プレスリリース 10月 13, 2020

Apple、5G対応のiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表

パワフルなA14 Bionicチップ、Ceramic Shieldを使用したまったく新しいデザイン、Proのカメラシステム、LiDARスキャナ、iPhone史上最も大きいSuper Retina XDRディスプレイを搭載した最高のiPhone

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxが、プロユーザーがiPhoneに求めるすべてをもたらします。
カリフォルニア州クパティーノ — Appleは本日、iPhoneに最大限のものを求めるユーザーのために、パワフルな5G体験を提供し、イノベーションの限界を押し広げる先進的なテクノロジーを搭載したiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表しました。iPhone 12 Proの各モデルは、これまでで最も大きく隅々まで広がるSuper Retina XDRディスプレイを搭載し、新しいデザインを採用しています。まったく新しいCeramic Shieldで強化された前面のカバーで保護することにより、耐久性がiPhone史上最も大きく向上しています。スマートフォン史上最速のチップであるAppleが設計したA14 Bionicチップは、写真により一層のクリエイティブコントロールをもたらすまったく新しいApple ProRAWなどの素晴らしいコンピュテーショナルフォトグラフィ機能に力を与え、またワークフロー全体を通した最高60fpsのDolby Visionビデオ体験を実現しました。一新されたプロレベルのカメラシステムは広大な超広角カメラ、iPhone 12 Pro Maxにおいては焦点距離がさらに長い望遠カメラ、新しい広角カメラを備え、明るい環境でも低照度な環境でも、美しいプロフェッショナル品質の写真とビデオ撮影ができます。さらに、iPhone 12 Proの各モデルでは、臨場感あふれるAR体験のための新しいLiDARスキャナを搭載し、パワフルなワイヤレス充電と、iPhoneへ簡単に付けられる全く新しいアクセサリのエコシステムを提供するMagSafeも登場しました。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色のステンレススチールの仕上げからお選びいただけます。iPhone 12 Proの予約注文は10月16日(金)より開始、店頭販売は10月23日(金)から開始します。iPhone 12 Pro Maxの予約注文は11月6日(金)より開始、店頭販売は11月13日(金)からの開始を予定しています。
「これはiPhoneにとって大きな飛躍です。市場で最高の5G体験をもたらし、iPhoneに最大限のものを求めるユーザーに最も先進的なテクノロジーを提供します。これまで、各世代のiPhoneは我々がスマートフォンに期待するものを変えてきましたが、5Gに対応したiPhone 12 Proは新たな世代のパフォーマンスを提供します。ハードウェアとソフトウェアの緊密な統合は、より多くのカメラで使えるようになったナイトモード等のコンピュテーショナルフォトグラフィ機能を可能にし、Dolby VisionによるHDRビデオを可能にします。最先端のLiDARスキャナにより、ユーザーはこれまでにないARを体験できます。また、明るさの足りない場面でのより高速なオートフォーカスやナイトモードでのポートレート撮影といった利点をカメラにもたらします。これらの体験とさらに多くのことが、このiPhoneのラインナップを史上最高のものにしました」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ·ジョズウィアックは述べています。
ゴールドのステンレススチールの仕上げのiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max。
6.1インチのiPhone 12 Proと6.7インチのiPhone 12 Pro Maxは、iPhone史上最大のSuper Retina XDRディスプレイを搭載しています。

優れた5Gの体験

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでは、世界トップクラスのハードウェアと世界トップクラスのソフトウェアのシームレスな統合により、先進の5G体験を世界規模でご利用いただけます。iPhoneで5Gを使用すれば、高速なダウンロードやアップロード、より高品質のビデオストリーミング、よりキビキビと反応するゲームの体験、アプリケーション上でのリアルタイムなやり取り、高解像度のFaceTime通話などが実現します。また安全で高速に通信できるので、公衆無線LANに接続する必要性が減ります。
iPhone 12 Proの各モデルはほかのどんなスマートフォンよりも多い5G周波数帯に対応するため、世界中で最も幅広く5Gエリアをカバーします。1 米国で販売されるiPhone 12 Proのモデルは、5Gのうち、より高い周波数帯を使用するミリ波にも対応するため、人が多く混み合った場所でも最高4Gbpsの通信速度を実現します。また、iPhone 12 Proの各モデルにはバッテリー駆動時間を延ばすスマートデータモードが搭載されており、5Gが必要かどうかを賢く判断し、データ使用量、速度、電力のバランスをリアルタイムで調整します。
iPhone 12 Proに表示されているダウンロードライブラリ。
iPhone 12 Proモデルで5Gを使用すれば、高速なダウンロードや、よりキビキビと反応するゲームの体験、高解像度のFaceTime通話などが実現します。

パワフルで効率の高いA14 Bionic

他の追随を許さないA14 Bionicは、スマートフォン業界で初めて5ナノメートルプロセスを使ったチップです。これまでで最速かつ最も効率的なA14 Bionicは、他のスマートフォン向けの最速チップと比較して最大50パーセント高速のCPUとGPUを備えており、コンソールレベルのゲームの体験、パワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィなどを実現しつつ、素晴らしいバッテリー駆動時間をもたらします。機械学習の限界を押し広げ、A14 Bionicはパフォーマンスをこれまでより80パーセント向上させる16コアのNeural Engineを搭載しています。これは毎秒11兆回の演算を可能にし、最も過酷な機械学習モデルにおいても向上したパフォーマンスを実現します。
iPhone 12 Proでは夕暮れの写真にも簡単にフィルタを適用できます。
これまでで最速かつ最も効率的なA14 Bionicにより、パワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィが実現し、デバイス上で直接写真やビデオをさらにすばやく編集できます。

新しいデザインと革新的なディスプレイテクノロジー

高品質の素材で設計されたiPhone 12 Proは、洗練されたフラットなエッジの新デザインを採用しています。新しいデザインは医療に使われているものと同じグレードの美しいステンレススチール製フレームと精密でなマットな背面ガラスを使い、驚くほど強靭なCeramic Shieldを導入しています。Ceramic Shieldで強化された前面カバーは、他のスマートフォンのガラスより強靭で、高温結晶化ステップを新たに加えガラス母材内のナノセラミック結晶を析出させることで、ガラスを超え、耐落下性能が4倍向上しています。2
外枠を狭めて隅々まで広がる驚くほど大きなディスプレイを使い慣れたサイズに収めた、6.1インチのiPhone 12 Proと6.7インチのiPhone 12 Pro Maxは3、システムワイドのカラーマネジメントにより業界最高クラスの色精度を実現したSuper Retina XDRディスプレイを搭載しています。さらにiPhone 12 Pro Maxでは、これまでのiPhoneの中で最大のディスプレイと350万ピクセル近い最高の解像度によって、まるで現実の世界のような驚異的な視覚体験が可能です。これらのOLEDディスプレイはHDRビデオコンテンツを生き生きと映し出し、最大時の明るさは1,200ニトに達します。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、業界最高クラスのIP68等級の耐水性能があり、最大水深6メートルで最大30分間の水没に耐えるほか、コーヒーやジュースなどの日常的な液体に対する耐水性能を備えています。4
新しいフラットなエッジのデザインとCeramic Shieldの前面カバーを強調した、横から見たiPhone 12 Proの写真。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでは、ステンレススチールを用いたフラットなエッジのさらにレベルアップしたデザインを採用し、Ceramic Shieldの前面カバーにより耐久性が向上しました。

多彩なProカメラシステム

世界最高のプロのカメラは、A14 Bionicによる最先端のカメラハードウェアのおかげで、あらゆるレベルの写真やビデオの愛好家のための一層多彩なツールです。A14 Bionicは新しい画像信号プロセッサ(ISP)と共に画質を向上させ、伝統的なカメラでは実現できなかったパワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィを実現します。iPhone 12 Proの各モデルは、Appleのマルチフレーム画像処理とコンピュテーショナルフォトグラフィをRAW形式の多用途性と組み合わせた、今年末に登場予定の新しいApple ProRAWも特長です5。ユーザーは色、細部、ダイナミックレンジに対する完全なクリエイティブコントロールをiPhone上もしくは他のプロ向けの写真編集アプリケーションで体験できます。
プロのカメラシステムのレンズが強調された、背面から見たiPhone 12 Pro。
iPhone 12 Proの各モデルのプロカメラシステムには、明るさが足りない場面でも優れたパフォーマンスを発揮する新しい広角カメラ、広大な超広角カメラ、望遠カメラが搭載されており、驚くほど美しい画像やビデオを撮影できます。
iPhone 12 Proは、7枚構成のレンズ、ƒ/1.6の開放絞り値の新しい広角カメラを搭載し、これまでのiPhoneで最も明るく、明るさが足りない場面での性能が写真とビデオで27パーセント向上しました。120度の視野角を持つ超広角カメラは、狭い場所も壮大な風景も、より多くの光景をとらえることができます。焦点距離52mmの望遠カメラはポートレートの構図にぴったりで、4倍の光学ズームレンジを実現しています。
iPhone 12 Pro Maxでは、プロのカメラ体験がさらに進化しています。ƒ/1.6の開放絞り値の新しい広角カメラは、47パーセント大きい1.7μmピクセルのセンサーを誇り、明るさの足りない場面での性能が87パーセントも向上しました。広大な超広角カメラと、より近づいたショットやタイトな構図が撮れる柔軟性が増した焦点距離65mmの望遠カメラも搭載し、システム全体として、5倍の光学ズームレンジを提供します。
ナイトモードが強化され、TrueDepthカメラと超広角カメラでも利用できるようになり、さらに明るい映像を撮影できるようになりました。そして明るさが足りない場面で三脚を使うと、露光時間を長くすることでビデオを鮮明にし、光の動きを美しく描き、よりなめらかな露出を可能にする、ナイトモードのタイムラプスが搭載されました。さらに、Deep Fusionが向上して高速になり、すべてのカメラに搭載されたほか、新しいスマートHDR 3によって複雑なシーンでもより現実の世界に近い写真を撮影できます。
iPhone 12 Proの各モデルは、スマートフォンの中で最も高品質なビデオを楽しむことができ、映画品質の映像制作のためのさらに進化したビデオ手ぶれ補正や、ワークフロー全体でDolby Visionを使った最高60fpsのHDRビデオの体験を可能にする初めてのカメラであり、唯一のデバイスです。Dolby Visionでのグレーディングは撮影中にその場で行われ、写真アプリケーションやiMovieでの編集中にも維持されます。年末までにはFinal Cut Pro Xも対応します。 Dolby Visionは撮影中も再生中もSuper Retina XDRディスプレイの素晴らしいコントラストを活用します。またユーザーは最高4KのDolby VisionをサポートするAirPlayを使って、ビデオを外部デバイスと共有できます。6
iPhone 12 Proの各モデルは、ワークフロー全体でDolby Visionを使ったHDRビデオを体験可能にする初めてのカメラであり、唯一のデバイスです。撮影監督エマニュエル・”チボ"・ルベツキによる、iPhone 12 ProでDolby Visionを使って撮影したHDRビデオの映像ショット。

リアルなARと画期的なカメラの体験

まったく新しいLiDARスキャナがProモデルに搭載され、光の距離を測定し、その場面のピクセル深度の情報を利用できるようになりました。このテクノロジーにより、さらに高速でよりリアルなAR体験が実現します。また、明るさの足りない場面でのオートフォーカスが6倍向上するので、写真やビデオをより正確に、より短時間で撮影できます。この先進的なハードウェアとA14 BionicのNeural Engineのパワーにより、ナイトモードのポートレートが可能になり、明るさの足りない場所での美しいボケ効果を映し出します。
iPhone 12 Proで撮影した、LiDARスキャナにより実現したナイトモードのポートレート。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxに搭載されたまったく新しいLiDARスキャナにより、ナイトモードのポートレートや、さらにリアルなAR体験が実現します。

画期的で新しいMagSafeアクセサリ

MagSafeがワイヤレス充電をさらに良く、さらに効率的にします。また、簡単に取り付けられ、iPhone 12 Proの各モデルを美しく引き立てるアクセサリのエコシステムも導入します。7 MagSafeは、ワイヤレス充電コイルの周囲を取り囲むマグネットの配列が適切な配置と効率のために最適化されており、いつでもiPhoneを完璧につなぐので、ほかにはない体験をiPhoneにもたらします。MagSafe充電器は最大15Wの電力を効率的に供給し、既存のQi対応デバイスにも適合します。MagSafe充電器と、iPhoneとApple Watchで利用できるMagSafeデュアル充電パッドといった充電用途のアクセサリに加えて、iPhoneの背面に簡単に装着できる新しいシリコーンケース、レザーケース、クリアケース、そしてレザーウォレットも登場します。また、サードパーティ製の画期的なMagSafeアクセサリも登場予定です。

iOS 14を搭載

iOS 14は、ホーム画面をカスタマイズする新しい方法を導入してiPhoneの体験を刷新します。美しく再設計されたウィジェットは、タイムリーな情報を一目でわかるように表示し、ホーム画面のどのページにも、さまざまなサイズでピンで固定することができます。Appライブラリは、すべてのアプリケーションを操作しやすい1つのシンプルな画面に自動的にまとめた、新しいスペースです。iOS 14には、App Clipでアプリケーションを見つけて使う新しい方法、メッセージでつながるためのパワフルなアップデート、マップを使った環境にやさしい街の探索方法も導入されており、プライバシー機能の強化によって透明性とユーザーがコントロールできる領域も向上しています。8

環境への取り組み

今日、Appleはカーボンニュートラルなグローバルな企業であり、2030年までに製造サプライチェーンおよび製品ライフサイクル全体を含むすべての事業で、気候変動への影響をネットゼロにするよう取り組んでいます。これは、販売されるすべてのApple製デバイスで、原料の収集、部品製造、組み立て、輸送、お客様の利用、充電、そしてリサイクルや原料の回収まで、100パーセントカーボンニュートラルにすることを意味します。iPhone 12 Proの各モデルは、環境に配慮して設計されています。iPhone 12 Proの各モデルでは、初めて新しいカメラ、Taptic Engine、MagSafe、そしてApple製のMagSafeアクセサリを含むすべての磁石で、リサイクルされたレアアースを100パーセント活用しています。また、AppleはiPhoneのパッケージから電源アダプタとEarPodsを省くことで、炭素排出をさらに削減し、貴重な資源の採掘や利用を避けることができます。さらに、パッケージを小型·軽量化できるため、パレットに70パーセント多く箱を積載して出荷できるようになります。これらすべてを考慮すると、年間で200万トンの二酸化炭素排出量が削減され、この量は自動車45万台が道路から消えてなくなることに相当します。
【価格と販売について】
  • iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、128GB、256GB、512GBのモデルがあり、仕上げはグラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色が用意されています。価格はそれぞれ106,800円(税別)と117,800円(税別)からになっています。お客様は、apple.com/jp、Apple Storeアプリケーション、Apple Store直営店で購入すると、毎月29.12ドル(米国の場合、以下同様)の支払いで、または現在のiPhoneを下取りに出すことにより699ドルでiPhone 12 Proを入手できます。iPhone 12 Pro Maxの場合は、毎月30.37ドルの支払いで9、または現在のiPhoneを下取りに出すことにより729ドルで入手できます9。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、Apple製品取扱店や一部の通信事業者でご購入いただくこともでき(価格は販売店により異なる場合があります)、各事業者の下取りオプションを利用することも可能です。
  • 日本、オーストラリア、中国、ドイツ、英国、米国などの30以上の国や地域では、10月16日(金)午後9時(日本時間)からiPhone 12 Proの予約注文を開始し、10月23日(金)から販売を開始する予定です。iPhone 12 Pro Maxの予約注文は11月6日(金)午後10時(日本時間)から開始し、11月13日(金)から販売を開始する予定です。
  • インド、韓国などその他の12を超える国や地域では、iPhone 12 Proの販売を10月30日(金)から開始します。
  • MagSafe充電器、MagSafe付きレザーウォレット、iPhone 12 Proシリコーンケース、クリアケースは、apple.com/jp、Apple Storeアプリケーション、および店頭で10月16日(金)から販売を開始します。iPhone 12 Proレザーケースは、11月6日(金)から販売開始予定です。MagSafeデュアル充電パッドとレザースリーブの販売時期については後日発表いたします。
  • 米国のお客様は、AppleのiPhoneアップグレードプログラムを通じて、AppleCare+の付いたiPhone 12 ProまたはiPhone 12 Pro Maxを購入して通信事業者を選択することで(複数年のサービス契約は不要)、毎年新しいiPhoneにアップグレードすることができます。iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro MaxのiPhoneアップグレードプログラムは、apple.com/jpおよび米国内のApple Storeで利用でき、毎月の支払額は49.91ドルからとなっています。
  • 米国のお客様で、Apple Cardの月々の分割払いを選択するお客様や、iPhoneアップグレードプログラムでiPhoneを入手またはアップグレードするお客様は、iPhone 12 Proの予約注文に先立って10月16日(金)午後1時(日本時間)までにiPhoneのApple Storeアプリケーションからお手続きいただけます。iPhone Pro Maxの場合は予約注文前の11月6日(金)午後1時(日本時間)までにお手続きが可能です。
  • 期間限定で、新しいiPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Macを購入し、対象となる条件を満たしているお客様は、Apple TV+を1年間、Apple Arcadeを3か月間、無料でお楽しみいただけます。10
  • Apple Oneは、Appleのサブスクリプションの多くをお得に楽しめる最も簡単な方法です。お客様は自分または家族全員に適したプランを1つ選択できます。今秋から、Apple Oneに登録できるようになります。
  • お客様はapple.com/jpとApple Store直営店で、買い物やサポート、サービスをご利用いただくことができます。Appleのスペシャリストにより、毎月の支払い方法の選択、対象デバイスの下取り、ジーニアスによるサポート、非接触の配達、Apple Storeでの受け取りも可能です。実施されている健康と安全対策の詳細、最寄りのストアで利用できるサービスの詳細については、apple.com/jp/retailでご確認いただけます。
  • 米国のお客様は対象となるデバイスを下取りに出すと、下取り額分のAppleギフトカードを受け取るか、新しいApple製デバイスの購入価格が割引になります。デバイスが下取りの条件を満たさない場合は、Appleが無料でリサイクルします。
  • 米国のお客様でApple Cardをお使いになり、Appleから直接購入されるお客様は、当日3%のキャッシュバックを受けることができます。また、Apple Cardで月々の分割払いを選択する場合は、支払いの金利が0%になります。11
  • お客様は、AppleCare+で保証期間を延長したり、過失や事故による損傷に対する保護やAppleCare+盗難·紛失プランを入手したり、テクニカルサポートに優先的に問い合わせをしたりすることができます
  • AppleからiPhoneを購入いただいたすべてのお客様は、Appleスペシャリストとの無料オンラインパーソナルセッションを利用することができます。このセッションをご利用いただくと、新しいiPhoneでできる素晴らしいすべてのことを探索し、発見することができます。
  • コンテンツとサービスの提供状況は国によって異なります。
共有

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの画像

    1. データプランが必要です。5G、ギガビット級LTE、VoLTE、Wi-Fi通話は特定の国の特定の通信事業者で利用できます。速度は論理上のスループットにもとづくもので、使用する場所の条件および通信事業者によって変わります。5GおよびLTEへの対応の詳細については、通信事業者にお問い合わせいただくか、apple.com/jp/iphone/cellular.をご覧ください。
    2. Ceramic Shieldを使用したiPhone 12 Proの前面と一世代前のiPhoneとの比較にもとづいています。
    3. ディスプレイは四隅が丸みを帯びています。長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは、6.06インチ(iPhone 12 Pro)または6.68インチ(iPhone 12 Pro Max)です。実際の表示領域はこれより小さくなります。
    4. iPhone 12 ProとiPhone 12 Proは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、管理された実験環境と条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深6メートルで最大30分間)。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。
    5. Apple ProRAWは、今後リリースされるiPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro Max向けのiOS 14のアップデートで利用できるようになる予定です。
    6. 4K Dolby Visionで再生を行うには、Apple TV 4KまたはAirPlay対応テレビが必要です。
    7. MagSafeアクセサリ、充電器、ケース、ウォレットは別売りです。
    8. 機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。iOS 14の詳細については、 apple.com/jp/ios/ios-14をご覧ください。
    9. 下取り:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの価格は、良好な状態のiPhone XSS Maxの下取りに基づきます。下取り価格の追加には、新しいiPhoneの購入が必須ですが、これは提供数と各種制限の影響を受ける場合があります。下取り額は、下取りに出すデバイスの状態、製造年、構成によって異なります。すべてのデバイスが下取り取引の対象になるわけではありません。下取り取引またはAppleギフトカードを使用した取引の対象は18歳以上のお客様を対象としています。下取り額は、対象となる新しいデバイスの購入に適用されるか、Appleギフトカードに追加されます。実際に適用される額は、査定を実施した際に伝えられた説明と一致するデバイスの受領に伴います。消費税は、新品のiPhoneの全額で判断されます。店舗での下取りには、行政機関から発行された有効な写真付きIDが必要です(この情報の保存には地域の法律が必要とされる場合があります)。本オファーが利用できない店舗もあり、また、オンラインと店頭で下取り額が異なる場合があります。店舗によってはその他の条件が適用される場合があります。AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーは、理由を問わず、下取りの取引を拒否する権利または制限する権利を有します。下取りと対象となるデバイスについて、詳しくはAppleの下取りプログラムのパートナーにおたずねください。月々の支払い金額:対象となるお客様は、24か月、金利0パーセントの分割払いが利用できます。Citizens OneまたはApple Cardによる月々の分割払いを利用するお客様で、Apple Storeで購入したiPhoneをAT&T、T-Mobile、またはVerizonでアクティベーションしたお客様が対象です。消費税および配送料は含まれていません。Apple Card Monthly Installmentsの追加条件およびiPhone Paymentsの規約が適用されます。(こちらは米国での状況です。)
    10. Apple TV+とApple Arcadeの無料トライアル期間後は月々4.99ドルのお支払いが必要です。本オファーを利用するには、条件を満たすデバイスのアクティベーションから3か月以内にサブスクリプションに登録する必要があります。Apple Arcadeは10月22日より提供を開始します。Apple TV+の1つの契約とApple Arcadeの1つの契約を各ファミリー共有グループ内で共有することができます。キャンセルされない限りプランは自動的に更新されます。制限またはその他の諸条件が適用される場合があります。詳しくは apple.com/promoをご覧ください。(こちらは米国での状況です。)
    11. Apple Card Monthly Installmentsは、特定のApple製品で利用でき、クレジット承認とクレジットの限度額が適用されます。対象となる製品については、Appleのスペシャリストに詳細をおたずねください。Apple Storeで購入したiPhoneは、国内の通信業者と契約してアクティベーションする必要があります。Apple Card Monthly Installmentsを除くApple Cardの年利は、信用度に応じて10.99〜21.99パーセントの範囲で設定されます。金利は2020年4月1日時点のものです。税金および送料はApple Card Monthly Installmentsには含まれず、標準の購入に対する年利が適用されます。詳しくはApple Card Customer Agreementを参照してください。Apple Cardのすべての機能にアクセスして利用するには、iOS 12.4以降が搭載されたiPhoneのWalletにApple Cardを追加する必要があります。Apple Card Monthly Installmentsを管理するには、iOS 13.2以降のiPhoneまたはiPadOS 13.2以降のiPadが必要です。「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」に移動し、最新バージョンのiOSまたはiPadOSにアップデートしてください。「ダウンロード」をタップした後、「インストール」をタップします。現在は米国で提供されています。ご利用にはお申し込みと審査が必要です。Goldman Sachs Bank USA、Salt Lake City Branchによって発行されています。(こちらは米国での状況です。)

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000