プレスリリース 3月 18, 2020

Apple、LiDARスキャナを搭載した新しいiPad Proを発表、iPadOSでトラックパッドに対応

iPad Proのために作られた新しいMagic Keyboardは、フローティングデザイン、バックライトキーボードそしてトラックパッドを特長とし、iPad史上最高のタイピング体験を提供します。

新しいiPad Pro
これまでで最も先進的なiPad Proと新しいMagic Keyboardの登場です
Appleは本日、最も先進的なiPad Proを発表しました。A12Z Bionicチップを搭載したiPad Proは、ほとんどのWindowsノートパソコンよりも高速で、よりパワフルです。iPad Proは、超広角カメラとスタジオ品質のマイク、それに最先端の深度検出能力を可能にする画期的なLiDAR(ライダー)スキャナをを追加し、これまで以上にプロのワークフローを可能にするほか、プロ向けの写真やビデオアプリケーションをサポートしています。LiDARスキャナとともに、プロのカメラ、モーションセンサー、プロのパフォーマンス、プロのオーディオ、目を見張るほど美しいLiquid Retinaディスプレイ、そしてパワフルなアプリケーションは、iPad Proを拡張現実(AR)のための世界最高のデバイスへとさらに牽引します。 新しいiPad Proは本日より、apple.com/jpで注文できます。
iPadOS 13.4でiPadがトラックパッドに対応することで、お客様は全く新しい方法でiPadを使うことができるようなります。Appleは、macOSでの体験をそのまま持ってくるのではなく、トラックパッドの対応はiPadのために一から作り直しました。ユーザーがトラックパッドの上で指を動かすと、ポインタが洗練された形で変形してユーザーインターフェイスの要素をハイライト表示します。トラックパッド上のMulti-Touchジェスチャーは、手を全く持ち上げることなく、システム全体で素早く、簡単に操作することができます。
新しいiPad ProとMagic Keyboard
トラックパッドを搭載したiPad ProのためのMagic Keyboardは、iPad史上最高のタイピング体験を提供します
Appleは本日、iPad Proのための新しいMagic Keyboardを発表しました。スムーズな角度調整が可能なフローティングデザイン、バックライトキーボードとトラックパッドを搭載したMagic Keyboardは、iPad史上最高のタイピング体験を提供します。Magic Keyboardは5月に発売予定です。
「新しいiPad Proはこれまでモバイルコンピューティングになかった先進的なテクノロジーを実現しました。最も先進的なモバイルディスプレイに、パワフルなパフォーマンス、プロのカメラ、プロのオーディオ、画期的なLiDARスキャナ、それにトラックパッドを搭載した新しいMagic Keyboardを組み合わせ、iPadはさらに大きく飛躍しました。新しいiPad Proのようなデバイスは世界を見渡しても他にはありません。お客様には大いに気に入っていただけると思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィル·シラーは述べています。
「私たちは、iPadOSでトラックパッドに対応することでiPad Proを今まで以上に高機能かつ多才なデバイスにします。私たちは、お客様がiPadに期待し、気に入っているすべてを維持しながら、タッチを前提とした環境にトラックパッドの対応を組み込む最良の方法を注意深く考えました。今日iPadOSを使っている何百万人もの人々に、このiPadとの新しい付き合いかたをお届けできることに興奮しています」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ·フェデリギは述べています。

A12Z Bionicチップによるプロのパフォーマンス

4Kビデオの編集や3Dモデルのデザインなど非常に高い処理能力が要求される作業をこなせるよう、iPad Proは新しいA12Z Bionicチップを搭載することで一段と性能を向上させています。A12Z Bionicの8コアGPUは、高度な熱設計と調整されたパフォーマンスコントローラとともに、iPad史上最高のパフォーマンスをiPad Proに与えます。iPad Proの薄くて軽いデザインの中に搭載された8コアCPUと次世代のアプリケーションを可能にするパワフルなNeural Engineを組み合わせたチップは、他のチップでは不可能で信じられないような性能を実現します。最大10時間のバッテリー駆動時間1、より高速なWi-Fi接続2、そして他のどのタブレットより多くのLTEバンドをサポートし60%高速なギガビット級LTEにより、お客様は一日中生産的かつ創造的でいることができます。
新しいiPad Proでビデオ編集
Neural Engineを持つA12Z Bionicチップは、信じられないほどの高性能を提供し、次世代のアプリケーションを可能にします。

Proディスプレイ

端から端まで広がるLiquid Retinaディスプレイは、11インチと12.9インチの両サイズとも、世界で最も先進的なモバイルディスプレイです。P3の広色域をサポートし、写真、ビデオ、アプリケーション、それにゲームを、鮮やかで実物に迫るディテールで再現することができます。ProMotionテクノロジーは自動的にディスプレイのリフレッシュレートを最大120Hzまで調整し、非常にスムーズなスクロールと反応を実現します。お客様がiPad Proをどこに持っていって、どう使おうとも、True Toneと高輝度、そして反射防止コーティングが、あらゆるモバイルデバイスの中で最高のディスプレイ体験を提供します。
iPad Pro上のProCreate
True Tone、高輝度そして反射防止コーティングを特長とする美しいLiquid Retinaディスプレイは、他のどのモバイルデバイスでも不可能な、信じられないようなディスプレイ体験を提供します。

プロのカメラ

iPad Proのプロのカメラシステムは、美しい写真や4Kビデオを撮影できる12MPの広角カメラを搭載し、これに加えて、2倍ズームアウトすることでより広い視野で被写体を捕らえることができる10MPの超広角カメラを搭載しました。二つめのカメラが加わったことで、写真やビデオの可能性が倍増し、様々な視点や複数カメラの使用が可能となり、クリエイティブプロに大きな変革をもたらします。
iPad Proのカメラ
iPad Proは美しい写真や4Kビデオが撮影できるほか、10MPの超広角カメラも搭載しています。

スタジオ品質のマイクが付いたプロのオーディオ

iPad Proは、極めてクリーンなオーディオと、最も小さなディテールまで捕らえるスタジオ品質のマイクを5つ搭載するほか、どんな持ち方をしても、どんな方向にも自動的に音を調整する4つのスピーカーオーディオにより、没入感のあるサウンド体験を提供します。プロのカメラ、プロのオーディオ、そして広いディスプレイの組み合わせが、iPad Proを映画製作者、ビデオプロフェッショナル、ポッドキャスター、コンテンツクリエイターなどクリエイティブプロのための多才なモバイルスタジオに変身させます。
スタジオでのiPad Proのライフスタイル写真
来月リリースされるFiLMiC ProのDoubleTakeのようなアプリケーションは、プロのカメラやスタジオ品質のマイクを活用してiPad Proをモバイルビデオプロダクションスタジオに変身させます。ここで紹介しているアプリケーションの機能は例を示すもので、各アプリケーションで現在利用できない場合があります。利用できる機能についてはアプリケーション開発者にご確認ください。

画期的なLiDARスキャナ

画期的なLiDARスキャナが、これまでどのモバイルデバイスでも不可能だった機能を可能にします。LiDARスキャナは、最大5メートル先の周辺の対象物までの距離を計測し、屋内でも屋外でも使うことができ、ナノ秒のスピードで光子レベルで動作します。iPadOSの新しい深度フレームワークは、LiDARスキャナが計測した深度ポイント、両方のカメラとモーションセンサーからのデータを組み合わせ、さらにA12Z Bionicのコンピュータビジョンのアルゴリズムで強化されて、シーンをより詳細に理解します。これらの要素が密接に統合されて、iPad Pro上で全く新しいレベルのAR体験が可能になるのです。
既存のすべてのARKitアプリケーションは自動的に、インスタントARでの配置、そして強化されたモーションキャプチャとピープルオクルージョンが使えるようになります。新しいシーンジオメトリーAPIを含むARKitの最新のアップデートを使うことにより、デベロッパは新しいLiDARスキャナのパワーを引き出し、これまで不可能だった新しいシナリオを解き放つことができるようになります。
LiDARスキャナは計測アプリケーションを改良し、人の身長測定を速く簡単にできるようになったほか、便利な縦と端のガイドが自動的に表示されるため、より素早く、正確に対象物を測定できるようになりました。計測アプリケーションには新たにルーラービューが加わり、より細かい測定値が見れるようになったほか、これまでに測定した対象物のリストをスクリーンショットと一緒に保存してあとで必要になった時に備えることもできるようになりました。

iPadOSがトラックパッドに対応

iPadOS 13.4でiPadは初めてトラックパッドに対応します。より自然なタイピング体験が可能になり、文章の作成や文字の選択、スプレッドシートやプロのワークフローといったタスクをより正確に行なえるようになります。iPadでのタッチを前提とした体験のためにデザインされたカーソルは、ホーム画面とDockでは、アプリケーションをハイライトする円として現れ、ユーザーインターフェイス要素、そしてテキストフィールドでは、ユーザーがクリックできるものを明確に示します。トラックパッド上でのなめらかなジェスチャーは、アプリケーション間の切り替え、アプリケーションスイッチャーへのアクセス、それにDockやコントロールセンター、そしてSlide Overにあるアプリケーションの表示を簡単にします。
iPadOSのトラックパッド対応は、お客様が毎日使うアプリケーションとうまく機能するように設計されています。Safariでウェブページや写真アプリケーションで写真ライブラリをスムーズにスクロールしたり、メモアプリケーションで文章を正確に編集したり、メールアプリケーションでメールを素早く表示させて整理したりといった場面で、iPadでトラックパッドを気持ちよく使うことができます。ほとんどのサードパーティアプリケーションは全く変更することなく使うことができます。またデベロッパは一歩進んで、新しいAPIを使って、それぞれのアプリケーションでユニークな体験を提供することができるようになります。
生産性を上げるためのiWorkがアップデートされます。Keynote、PagesそしてNumbersアプリケーションのアップデートでは、トラックパッドを最大限に活用しています。Pagesでは文章の作成と編集がとても簡単にできます。Keynoteで複数のオブジェクトを扱うのはこれまで以上に簡単です。そして、より精度の高い操作で、極めて大きなスプレッドシートでの作業も楽にできます。新しいテンプレートがPagesとKeynoteには追加され、美しい資料を作ることができるようになりました。また、iWorkとしては初めてドロップキャップを設定することで、段落の最初の文字を大きく、美しい装飾で際立たせられるようになりました。また、iCloudフォルダの共有、共有ドキュメントのオフライン編集などのサポートにより、共同制作がいっそう簡単にできるようになります。
新しいiPad Proでのトラックパッド対応を示すビデオ
iPadOS 13.4ではiPadがトラックパッドに対応し、より自然なタイピング体験が可能になります。

Magic Keyboardが加わったプロのアクセサリ

第2世代のApple Pencil4とアップデートされたSmart Keyboard Folio5に加わるのが新しいMagic Keyboardです。iPad Proにマグネットで取り付けられるMagic Keyboardは、美しいMulti-Touchスクリーンをディスプレイとして、そのフローティングデザインにより、膝の上でもデスクの上でも同じように楽に使うことができます。ユニークなカンチレバー式のヒンジにより最大130度まで視野角をスムーズに調整することができます。持ち運びやすく、しっかり保護するMagic Keyboardのデザインは、バックライトキーと、キーの運びが1mmのシザー構造を持つフルサイズキーボードを搭載し、iPad史上最高のタイピング体験を提供します
Magic KeyboardはUSB-Cを使ったパススルー充電が可能で、iPad ProのUSB-Cポートを外付けドライブやディスプレイなどのアクセサリのために空けておくことができます。Magic KeyboardのどこでもクリックできるトラックパッドはiPadのタッチを前提とした設計を補完する形で操作を簡単にしたり、より正確な調整を可能にし、iPad Proの体験にさらに汎用性と生産性を加えます。
Magic KeyboardとApple Pencilと並ぶ新しいiPad Pro
iPad ProのためのMagic Keyboardがフローティングデザインで美しいMulti-Touchスクリーンをディスプレイに。
価格と販売について
  • 新しいiPad Proは、米国を含む世界30カ国と地域で、apple.com/jpとApple Store®で本日より注文、来週より店頭で販売になります。
  • 新しい11インチと12.9インチのiPad Proには、シルバーとスペースグレイ仕上げが用意されています。標準構成の128GBでもプロのお客様が使われるアプリケーションやコンテンツに充分の容量がありますが、この他にも256GB、512GBそして1TBの構成が用意されています。
  • 11インチのiPad Proは、Wi-Fiモデルが84,800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが101,800円(税別)から、そして12.9インチモデルは、Wi-Fiモデルが104,800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが121,800円(税別)からで、apple.comから購入することができます。
  • 学生および教職員の皆様には教育関係者向け価格が設定されています。価格は、新しい11インチiPad Proが79,800円(税別)から、12.9インチiPad Proが94,800円(税別)からです。大学生向けには、第2世代のApple Pencilが13,400円(税別)、そして新しいiPad Pro用の新しいSmart Keyboard Folioは、11インチのiPad Pro用が16,800円(税別)、12.9インチのiPad Pro用が18,800円(税別)で販売されます。大学生向けには、iPad Pro用のMagic Keyboardは、11インチのiPad Pro用が29,800円(税別)で、12.9インチのiPad Pro用が35,800円(税別)で販売されます。詳しくは、 apple.com/us-hed/shopをご覧ください。
  • マウスおよびトラックパッドに対応したiPadOS 13.4は、すべてのiPad Proモデル、iPad Air 2以降、iPad第5世代以降、そしてiPad mini4以降を対象に、無料アップデートとして3月24日から提供されます。
  • トラックパッドへの対応はiPadOS 13.4を搭載したすべてのiPadで利用可能で、AppleのMagic Mouse 2、Magic Trackpad 2そしてiPad ProのためのMagic Keyboardと一緒に使うことができます。BluetoothまたはUSB接続のサードパーティのマウスにも対応します。
  • iPad ProのためのMagic Keyboardは5月に、11インチのiPad Pro用が31,800円(税別)で、12.9インチのiPad Pro用が37,800円(税別)で販売されます。日本語、簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、そしてスペイン語を含む30カ国語のレイアウトが用意されています。
  • iPad Pro用の第2世代Apple Pencilは14,500円(税別)で販売されます。新しいiPad Pro用の新しいSmart Keyboard Folioは色がスペースグレイで、11インチのiPad Pro用が18,800円(税別)、12.9インチのiPad Pro用が20,800円(税別)で販売されます。日本語、簡体字中国語、フランス語、ドイツ語、そしてスペイン語を含む30カ国語のレイアウトが用意されています。
  • 米国のお客様は条件を満たすデバイスを下取りに出すと、下取り額分のApple Storeギフトカードまたは新しいApple製デバイスの購入価格が割引になります。デバイスが下取りの条件を満たさない場合は、Appleが無料でリサイクルします6
  • Appleからオンラインで新しいiPadを購入する場合、無料の刻印サービスを利用して、自分だけのiPadにすることができます。
  • お客様はAppleCare+によって保証期間を延長し、テクニカルサポートに優先的に問い合わせることができます。
  • AppleからiPadをご購入いただいたすべてのお客様に、Apple直営店またはオンラインでのパーソナルセットアップを無料で提供します。iPadのカスタマイズ方法、電子メールの設定方法、App Storeでの新しいアプリケーションの探し方など、様々な内容についてアドバイスを受けることができます。
  • iPadとiPadOSについて詳しく知りたいお客様はどなたでも、apple.com/jp/today で Today at Appleセッションに無料でお申し込みいただけます。
*文中にある配信アプリケーション、コンテンツの状況は各国により異なる場合があります。

    1 バッテリー駆動時間は各種設定、使用方法、その他の要素によって変わります。実際の結果は異なる場合があります。
    2 一世代前のiPad Proとの比較結果です。
    3 ネットワークの速度は携帯電話会社の回線速度により変動します。
    4 第2世代のApple Pencilは別売りです。
    5 Smart Keyboard Folioは別売りです。
    6 デバイスが下取りの条件を満たさない場合は、Appleが無料でリサイクルします。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000