複数のフラワーアレンジメントが置かれたテーブル。
Nathan Underwood氏、iPhone 12 Pro Maxで撮影。フラワーアレンジメント、Kiana Underwood氏。
プロフェッショナルな品質の美しい花の写真を撮ることがiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxによってこれまで以上に簡単になりました。ポートレートモードやApple ProRAWなど、iPhone 12 Proの各モデルの高度なカメラシステムを使うことで、花の写真をこれまで以上に奇麗に撮れるようになったと、世界をリードするフローラルデザインスタジオの一つ、TulipinaのNathan Underwood氏は言います。
iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxの多才なプロカメラシステムは、パワフルな新しいコンピューテーショナルフォトグラフィでイノベーションの限界を押し広げ、120度の視野角を持つ超広角カメラ、ポートレートの構図に適した、これまで以上に焦点距離の長い望遠カメラ、そしてf/1.6の開放絞り値を持つまったく新しい広角カメラを搭載しています。広角カメラの光学式手ぶれ補正機構(OIS)は、一秒間に5,000回もの微調整を行い、驚くほど美しいナイトモードショットや安定した動画の撮影を可能にしています。
また、iPhone 12 Proの各モデルにはLiDARスキャナが搭載され、A14 Bionicのパワーとの組み合わせで、明るさが足りない場面やナイトモードでのポートレートでこれまでより6倍速いオートフォーカスを可能にするほか、すべてのカメラにDeep Fusionが搭載され、どんな環境でも奇麗な写真を撮ることができます。そして、スマートHDR 3が機械学習を用いて写真のホワイトバランス、コントラスト、テクスチャ、彩度をインテリジェントに調整し、驚くほど自然な画像を実現します。さらに、新たに利用できるようになったApple ProRAWは、Appleのマルチフレーム画像処理とコンピュテーショナルフォトグラフィにRAW形式の多用途性を組み合わせ、色、細部、そしてダイナミックレンジの完全なクリエイティブコントロールをiPhone上もしくは他のプロ向け写真編集アプリケーションで行うことができます。
以下ではUnderwood氏が彼自身の言葉で、いかにしてiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを彼のプロフェッショナルなワークフローに組み込んで、自宅で美しい花の写真を撮ることができるのかを説明しています。
額装された絵の前に置かれたフラワーアレンジメント。
Nathan Underwood氏、iPhone 12 Pro Maxで撮影。フラワーアレンジメント、Kiana Underwood氏。

セットアップ

すべてはライティングから始まります。拡散された自然光を探します。理想的には横方向からの光がいいですね。屋内では、窓から約0.5~1メートルの所に設置すると、だいたいこの光になります。また、屋外では光が均一に当たっている場所を探します。光が一点に集中して当たっている所や影になっている所は避けます。つまり明暗が一定した場所を探すということになります。
次の要素は背景です。これはシンプルにできるだけ模様のないニュートラルな背景を探すということです。例えばグレーやブルーなら最高です。レンガ模様やストライプ、点、その他の気を散らすような模様は避けてください。被写体が際立って見えるようでなければいけません。この背景とライティングの組み合わせが秘訣です。

フレーミング

静物の場合はフレーミングが重要です。後からトリミングできるにしても、正しいアングルと視点で正確にフレーミングを行うということが確実に最高の写真を撮るためには不可欠です。私はiPhoneで撮影するときはほとんどいつも最短撮影距離が一番短いレンズを選びます。iPhone 12 Proの各モデルでは望遠カメラがそれにあたります。
フラワーアレンジメントをフレーミングするときは、被写体を中央に置き、フレーム全体に均等に配置されていることを確認します。私の場合はカメラを手持ちで撮影することが多いですが、iPhoneでも同じです。そして被写体の真正面から若干(ほんの数度)下向きに構えます。こうすることで花瓶まで入れることができ、主人公である花を引き立てる被写体深度と立体感を得ることができます。
望遠カメラはiPhone 12 Proでは2倍の光学ズームレンジ、iPhone 12 Pro Maxでは2.5倍のズームレンジを提供します。
グリーンの花瓶に生けられた花。
Nathan Underwood氏、iPhone 12 Pro Maxで撮影。フラワーアレンジメント、Kiana Underwood氏。

ポートレートモード

撮影した後に編集してからアップロードするという場合はポートレートモードが気にいっています。下の写真はこれで撮ったものですが、iPhone 12のすべてのモデルで使うことができます。ポートレートモードは信じられないほどの深度感で撮影することができて、写真アプリで編集するとさらに調整を加えることができるので、クリエイティビティを最大限に発揮することができます。フラワーアレンジメントの撮影では被写体が複雑で立体的なため、これは特に有用です。これから静物写真を始める人には、ポートレートモードは一番のお勧めです。
ポートレートモードで撮ったブルーの花瓶に生けられた花。
Nathan Underwood氏、iPhone 12 Pro Maxで撮影。フラワーアレンジメント、Kiana Underwood氏。

写真アプリでの編集

私が撮る画像の99パーセントで必ず行う編集というのがいくつかあるのですが、これらはすべてiPhoneに内蔵されている純正の写真アプリで行っています。これは人により好みもありますので、皆さん色々試して自分の独自スタイルを見つけられるといいと思います。例えば私の場合、トリミングやアスペクト比、露出、彩度、そして暖かみをいじることが多いですね。
写真アプリの編集ワークフローでこれらのツールを見つけるには、タップして写真を全画面表示にし、下の方にあるダイヤルアイコンをタップして色々なオプションを全部スワイプしてみます。
  • 必要ならば写真をトリミングしてフレーム全体が花で満たされるようにします。できるだけ大きく、これでもか、というくらいにするといいでしょう。
  • 露出を少しでも増やすとフレームが明るくなり、アレンジメントが際立ちます。特に携帯電話の画面ではその効果が高いです。
  • フラワーアレンジメントやその他のカラフルな静物では、彩度を少しだけ(10より少なく)動かすと、色がさらに鮮やかになり、目立つようになります。
  • 最後に写真の暖かみを調整します。普通、これは画像の暖かみをわずかに低くして、実際の色に近いながらも、落ち着いたエレガントな効果を出すことを意味します。
これらの編集はすべてシンプルなものではありますが、共有して他の人を喜ばせることができる素晴らしい完成版の写真を作るためにはとても意味のあることです。
各ツールへのアクセスと使い方に関する詳しい情報は、iPhoneで写真やビデオを編集する をご覧ください。
多色の花瓶に生けられた花。
Nathan Underwood氏、iPhone 12 Pro Maxで撮影。フラワーアレンジメント、Kiana Underwood氏。

Apple ProRAW

私がとても興奮しているのはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MaxでApple ProRAWが使えるようになったことです。これによって可能な限り最大限の画像情報が手に入るため、より深い編集を行うことができます。これはつまり、iPhone本体でRAW画像を撮影してエクスポートすることができるため、新しいクリエイティブな可能性が実現できるようになったということです。私の場合、iPhoneで撮った写真をDSLRで撮った写真と一緒に私の普段のポストプロダクションワークフローに組み入れることが簡単にできるようになりました。iPhone 12 Proの各モデルをお持ちなら、Apple ProRAWをオンにするのを忘れずに、この機能を使ってみてください。
Apple ProRAWの機能を最大限に使うために、私はAdobe Lightroomで画像編集することが多いです。Lightroomでは、たいてい写真アプリで行うのと同じ編集を行います。トリミング、アスペクト比の変更、露出、彩度、そして暖かみの編集です。でも特に花の静物写真の場合は、円形フィルターツールを使って特定の花を強調できるのがいいですね。これを使うと、小さな領域だけを選んで特定の編集を行うことができます。下の写真からわかるように、アレンジメントの中で他の花に囲まれた一つの花だけの露出を上げるということができます。目視では見えるのですが、どんなカメラを使っても捉えるのが難しいようなディテールを引き立たせることができるのです。
iPhone 12 ProまたはiPhone 12 Pro MaxApple ProRAWを使い始めるには、設定>カメラ>設定を保持と選び、この機能をオンにします。
壺に生けられた花。
Nathan Underwood氏、iPhone 12 Pro Maxで撮影。フラワーアレンジメント、Kiana Underwood氏。
この他の花の写真の例やアレンジメントのインスピレーションについては、@tulipinadesign をご覧ください。
共有

Images of Shot on iPhone 12 Pro and iPhone 12 Pro Max: Flowers

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000