新着情報 10月 23, 2019

Apple Entrepreneur Camp、初年度は100人の開発者たちに掛けがえのない価値ある経験を提供

Apple Entrepreneur Camp。
Wysaの創業者でCEOを務める Jo Aggarwal が、プロダクトエンジニアの Anurita Srivastava(着席)と共同で Apple Entrepreneur Camp の場で取り組んだのは、彼女たちのアプリケーション開発スケジュールにどの機能を取り入れようかということでした。インドを拠点とする彼女たちの会社はチーム全員が女性で、メンタルヘルス支援の利用拡大をAIを使って試みています。
本日は、Apple Entrepreneur Camp 初年度となった2019年の4回目のセッションの終了を記念する日です。Apple Entrepreneur Campは、女性が創業‧経営する組織のために特にデザインされたプログラムで、彼女たち起業家が時代最先端の次世代アプリケーションの開発に取り組むのを支援することに特化しています。このキャンプで提供されるのは、実践型のテクノロジーラボ、Appleのエキスパートやエンジニアと一対一で行われるコードレベルの指導を中心に、Appleのリーダーたちからの助言、激励、知見も得られます。実践型ラボが終了すると、参加者たちは継続的にサポートを受けることができ、続々と増えているApple Entrepreneur Camp卒業生たちのコミュニティに参加して、事業の創出‧育成を助けてもらうことができます。
これまでに42か国から集まった女性リーダーとそのチームが、四半期に一度の割合で開催されるセッションに参加してきました。アプリケーション開発、デザイン、機械学習や拡張現実の最新動向、さらに参加者が望めば、広報やマーケティングのためのヒントといった話題についても、Appleのエンジニアとエキスパートが参加者と直に交流しながら指導‧助言を与えてくれます。彼女たち(参加社)はWWDC(世界開発者会議)にも招待してもらえるので、自社のアプリケーションをAppleの先進プラットフォームで開発できるほか、業界リーダーたちとの交流も継続的に築いていけます。
「初年度の Entrepreneur Camp に参加された皆さんの情熱と気力に畏敬の念を覚えます。彼女たちはアプリケーションを通じて人々の生活に影響を与え、問題の解決を図ろうとしています。それは、ハイテク分野の少数派グループ同士の交流を築くことで、太陽光発電を手に入れやすくするようなことから、メンタルヘルスを改善するためのツールを提供するようなことまで実に様々です。素晴らしい女性リーダーたちの口から、キャンプでの経験が彼女たちのアプリケーションを洗練させることに役立っていること、また、キャンプを通じて確信と手法が得られたことで、新たな交流を築き、支援ネットワークを作り出し、ベンチャーキャピタルの投資ラウンドを上げることに役立っていることを聞かされて、とても嬉しく思います。しかも、私たちはまだ始まったばかりでなのです」とAppleのワールドワイドデベロッパマーケティング担当シニアディレクターで、Women@Appleの総合スポンサーを務めるエスター‧ヘアは述べています。
Jhanvi Shriram と Ketaki Shriram。
Jhanvi Shriram と Ketaki Shriram は、サンフランシスコの Krikey, Inc. オフィスで開催された Apple Entrepreneur Camp の第2回セッションに姉妹で参加しました。KrikeyアプリケーションはARKitのようなテクノロジーを駆使して、人々を自然界と結び付けようとしています。
Apple Entrepreneur Campの第2回セッションに参加した、Jhanvi Shriram および Ketaki Shriram 姉妹をご紹介しましょう。彼女たちはKrikeyの創業者でクリエイターも務めています。同名アプリケーションのKrikeyはモバイルの拡張現実に対応し、自然界とデジタルワールドの橋渡し役となり、人々の共感する感覚を高めることで、自分は自然に近付いているのだという感覚を人々に抱いてもらうことを目指しています。Apple Entrepreneur Campについて耳にした時、Jhanvi と Ketaki は最初、それに応募できるほど自分たちは経験があるだろうか?と思ったそうです。しかし彼女たちはすぐに、Entrepreneur Campセッションが、スキルレベルが異なる開発者、起業ステージが異なる会社のリーダーに合わせて用意されていることを知ります。それで、これはAppleのエキスパートや、彼女たちと同じような境遇の起業家たちからから支援を受けるチャンスだと参加を決めたのでした。
「それは可能性と証明の話しに尽きます。しばしば私たちは女性として、博士号やMBAを持っていても、常に自分自身を証明することや、業績を守ることを求められます。Apple Entrepreneur Campは本当の意味で真のサポートが得られ、私たちの可能性を見出してもらえる場所でした」と、KrikeyのCEOを務める Jhanvi Shriram は言います。
セッション期間中に、Jhanvi と Ketaki は Gorillas! を開発していました。これはマルチプレイヤー対応の拡張現実ゲームで、プレイヤーをマウンテンゴリラの家族が生息するルワンダのジャングルに引きずり込みます。The Ellen Fundとの提携の下で開発された Gorillas! が目指したものは単なるエンターテインメントでなく、人々の共感のセンスを磨いて会話を生み出すことです。Krikeyの開発には、臨場感ある生息地と生態系を描き出すために ARKit と Metal に用意されている強力なツールと機能性が使われました。Jhanvi と Ketaki はセッション期間中に、Appleのエキスパートに Gorillas! のデモを披露する機会に恵まれました。
「Appleチームと直に触れ合う中でデザインの方法論に関する意見をいただき、自分たちのアプリケーションの中にあると分かりながら、治すためのアイディアが見つからない問題を解決することができました。私たちが学んだことをベースに重要な改善をいくつか実行しました。例えば、プレビューモードを追加して、利用者がゲームに正式にサインアップする前に試しに遊んでみたりできるとか。これは私たちのゲームでは本当に効果抜群でした」と、Krikey, Inc. で最高技術責任者を務める Ketaki Shriram は語ってくれました。
iPhoneで Gorillas! を披露する Shriram姉妹。
Ketaki Shriram と Jhanvi Shriram は Apple Entrepreneur Camp でひと時を過ごし、Gorillas! に改良を加えました。2か月後、このアプリケーションは The Ellen Fund との提携の下でリリースされました。
Apple Entrepreneur Campは、これまでに13の異なる国‧地域から100名の参加者を迎えてきました。次回のセッション開催は2020年1月28日~2月4日を予定しています。応募は、11月15日まで developer.apple.com/entrepreneur-camp にて受け付けています。
Apple Entrepreneur Camp 2019 の参加企業は以下のとおりです:
Abylight Studios
BetterMe
Boxies
Create2Thrive, Inc.
CUCO Health
Deepr Dating
D’efekt
Dirty Dog Software
eBibelot, Inc.
Estudio Chispa
expeet
Flame Soft AB
Frogg
Gurbani
Hopscotch Technologies Inc.
Iceclip
imagiLabs AB
Krikey, Inc.
LactApp Women Health
Lake Coloring
Literacy Matters Foundation
Ohhh, Inc.
Peekaboo Studios
Peppy Pals
Quin
SALT for my Squid
Seneca Women
Shine
StoryUP Studios
Struct Club Inc.
The Dots
Train Your Eyes
TRASH INC.
treebetty
Trill Project, Inc.
True Wine
Virtue
warehouse apps LLC
WeParent
WishUpon
Wysa
Zimela

メディア

Apple Entrepreneur Campの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000