プレスリリース 6月 3, 2019

Apple Watchの健康管理とフィットネスの機能を進化させるwatchOS 6が登場

周期追跡、ノイズアプリケーション、アクティビティトレンド、、Apple Watchから直接アクセスできるApp Storeを新たに導入

ブルーのバンドのApple Watch。
watchOS 6が、強化された健康管理とフィットネスの機能をApple Watchにもたらします。
Appleは本日、watchOS 6をプレビューしました。watchOS 6により、Apple Watchユーザーは健康とフィットネスをさらに快適に管理できるようになります。ダイナミックな新しい文字盤が追加されたほか、Apple Watchから直接App Storeにアクセスすることも可能になります。
「Apple Watchは今や、Appleのお客様の日常生活に欠かせない存在となっています。Apple Watchは、大切な人々と常につながり、重要な情報を見逃さないようにできるだけでなく、より心地よくアクティブな1日を過ごしたいという気持ちにさせてくれます。watchOS 6では、ユーザーに健康とフィットネスをさらに快適に管理してもらいたいと願う私たちの取り組みをさらに拡大し、個人に合わせた使い方ができるパワフルな新しいツールが導入されています」とAppleのチーフオペレーティングオフィサー、ジェフ·ウィリアムズは述べています。

健康とフィットネス

新たに搭載された周期追跡アプリケーションを使うと、女性は月経周期に関する重要な情報を記録できます。Apple Watchの利便性を活用して、次の月経の時期や妊娠可能期間を予測できます。毎日の記録機能では、現在の周期、経血量、症状や兆候、排卵予測キットの結果や排卵周期の記録に関するその他の要素といった月経期間に関連する情報を簡単に追加できます。新しい周期追跡機能は、iOS 13がインストールされたiPhoneでもお使いいただけます。
聴力を適切に維持することは、生活の質によい影響を及ぼします。研究によると、聴力の低下と認知機能の低下には関連があることがわかっています。2手首にはめたApple Watchを最適な位置に持っていくと、ノイズアプリケーションがコンサートやスポーツイベントといった、聴力に好ましくない影響を与える可能性がある環境での騒音レベルをユーザーが知ることを助けます。騒音レベルが変化すると、アプリケーションのデシベルメーターもリアルタイムでそれを表示します。世界保健機関(WHO)によると、90デシベルの音を週に4時間聞き続けると、聴力に影響が出始めるとされています。騒音レベルがこの90デシベルに達すると、Apple Watchがお知らせします。
Apple Watchのノイズアプリケーションのデシベルメーター。
ノイズアプリケーションが、大きな音のする環境で騒音レベルを教えてくれます。
アクティビティリングを完成させるのに夢中なApple Watchユーザーのために、iPhoneのアクティビティアプリケーションにトレンドタブが新たに登場しました。このタブにはアクティビティの長期的な動向が表示されるため、進捗状況を把握するのに役立ちます。このタブでは、アクティブカロリー、エクササイズの時間、歩行速度など、主な測定値の上昇や下降の傾向がひと目でわかります。直近90日のアクティビティが、過去365日と比べてパフォーマンスが落ちている場合は、ペースを戻せるように、、アクティビティアプリケーションがコーチングを提案します。
Apple Watchの横にあるiPhoneに、アクティビティアプリケーションのトレンドタブが表示されている。
iPhoneのアクティビティアプリケーションにあるトレンドタブに、アクティビティの長期的な動向が表示されます。

App Storeとアプリケーション

watchOS 6では、初めてApple WatchからApp Storeに直接アクセスできるようになります。他社製アプリケーションのインストールや、Siri、音声入力、指書き入力を使用してアプリケーションの検索が簡単にできるほか、Apple Watchの画面でも見やすいようにデザインされたアプリケーションの製品ページも用意されています。また、デベロッパは、iOSアプリケーションがなくてもApple Watch上で単独で動作する、Apple Watch専用アプリケーションを作成できるようになります。
Apple Watch上のApp Store。
Apple Watchから直接App Storeを利用できます。

watchOS 6に関するその他のアップデート

  • watchOS 6には、新しいダイナミックな文字盤とカスタマイズできるオプションが用意されているため、お気に入りのアプリケーション、連絡先や情報へのアクセスを好みに合わせてさらに自由にできるようになります。対象となる文字盤はModular Compact、 Solar、Gradient、 Numerals数字などです。
  • 新しいデベロッパ向けツールには、音楽、ラジオ、PodcastをストリーミングするためのオーディオAPI、理学療法や瞑想といったセッションベースのタスクのランタイムを延長するためのAPIがあります。さらにApple Watch Series 4では、Core MLにAppleのNeural Engineを使用しているため、デバイスで入力された情報の処理がさらに高速になります。
  • 人気のボイスメモアプリケーションがApple Watchでも使えるようになります。
  • Apple Booksで購入したオーディオブックを、新しいオーディオブックアプリケーションを使って、Apple Watchで直接聞けるようになります。
  • 新しい計算機アプリケーションを使うと、チップや割り勘の計算もApple Watchでできるようになります。
  • Siriの検索クエリに対するウェブページの結果を、Apple Watch上で表示できます。
  • Apple GymKitの互換性が、Octane Fitness、TRUE Fitness、Woodwayの製品にも拡大し、世界中のフィットネスクラブで、さらに多くの有酸素トレーニング機器とApple Watchを接続できるようになります。

プライバシー

Apple Watchのすべての機能は、ユーザーのプライバシーを保護するように設計されています。ユーザーがいる場所の音声や騒音がノイズアプリケーションによって保存されたり、Appleに送信されたりすることは一切なく、デシベルレベルのみがサンプリングされます。新しい周期追跡アプリケーションを含めて、Apple Watchの健康に関する機能の情報は、iOS 13で刷新されたヘルスケアアプリケーションに表示されます。すべてのデータはデバイス上で暗号化され、ユーザーがiCloudでのバックアップを選択した場合、データはiCloud内で暗号化されます。

夏向けのApple Watchバンド

新色のスポーツバンドと、カナリアイエロー、ドラゴンフルーツ、コーンフラワーのカラーのスポーツループが、本日より販売開始されます。また、新しいプライドエディションのスポーツループも同時に販売されます。こちらをお買い上げいただくと、LGBTQ支援団体であるEncircle、Gender Spectrum、GLSEN、ILGA、PFLAG、The National Center for Transgender Equality、The Trevor Projectに対して寄付が行われます。
価格と販売について
  • watchOS 6のデベロッパ向けプレビューは本日よりdeveloper.apple.comを通じてApple Developer Programメンバーに提供されます。新しいソフトウェア機能は今秋リリース予定です。iOS 13以降がインストールされたiPhone 6s以降とペアリングされているApple Watch Series 1以降に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。詳細はapple.com/watchos-previewをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。
  • Apple Watchの新色のバンドは、apple.com/jp、またはApple Storeアプリケーションでお求めいただけます。また、35を超える国と地域の、Apple Store直営店、一部のApple製品取扱販売店と通信事業者でも今週後半から店頭販売を開始いたします。

メディア

watchOS 6の画像

    1 妊娠可能期間の予測は、避妊を目的として使用されるものではありません。
    2 JAMA Internal Medicine、2013。
    3 日本では利用できません。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000