プレスリリース 5月 4, 2020

Apple、世界開発者会議を6月22日よりオンラインで開催

Swift Student Challenge への応募は本日より5月17日まで

ミー文字の WWDC 2020 ポスター。
Appleは、6月22日より、史上初の試みとしてオンラインで世界開発者会議を開催します。
カリフォルニア州クパティーノ――Appleは本日、当社の年次イベントである世界開発者会議(以下、WWDC)を6月22日よりオンラインで、Apple DeveloperアプリケーションApple Developerウェブサイトを通じ、すべての開発者を対象に参加費無料で開催することを発表しました。また、学生の皆さんが開発者として自身のコーディングの腕前を Swift Playground 作品を通じて披露できるチャンスとして、Swift Student Challengeを開催することも併せて発表しました。今年2020年で31年目となるWWDC(WWDC20)は、世界中の何百万ものクリエイティブで革新的な開発者の皆さんが 未来のiOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS にいち早く触れ、Appleのエンジニアから学びながら作業して、全世界のAppleのお客様の生活を豊かにするアプリケーションの体験を生み出せるような機会となります。
「WWDC20は、2300万人以上の開発者を擁するAppleのグローバルの開発者コミュニティが6月の1週間に、かつてない方法で集結してAppleプラットフォームの未来について学ぶ、過去最大のイベントになることが見込まれます。グローバルの開発者コミュニティの皆さんと6月にオンラインでお会いし、開発者の皆さんがこれまで以上に素晴らしいアプリケーションやサービスを作り出すのを支援するべく、私たちがこれまで取り組んできた新しいツールのすべてをお伝えするのが待ち切れない思いです。WWDC20の詳細については、このエキサイティングなイベントの開催日に近付く中で徐々にお知らせしていこうと思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ‧シラーは述べています。
「学生の皆さんはAppleの開発者コミュニティに不可欠な部分を担っています。昨年のWWDCには世界37の国と地域から350人以上の学生の皆さんをお招きしました。WWDC20の開催を臨む中で、今年はオンラインの会合となるわけですが、私たちは、世界中から集う若き開発者たちの創造的な貢献を意識してこれを称賛したいと考えています。次世代の思想家たちが自身のアイディアを Swift Student Challenge を通じて具現化してくれるのをとても楽しみにしています」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ‧フェデリギは述べています。
Swift Playgroundsは iPad と Mac のために用意されている革新的なアプリケーションで、コードを実際に動かして楽しみながらプログラミング言語である Swift が学習できるようになっています。そして、本日より5月17日23時59分(太平洋夏時間;日本時間では5月18日15時59分)までに、世界中で開発に取り組んでいる学生の皆さんを対象に、Swift Playground で作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集します。優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットを進呈します。詳細については developer.apple.com/wwdc20/swift-student-challenge をご覧ください。
開発者の皆さんには、事前に Apple Developer アプリケーションをダウンロードして準備しておいてください。WWDC20の開催要項――基調講演、各プラットフォームの指針を示す Platforms State of the Union、セッションおよびラボのスケジュールなどは、6月に入ってから、このアプリケーションを通じてお知らせします。WWDC関連の情報は Apple Developer ウェブサイトおよびメールでもお知らせします。
App Storeは、今や世界175の国と地域に広がり、世界で最も安全で活気にあふれたアプリケーションの市場として、毎週5億人以上の人々が訪れています。App Storeは、ユーザーには新しいアプリケーションを見つけられる場所、開発者には事業規模に関係なく自作のアプリケーションを世界中のお客様に届けられる場所として認知されています。App Storeは、開発者が自身の事業を構築するための多数の手段を提供しており、その2008年の登場以来、私たちの文化に影響を及ぼし人々の生活を変えてしまうような革新的なアプリケーションが、多数の開発者によって生み出されています。
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの5つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人以上の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000