画像/映像 10月 16, 2019

Apple、「フォー・
オール・マンカインド」
を初披露―Apple TV+で
11月2日より公開

総合プロデューサーにゴールデングローブ賞候補・エミー賞受賞に輝くロナルド・D・ムーアを迎えて贈る 「フォー・オール・マンカインド」の出演者は、ジョエル・キナマン、マイケル・ドーマン、サラ・ジョーンズ、シャンテル・ヴァンサンテン、レン・シュミット、ジョディ・バルフォア

ジョディ・バルフォア、ジョエル・キナマン、サラ・ジョーンズ、マイケル・ドーマン、レン・シュミット、シャンテル・ヴァンサンテン―― 「フォー・オール・マンカインド」発表の席上にて。
Apple TV+で11月2日より公開される新番組 「フォー・オール・マンカインド」の発表を祝う出演者たち――(左から右へ)ジョディ・バルフォア、ジョエル・キナマン、サラ・ジョーンズ、マイケル・ドーマン、レン・シュミット、シャンテル・ヴァンサンテン。
Appleは本日、カリフォルニア州ロサンゼルスのリージェンシー·ヴィレッジ·シアターにおいて、新作番組 「フォー·オール·マンカインド」を初披露しました。Apple TV+で11月2日より公開される 「フォー·オール·マンカインド」は、ゴールデングローブ賞候補·エミー賞受賞に輝く監督ロナルド·D·ムーアが、歴史上の出来事について《もしも何々だったら》をテーマに魅せてくれる作品です。宇宙飛行士、技術者とその家族の人生を通して語られる 「フォー·オール·マンカインド」は、もしも全世界で繰り広げられた宇宙開発競争が終わらずに、宇宙開発プログラムこそが米国の希望~アメリカンドリームの中心的な文化であり続けた、そんな世界を想像して描かれます。
Apple TV+では11月2日より 「フォー·オール·マンカインド」の最初の3エピソードが視聴できるようになります。続きのエピソードは毎週公開予定です。
ロナルド・D・ムーア―― 「フォー・オール・マンカインド」発表の席上にて。
総合プロデューサーを務めるロナルド・D・ムーア―― 「フォー・オール・マンカインド」発表の席上にて。
ベン・ネディヴィ、マリル・デイヴィス、マット・ウォルパート各氏―― 「フォー・オール・マンカインド」発表の席上にて。
Apple TV+を通じて世界100以上の国と地域で同時公開される最初のオリジナル番組のひとつ、「フォー・オール・マンカインド」の発表に立ち会った映画プロデューサーたち――ベン・ネディヴィ、マリル・デイヴィス、マット・ウォルパート各氏。
Apple TV+は、世界で最も想像力の豊かな才能たちが手がける完全オリジナル作品だけを集めた初のビデオサブスクリプションサービスで、11月2日より世界100以上の国と地域で同時に開幕します。本サービスは、 iPhone、iPad、Apple TV、iPod touch、Macで提供されるApple TVアプリケーションと、tv.apple.com を含む他のプラットフォームにて7日間の無料トライアルの後、月額600円にて提供されます。2019年9月10日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchをお買い上げいただいたお客様は、Apple TV+を1年間無料でお楽しみいただけます1。この1年間の無料視聴サービスは、最新のソフトウェアが稼働するデバイス上のApple TVアプリケーションで、11月2日から利用を開始できます。

メディア

「フォー・オール・マンカインド」初披露の画像

    1 無料トライアル期間後は月額600円のお支払いが必要です。1つのサブスクリプションをファミリー共有グループ内で共有することができます。1年間無料サービスは2019年11月2日(土)より開始され、対象となるデバイスのアクティベーション後、3か月間有効です。トライアル後の加入プランはキャンセルされるまで自動的に延長されます。制限事項またはその他の諸条件については www.apple.com/promo をご覧ください。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000