新着情報 1月 8, 2020

Apple、歴史に残る一年に続く、サービスの新たな時代を祝う

様々なサービスの画像
Appleは当社のサービス製品について歴史に残るような記録と共に2019年という年を終えました。2019年は、Apple Arcade、Apple TV+、Apple News+、Apple Cardを発表した年であると同時に、App Store、Apple Music、iCloudなど、Appleだけが創造·提供できるユーザー体験が引き続き成功を収めた一年でもありました。Appleはお客様に対して、並ぶものがないレベルでプライバシーとセキュリティを重視しながら、最高品質のサービスをお届けすると共に、クリエイターおよびソフトウェア開発者の皆さまには、その創造力にあふれるビジョンを世界中の人々に披露する機会も提供しています。
「2019年は、Appleの歴史始まって以来のサービス事業が大躍進した年でした。お客様にいくつもの新しいユーザー体験をご紹介しましたが、そのすべてにお客様のプライバシーとセキュリティに対する基準が設けられています。私たちの新しい十年は途方もない勢いに乗り、当社のサービス製品を大歓迎で受け入れていただいているお客様に対する大きな感謝と共に始まります。そして私たちは引き続き、世界で最高のクリエイター、ストーリーテラー、ジャーナリスト、アプリケーション開発者の皆さんの作品を支援してまいります」と、Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデント、エディー·キューは述べています。
Appleが継続的に注力する、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの統合における深化は、2019年、当社の全てのプラットフォームで新たな高みに到達しました。
App Storeは、世界で最も安全で最も活況を呈しているアプリケーション市場で、毎週5億人以上の人々が訪れています。App Storeは、ユーザーが安心してソフトウェアを見つけられる場所、あらゆる事業規模のアプリケーション開発者が世界155か国のお客様との接点を見いだせる場所であり続けます。App Storeが2008年に登場して以来、アプリケーション開発者は累計1550億ドル以上の利益を得てきました。しかも、その利益の1/4は昨年一年だけで得られたものです。2020年を迎えた今その興奮の度合いを測る尺度として、クリスマスイブから大晦日までの期間に、App Storeにおけるお客様の購入額は過去最高の14億2000万ドルに達したこと(昨年比16パーセント増)さらに、購入額は2020年元旦だけで3億8600万ドルに上り(昨年比20パーセント増)これは、単日売上として新たな記録を樹立しました。
iPhone上のApp Store。
毎週5億人以上の人々が訪れるApp Storeではアプリケーション開発者は累計1550億ドル以上の利益を得てきました。
Apple Musicは音楽リスニング体験のすべてが揃ったサービスで、6000万以上の楽曲、世界的な音楽のエキスパートとインフルエンサーの選曲による何千ものプレイリストと世界115か国にて日々セレクションが用意されています。Apple Musicは、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、Mac、HomePod、CarPlayで楽しめる最高の音楽サービスです。新機能である音楽に同期する歌詞表示は2019年の目玉で、50パーセント以上のリスナーが同機能をiOS 13の下で利用しています。革新的なラジオステーションのBeats 1は、フランク·オーシャン、ニッキー·ミナージュ、ザ·ウィークエンド、DJキャレド、エルトン·ジョンの独占ショーも配信しています。また、Apple Musicは、そのグローバルプラットフォームを様々なキャリアレベルにあるアーティストやソングライターにも開放し、新規·既存のオーディエンスにリーチする手段を提供しています。
iPad上のApple Music。
Apple Musicは音楽リスニング体験のすべてが揃ったサービスで、6000万以上の楽曲、世界的な音楽のエキスパートによる日々のセレクションを提供しています。
Apple TV+は世界有数の物語の作り手が手掛ける Apple Original 作品(ザ·モーニングショー、ディキンスン、フォー·オール·マンカインド、SEE~暗闇の世界、サーヴァント~ターナー家の子守、その他)だけを集めたビデオ配信サービスです。Apple TV+はビデオ配信プラットフォームとしては初めて、サービス開始の初年度に複数のゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞にノミネートされたことで歴史を作りました。Apple TV+はまた、サービス開始の最初から世界100以上の国·地域で同時にサービスを展開している最初かつ唯一のビデオ配信サービスです。
Apple TVアプリケーションは、番組、映画、その他のビデオコンテンツを見つけて視聴する方法を一個所にまとめたアプリケーションで、iPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchに加え、Samsung製スマートTV、Roku、Amazon Fire TV などの他社製デバイスでも利用できるほか、今年後半にはLG、Sony、VIZIO各社のスマートTVでも提供される予定です。Apple TVアプリケーションでは現在30以上のApple TVチャンネルが提供されています――プレミアムビデオサービスに対する直接のサブスクリプションで、広告表示は一切なく、視聴はオンラインでもオフラインでも、いつでも好きな時にオンデマンド型で可能――これらが単一のアプリケーション内で完結しています。
Apple TVのWatch Nowの画面。
Apple TVアプリケーションではApple TV+、Apple TVのチャンネル、iTunesのビデオライブラリにアクセスできると同時に100,000本以上のビデオをレンタル、購入することができます。
Apple Arcadeは、App Store内に用意された革新的なゲームサブスクリプションサービスで、100本以上の新作·独占ゲームの全カタログに、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVの全デバイスから無制限にアクセスしてプレイできます。Apple Arcadeは、Sayonara Wild Hearts、Assemble with Care、Mini Motorways のような人気ゲームを特色とするほか、2020年も毎月、新作ゲームや既存ゲームの新規エピソードが追加されていく予定です。
Apple TV、MacBook Air、iPadとiPhone上のApple Arcade。
Apple Arcadeは、購読者に100本以上のApp内課金なしの独占ゲームのカタログを提供しています。
Apple Newsは、米国、英国、オーストラリア、カナダにおいて1億人以上の月間アクティブユーザーに利用されており、選りすぐりの情報ソースから提供されるニュースに対する利用者のアクセス方法に革新をもたらしました。Apple News+は、数百を数える世界トップクラスの雑誌や主要新聞の購読をオールインワンで可能にしたサブスクリプションサービスです。2020年には、Apple Newsは米国大統領選挙に関する主な出来事を ABC News との提携によりライブ配信していく予定です。
iPhone上のApple News+。
Apple Newsは、数百を数える世界トップクラスの雑誌や主要新聞の購読をオールインワンで可能にしたサブスクリプションサービスです。
Apple Podcastは、娯楽、情報、啓発などを目的とした無料のオーディオストーリーを提供してきましたが、今では世界155か国から80万以上の番組がリスナーに提供されており、再生デバイスの数もかつてないほど増えています。Podcatアプリケーション内で話題や人物などをキーワードに検索すれば、それに該当する新しい番組やエピソードを見つけることができます。
iPhone上のApple Podcasts。
Podcastは世界155か国で、80万以上の様々なカテゴリーの番組が提供されています。
Apple Card と Apple Pay は、商品やサービスに対する支払手段を提供するものとして革新を牽引しています。先月、米国ではiPhoneの新規購入に伴う Apple Card を通じた月払いが開始されましたが、この場合、24か月に及ぶ分割払いに対する金利はゼロとなります。2019年には、世界150以上の競技場、野球場、アリーナ、娯楽施設への入場時に、iPhone や Apple Watch の非接触型チケットが利用できるようになりました。また、上海、北京、東京、モスクワ、ロンドン、ニューヨークといった世界有数の大都市では、Apple Payを使って公共交通を利用できるようになっています。2020年には、iPhone や Apple Watch をタップするだけで電車やバスに乗車できる都市は、ワシントンD.C.、深圳市、広州市、仏山市とさらに増える予定です。米国内のさらに多くの大学でも、iPhone や Apple Watch をタップするだけで学生寮への入退室や各種サービスの利用が可能になります。
iPhone上のApple Card。
Apple CardとApple Payは財政的に健全な生活を送ることができるようデザインされています。
iCloudは、お客様の写真、ビデオ、書類、アプリケーションのデータなどを安全かつ最新の状態に保ちながら、それを使用している全デバイスからシームレスに利用可能にするというユーザー体験に威力を発揮します。iCloudユーザーの実に75パーセント以上が2ファクタ認証による保護(自分のアカウントやデータには自分以外の誰もアクセス不可できないことを確実にするために設計された追加のセキュリティレイヤー)を利用しています。ファミリー共有は、最大6名の家族メンバーで、Apple TV+、Apple News+、Apple Arcade、Apple Music、iCloudストレージプランといったAppleのサービスを共有可能にするもので、これにより、購入した個々の楽曲、映画、テレビ番組、ブック、アプリケーションを家族で一緒に楽しむことができます。
iPhone上のiCloud画面
iCloudは安全にお持ちのコンテンツを保存し、全デバイスにて最新の状態に保っています。
2020年、Appleは引き続き、お客様を始め、アプリケーション開発者、クリエイターの皆さまに役立つことに専心しながら、当社オリジナル作品、映画、ポッドキャスト、音楽、ニュース、ゲーム、アプリケーション、ペイメントその他、Appleだけが提供できる独自のユーザー体験を通じて、私たちの新たなレベルの創造力、選別力、革新性を、皆さまにお届けしていきます。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000