プレスリリース 7月 21, 2020

Apple、2030年までに
サプライチェーンの 100%
カーボンニュートラル達成を約束

温室効果ガスの排出でカーボンニュートラルを達成しているAppleが、 総合的なカーボンフットプリントをIPCC目標に20年前倒しでネットゼロを達成すると計画

オレゴン州のモンタギュー風力発電基地で稼働しているウインドタービン。
オレゴン州にあるモンタギュー風力発電基地は、Apple最大の200メガワット級の電力プロジェクトのひとつで、同州プラインビルにあるAppleのデータセンターに電力を供給しています。
カリフォルニア州クパティーノ──Appleは本日、事業全体、製造サプライチェーン、製品ライフサイクルのすべてを通じて、2030年までに気候への影響をネットゼロにすることを目指します。
Appleは今日の段階でグローバルな企業運営において既にカーボンニュートラルを達成していますが、今回の新たな目標では、販売されるすべてのAppleのデバイスについても、2030年までに気候への影響をネットゼロにすることを目指します。
「企業はこれまで以上に持続可能な未来、すなわち、私たちが共有している地球という星に対して、私たちが抱いている共通の思いから生まれる未来を築くための貢献をする重大な局面にいます。Appleの環境に対する取り組みを支えているイノベーションは、地球環境にとって良いだけでなく、当社製品のエネルギー効率をさらに高め、クリーンエネルギーの新たな資源を世界中で稼働させることにも役立っています。気候変動に対するアクションは、新時代のイノベーションの可能性、雇用創出、持続的な経済成長の礎になり得るのです。カーボンニュートラルに対する当社の取り組みが波及効果をもたらし、さらに大きな変化を生み出すことを期待しています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クックは述べています。
気候変動に対する影響を減らすべく各産業が模索していることから、Appleはカーボンニュートラルを実践する上での自社のアプローチの詳細を、他企業に向けてロードマップと共に提供しています。Appleの環境に関する2020年の進捗報告書(本日公開)では、当社全体の温室効果ガスの排出量(カーボンフットプリント)を2030年までに現在の75%減とする計画を詳述すると共に、残り25%の二酸化炭素を除去するための革新的なソリューションの開発についても言及しています。
太陽光発電所に設置されたソーラーパネル。
Appleが調達する再生可能エネルギーの80%以上は、自らが手掛けた電力プロジェクトから生み出されています。
こうした取り組みをさらに押し進めていくために、Appleはインパクトアクセラレーターを設立し、ここを通じてマイノリティ所有の事業に対して集中的に投資することで、自社のサプライチェーンと、過度なまでに環境ハザードの影響を受けているコミュニティで好ましい結果を生み出そうとしています。このアクセラレーターはAppleが最近発表した、1億ドル規模の予算で教育、経済的平等、刑事司法改革に関わる取り組みに専心する人種の平等と正義のためのイニシアティブ(Racial Equity and Justice Initiative)の一環として用意されます。
「当社の環境に対する取り組みと、持続可能な未来を実現するために用意した大規模なロードマップに私たちは誇りを持っています。制度化された人種差別と気候変動は個別の問題ではなく、個別の解決策で扱われるべきではありません。私たちはより環境に優しくより公平な経済環境を築き上げる歴史的な局面を迎えていて、そこで私たちは次世代の人々に、我が家と呼ぶにふさわしい地球を残そうという目標の下、まったく新しい産業界を作り出そうとしています」と、Appleの環境·政策·社会イニシアティブ担当バイスプレジデント、リサ·ジャクソンは述べています。

Appleの気候ロードマップ

Appleが掲げる10年間のロードマップでは、以下に示す一連の革新的なアクションにより、温室効果ガス排出量を削減します:
低炭素の製品デザイン:Appleは引き続き、当社の製品に低炭素の再生材料を使用し、画期的な方法で製品のリサイクルに取り組み、可能なかぎりエネルギー効率が高くなるような製品デザインを心がけていきます。
  • Appleの最新のリサイクル作業ロボット “Dave” は、iPhone分解ロボット “Daisy” の作業ラインの後続ステップで、iPhone から Taptic Engine を取り出して希土類の磁石やタングステンといった主要素材を効率よく回収しながら鉄の再生も可能にしています。
  • テキサス州オースティンにあるMaterial Recovery Lab(素材再生研究所)は革新的な電子部品リサイクル技術に特化していますが、現在はカーネギーメロン大学と協力して、さらなるエンジニアリングソリューションの開発に取り組んでいます。
  • 昨年発売された iPhone、iPad、Mac、Apple Watch はすべて、iPhoneの Taptic Engine で使われる100%リサイクルされた希土類元素を含め、再生材料で作られています。これはAppleにとっても、スマートフォンでも初めての試みです。
  • Appleは2019年、自社製品におけるデザインとリサイクル素材の活用を通じて430万メートルトン分のカーボンフットプリント削減を達成しました。過去11年にわたり、Appleは製品使用に必要な平均的なエネルギーを73%削減しています。
Appleの最新のリサイクルロボットである Dave は、将来の製品で再利用できるようiPhoneの部品から素材を回収します。
エネルギー効率の拡大:Appleは当社施設でのエネルギー使用を削減する新たな手法を確認し、当社サプライチェーンでも同じ手法を採用するように働きかけていきます。
  • Appleとの新たな提携を通じて、US-China Green Fund は1億ドルを投資して、Appleのサプライヤー企業における省エネルギープロジェクトを推進します。
  • Appleが主導する Supplier Energy Efficiency Program に参加した施設数が、2019年には92に増えました。これらの施設は、当社サプライチェーン内からの二酸化炭素排出量を年間779,000メートルトン以上も削減しました。
  • 昨年、Appleはエネルギー効率をさらに高めるために、新築·既存ビルディングの延床面積640万平方フィート以上に投資して電力ニーズを1/5ほど削減し、2700万ドルを節約しました。
地上数百フィートの高さで修理作業に励むウインドタービン上の作業員。
この種のものとしては初となる投資ファンドを通じて、Appleと中国国内の当社サプライヤー10社は約3億ドルを投資し、複数のプロジェクトで合計1ギガワットの再生可能エネルギーを産出する取り組みを始めました。
再生可能エネルギー:Appleは今後も100%再生可能エネルギーで企業運営を継続します。新規の電力プロジェクトを興し、当社のサプライチェーン全体をクリーンエネルギーに移行させることに注力していきます。
  • Apple製品の生産を100%再生可能エネルギーで賄うことを確約したサプライヤーは現在では70社以上を数えますが、これは当社製品の製造に使用される電力の約8ギガワット分に相当します。これが達成されると、年間1430万メートルトン以上のCO2e排出を削減したことになりますが、これは道路から毎年300万台以上の自動車を減らすことに相当します。
  • アリゾナ、オレゴン、イリノイ各州での新規および既発の電力プロジェクトによりAppleにもたらされた企業運営のための再生可能エネルギーは1ギガワットを超えました。これは15万世帯分以上の1年分の電力に相当します。Appleが自社施設のために調達する再生可能エネルギーの80%以上は、Apple自身が手掛けた電力プロジェクトから生み出されており、コミュニティやApple以外の企業にも利益を与えています。
  • グローバルでは、Appleはスカンジナビアで世界最大規模の新しい太陽光発電所の1つに着手する一方で、フィリピンおよびタイの行政サービスが行き届いていないコミュニティに電力を供給する新規プロジェクト2件にも取り組んでいます。
Appleデータセンターのサーバールームにいる2人の従業員。
2014年以来、Appleのデータセンターはすべて100%再生可能エネルギーで電力が賄われています。
工程と材料における革新:Appleは当社製品に必要な工程と材料に対する技術的な向上を通じて温室効果ガスの削減に取り組んでいます。
  • Appleはアルミニウム担当の当社サプライヤー2社への投資と協力を通じて、初の試みである直接的な、炭素を含まないアルミニウム精錬プロセスの開発を支援しています。
  • Appleは本日、この低炭素アルミニウムの初の産出品が、16インチMacBook Proでの使用を目的とした生産に用いられていることを発表する予定です。
  • 当社サプライヤーとの協力を通じて、Appleは2019年にはフッ素化ガスからの排出量を242,000メータートン以上も減らしています。フッ素化ガスは一部のコンシューマーエレクトロニクス部品の製造に使われ、地球温暖化に影響を及ぼす可能性があります。
アルミニウム製造工場で精錬プロセスを監視している工場作業員。
Appleは、精錬プロセス時に温室効果ガスではなく、酸素を放出するアルミニウム製造手法の開発を支援しました。
二酸化炭素の除去:Appleは、大気中の二酸化炭素を除去するために、世界中で森林やその他の自然に基づくソリューションに投資しています。
  • Appleは本日、この種のものとしては初となる、森林と自然生態系の回復と保護に向けて投資する低炭素化ソリューションのためのファンドについて発表します。
  • Appleはまた、Conservation International と協力して、ケニヤの低質化したサバンナの復旧や、コロンビアの活気あるマングローブの生態系のような既存研究からの知見に基づく新規プロジェクトにも投資を始めます。マングローブは沿岸を保護するだけでなく、それが生える地域のコミュニティの暮らしも助けてくれますが、同時に地上の森林の10倍もの炭素を貯め込むことがあります。
  • Appleはさらに、The Conservation Fund、World Wildlife Fund、Conservation Internationalと協力して、100万エーカー以上の森林管理や、中国、米国、コロンビア、ケニヤにおける自然気候ソリューションの保護·向上に取り組んでいます。
Appleは世界中の政府機関、事業者、NGO、コンシューマーと連携しながら、世界的な気候変動に対するアクションの重要な要素である、環境保護とクリーンエネルギーへの移行を推進する政策を支援しています。本件に関する当社の事業計画の全貌と、当社のカーボンフットプリントの計測方法については、環境に関する2020年の進捗報告書にてご覧ください。当社サプライヤーの環境に対する取り組みの進捗状況については、apple.com/jp/environment をご覧ください。
共有

Appleのカーボンニュートラルへの取り組みの画像

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000