かしたパワフルな新機能や直感的な機能が追加されています。複数のウインドウでアプリケーションを操作する新しい方法、より多くの情報を一目で確認できるように新しくデザインされたホーム画面、より自然にApple Pencilを使いこなす機能を搭載したiPadOSは、iOS 13の優れた新しいアップデートも活用します。これによりiPadは、一般のお客様にもクリエイティブプロにもぴったりのデバイスになります。
「iPadは人々の働き方や、創造性を表現する方法を変革しました。iPadOSによってiPadの大きなキャンバスと汎用性を活用する刺激的な機能を提供することで、さらに変革を推し進めていきます。iPadOSは、ウィジェットを起動できる新しいホーム画面、より強力なマルチタスキング、Apple Pencilをもっと自然に使いこなせる新しいツールといった、エキサイティングな機能を備えています」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ·フェデリギは述べています。
Apple PencilとiPadOSの新しいツールパレットを使ってiPadで絵を描く人。
新しくデザインされたツールパレットにはツール、カラー、図形が追加され、Apple Pencilのクリエイティブな可能性を広げます。

新しいホーム画面

ホーム画面のデザインは一新されされ、より多くのアプリケーションを各画面に表示する新しいレイアウトが採用されています。「今日」表示"をホーム画面に追加できるようになり、ウィジェットにすばやくアクセスしてヘッドライン、天気、カレンダー、イベント、ヒントなどの情報を一目で確認できます。

Split ViewとSlide Overの機能強化

iPadユーザーは、Split Viewのアップデートによって同じアプリケーションから複数のファイルと書類を同時に操作できるようになり、Slide Overでは複数のアプリケーションをすばやく表示し、切り替えることができるようになります。たとえば、メールを作成しながらもう1つのメールを並べて表示したり、スワイプするだけでメッセージやカレンダーなど複数のアプリケーションにアクセスすることができます。アプリケーションのExposéは、いずれか1つのアプリケーションの開いているウインドウだけをタップ1つで簡単に表示できる機能です。
iPadのiPadOSに搭載されるSlide Over画面。
Slide Overのアップデートによって、複数のアプリケーションをすばやく表示し、切り替えられます。

Apple Pencilがさらに幅広く使いこなせるように

iPadOSでは、Apple PencilがiPadの体験にさらに統合されます。iPadの画面の隅からApple Pencilでスワイプするだけで、ウェブページ、書類、メールに注釈を加えたり、全体をまとめて送信したりできるようになります。新しくデザインされたツールパレットでは、ツール、カラーパレット、図形、オブジェクト単位で消せる消しゴム、線のどの部分でも削除できる新しいピクセル単位で消せる消しゴム、完全にまっすぐな線を引くための定規に、すばやくアクセスできます。Apple Pencilの使い心地がより自然になり、進化した予測アルゴリズムと最適化によって、業界最高水準のレイテンシをさらに9ミリ秒にまで低減します。

よりパワフルなファイルアプリケーション

書類のアクセスと管理をすばやく行う上で、その中心となるファイルアプリケーションが、iPadOSではさらに改良され、iCloud Driveでのフォルダ共有に対応します。共有フォルダにアクセスできるユーザーなら誰でも、iCloud Driveでそのフォルダを表示でき、いつでも最新バージョンにアクセスできます。iPadOSは外付けドライブにも対応するので、ユーザーはUSBドライブやSDカードを簡単に接続したり、SMBファイルサーバにログインしたりすることもすべてファイルアプリケーション内で行えます。高解像度プレビュー機能を備えた新しいカラム表示により、ディレクトリの閲覧が簡単になるとともに、マークアップ、回転、PDF作成などのクイックアクションに対応することによって、iPadでの作業が簡単に、さらに生産的になります。iPadOSでは、ローカルストレージ、zipファイルの圧縮/解凍、新しいキーボードショートカットも導入されます。
iPadのiPadOSで一新されるファイルアプリケーションのデザイン。
ファイルアプリケーションが外付けドライブやSMBファイルサーバに対応するようになり、書類のアクセスと管理が簡単になります。

Safariでのデスクトップクラスのブラウズ体験

iPadではSafariがこれまでよりもさらにパワフルになります。iPadOSはデスクトップ版のウェブサイトを自動的に表示し、iPadのディスプレイに合わせて表示を正しく調整し、タッチの操作に最適化するので、iPadのSafariではGoogleドキュメント、Squarespace、WordPressなどのウェブアプリケーションが優れた機能を発揮します。Safariは、ダウンロードマネージャ、30種類の新しいキーボードショートカット、タブ管理機能の強化など、とても便利な新しい機能にも対応します。

テキスト編集機能の強化

iPadのテキスト編集機能がiPadOSでは大幅にアップデートされ、精度と速度が一段と向上し、ポイント操作がさらに簡単で迅速になり、スワイプ1つでテキストを選択できるようになります。また、新しいジェスチャーを使ってカット、コピー、ペースト、取り消しの操作もできます。
iPadOSで認識される新しいジェスチャを示すgif。
カット、コピー、ペースト、取り消しの新しいジェスチャーによりiPadでの生産性が高まります。

その他のiPadOSの機能

  • ダークモードは、ドラマチックな暗い色調で、システム全体の魅力を引き立てます。また暗めの場所では目にやさしく負担を軽減します。
  • カスタムフォントをインストールしてシステム全体で使うことができ、iPadで美しい書類を作成するための強力な味方となります。Adobe、ダイナコムウェア、Monotype、モリサワ、Founderなど、小規模ベンダーや大手ベンダーが提供するフォントがApp Storeで入手可能になります。
  • 新しいフローティングキーボードは、省スペースを実現し、QuickPathにも対応します。この機能により、片手での文字入力が容易になり、アプリケーションを表示できる範囲が広がります。フローティングキーボードはピンチで有効になり、ドラッグして画面のどこにでも移動できます。
  • 写真アプリケーションは、ライブラリ全体からベストショットを選び出してくれます。同じような写真や散らかりを自動的に隠し、過去の日、月、年のイベントが鮮やかによみがえります。より簡単に適用、調整、確認できる新しい編集ツールにより、さらに直感的な写真編集が可能になり、ほとんどすべての写真編集の機能はビデオ編集でも利用可能です。
  • Appleでサインインは、Apple IDを使ってアプリケーションやウェブサイトにサインインするためのすばやく簡単でプライバシーを保護する方法です。
  • マップには、まったく新しく作成されたベースマップが搭載されます。Look Aroundは、高解像度3D写真を使った街路レベルの画像で、街の景色を美しく再現します。「コレクション」は、レストランやショップ、目的地を共有する新たな方法です。よく行く目的地にすばやく移動できる、「お気に入り」機能もあります。1
  • パフォーマンスの向上はシステム全体で行われ、Face IDによるロック解除の高速化など、より応答性能が高まっています。また、App StoreでのiPadアプリケーションの新しいパッケージング方法により、アプリケーションのダウンロードサイズが最大50%削減されます。これにより、アプリケーションのアップデートのサイズが最大60パーセント小さくなり、アプリケーションの起動スピードが最大2倍高速になります。
提供について
iPadOSのデベロッパ向けプレビューは本日より、developer.apple.comを通じて提供されます。iPadOSユーザーに対しては来月パブリックベータプログラムがbeta.apple.comで提供される予定です。iPadOSは、iPad Air 2以降、iPad Proの全モデル、iPadの第5世代以降、iPad mini 4以降向けの無料ソフトウェアアップデートとして、今年秋に利用可能になります。詳細については、apple.com/ipados/ipados-previewをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります

メディア

iPadOSの画像

    1 新しいマップは、現時点では一部の都市と州で利用でき、2019末までに全米で提供が開始され、2020年にはほかの国でも利用可能になります。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000