ネバダ州の “Turquoise” ソーラーファームで太陽電池パネルを検査している技師。
Appleは、ネバダ州に新たに完成したソーラーファーム(Turquoise Solar社との共同プロジェクト)から50メガワット分の再生可能エネルギーを調達します。これはAppleにとって同州における4番目のソーラープロジェクトです。
カリフォルニア州クパティーノ── Appleが新たに完成させた再生可能エネルギープロジェクトは、当社が計画するグリーンボンド47億ドルの一部により賄われ、地域コミュニティにクリーンエネルギーを提供することにより温室効果ガス排出を抑えます。2020年、Appleは年間平均921,000トン分の温室効果ガス排出削減を目的に計17のグリーンボンドプロジェクトに資金を投じましたが、これは道路から約200,000台の自動車を排除することに匹敵します。各プロジェクトにより世界中で合計1.2ギガワット分の再生可能エネルギーを発電可能になりますが、Appleはそのうち350メガワット超の再生可能エネルギー発電施設を昨年中に、新たにネバダ州、イリノイ州、バージニア州、そしてデンマークで展開しました。Appleが発行したグリーンボンドは民間企業では最大級です。
「Appleは、私たちが働くコミュニティを支援するプロジェクトを通じて、私たちみんなのものであるこの地球という星を守ることに専心しています。気候変動の影響による事象と闘っていくために自分ができることは何でもするという責任を私たち一人ひとりが担っています。Appleがグリーンボンドの発行により調達した資金47億ドルを再生可能エネルギーに投じることは、そうした努力の大きな推進役になります。究極的に、クリーンパワーは社会に良い影響を与える仕事なのです」と、AppleのAppleの環境·政策·社会イニシアティブ担当バイスプレジデント、リサ·ジャクソンは述べています。
2015年パリで開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP21)における気候変動に関する歴史的な合意以来、Appleは温室効果ガス排出の削減に向けた世界的な取り組みを支援するために3つのグリーンボンドを発行し、そこで調達した資金を(環境保護に)投じてきました。当社は2016年2月に発行した最初のグリーンボンド15億ドルを皮切りに、2017年6月には、前政権が発表したCOP21協定からの離脱意向を受け、第2ラウンドとして10億ドル分を発行しました。2019年11月、Appleは3回目となるグリーンボンドを欧州で初めて発行し、2つのグリーンボンドそれぞれで10億ユーロ(米ドル換算で合計約22億ドル)を調達しました。
当社発行のグリーンボンド効果報告書(Green Bond Impact Report)に詳述された内容に加え、Appleは継続的に、低炭素の設計および技術、エネルギー効率化、再生可能エネルギー、炭素緩和、炭素隔離を推進する新プロジェクトへの投資を進めています。Appleはグリーンボンドを通じて調達した合計金額の半分以上(28億ドル)を割り当て、温室効果ガス排出問題に取り組む各種プロジェクトへの投資を継続しています。昨年7月、Appleは当社の全事業、製造サプライチェーン、製品ライフサイクルに至るすべての企業活動について2030年までにカーボンニュートラル達成を目指す計画を発表しました。Appleは現時点で既にグローバルのコーポレートオペレーション(当社事業所における企業活動)でカーボンニュートラルを達成していますが、2030年を期限とする新しい目標は、Appleが販売するすべてのデバイスについて気候変動の影響をネットゼロ(クリーンエネルギー発電等により相殺して実質ゼロ)にする取り組みです。

Appleの再生可能エネルギーに対する最新の投資

屋外に設置された太陽電池パネルで作業している技師。
Appleが運営するデータセンターは2014年以降すべて100パーセント再生可能エネルギーで操業しています。
ネバダ州リノ郊外に設られたソーラープロジェクト拠点:現在 Reno Technology Park 内にある180エーカーの拠点がネバダ州にあるAppleデータセンターに電力を供給しています。このプロジェクトは Solar Builder 誌より “Utility-Scale Project of the Year”(発電所規模のメガソーラー)として認知されており、236のクリーンエネルギー建設関連職を生み出し、その90パーセント以上にネバダ州在住者が就いて、ネバダ州ワショー郡に6000万ドル以上の投資をもたらしました。この拠点からAppleに供給される再生可能エネルギーは50メガワットですが、ネバダ州にある当社のその他3か所の電力プロジェクトと合わせると合計270メガワットが供給されています。
ネバダ州リノにあるAppleデータセンターのサーバールーム。
ネバダ州リノにあるAppleデータセンターの操業開始は2012年ですが、その穏やかな気候を利用して、必要であればいつでも、データセンター内のサーバーを外気で冷却することが可能です。
シカゴ郊外のウィンドファーム:Appleのシカゴ地区における使用電力は、イリノイ州にある風力発電ファームでの112メガワット分相当の電力購入契約により賄われています。このプロジェクトは電力購入希望者をまとめて一括購入方式を取ることで、購買力の劣る企業でも Apple が調達するのと同レベルの高品質な再生可能エネルギーを利用可能にしています。
バージニア州フレデリックスバーグのソーラープロジェクト:Appleは、Etsy、Akamai、SwissRE 各社との革新的な協定を通じて、バージニア州フレデリックスバーグ郊外の太陽光発電プロジェクトによる165メガワット相当の再生可能エネルギー開発を支援しています。このプロジェクトにより、同地域の電力グリッドをより拡大してエネルギーを供給しています。
デンマーク最大の陸上風力発電:Appleが世界最大の陸上風力発電2基の建設を完了したことで、クリーンな再生可能エネルギー発電施設の操業が始まります。デンマークの都市エスビアウ近郊に設られた高さ200メートルのタービンは毎年62ギガワット時の電力(約20,000世帯への供給に十分な電力量)を生み出すことが期待され、より強力な海上風力発電の試験サイトとしても活用されます。エスビアウで生み出される電力は ヴィボーにある Apple のデータセンター に電力を供給する一方で、余剰分はすべてデンマーク国内の電力グリッドに送電されています。
Appleが毎年発行している環境関連の報告書では、当社が2019年に発行したグリーンボンドを通じて調達した資金の環境プロジェクトへの配分(当社の2020会計年度:2019年9月29日~2020年9月26日支出分)について詳述しています。グリーンボンド効果報告書(Green Bond Impact Report)2020会計年度最新版は investor.apple.com でご覧になれます。
共有

Reno Technology Park 内にある Apple ソーラープロジェクトの画像

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000