プレスリリース 2021 年 6 月 7 日

Apple、iPadOS 15でiPadの生産性を高める新しい機能をプレビュー

iPadに、より直感的なマルチタスク、ウィジェットを組み込んだ新しいホーム画面のデザイン、Appライブラリ、システム全体でメモを取れるクイックメモ、SharePlay、刷新されたSafariの体験、集中を保つための新しいツールが導入されます
iPadOS 15は、より直感的なマルチタスク体験をiPadにもたらします。
カリフォルニア州クパティーノ Appleは本日、iPadOS 15のプレビューを発表しました。iPad特有の機能を活用する新機能を搭載し、ユーザーの生産性をさらに高め、iPadの汎用性をさらに高めます。iPadOS 15は、さらに直感的なマルチタスク体験をもたらし、Split ViewやSlide Overなどの機能をより見つけやすく、より使いやすく、よりパワフルにします。「クイックメモ」によってシステム全体でメモアプリケーションが使えるようになり、タイピングでもApple Pencilを使った手書き入力でも、共同作業と整理をするための新しい方法を提供します。ホーム画面の新しいウィジェットのレイアウトとAppライブラリは、iPadの体験をパーソナライズし、アプリケーションを整理するためのシンプルな方法を提供します。翻訳アプリケーションはテキストと会話を翻訳するための新機能を提供し、Swift Playgroundsでは、ユーザーがiPad上でiPhoneとiPad用のアプリケーションを構築できるようになります。また、iOS 15では、ユーザーの情報をさらに保護するため、Siri、メールなど、システム全体でこれまでより多くの場所で新たにプライバシーコントロールが搭載されます。
「iPadOS 15によって、iPadの体験がさらに素晴らしいものになります。より直感的なマルチタスク、ウィジェットを組み込んだ新しいホーム画面のデザインとAppライブラリ、システム全体でメモを取れるクイックメモ、iPadのために設計された翻訳アプリケーション、SharePlay、再設計されたSafariの体験、集中を保つための新しいツールなどによって、ユーザーはさらに生産性を高めることができるようになります」とAppleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。
iPadOS 15を搭載したiPadを使っている女性
iPadOS 15は、ユーザーの生産性をさらに高め、iPadの汎用性をさらに高めます。

マルチタスクとキーボードショートカットでより多くのことができるように

iPadOS 15では、複数のアプリケーションでの作業がこれまで以上に簡単になります。新しいマルチタスクメニューがアプリケーションの上部に表示され、ユーザーは1回タップするだけでSplit ViewやSlide Overを使えます。ユーザーはSplit Viewを使用している際に、ホーム画面にすばやくアクセスできるので、目的のアプリケーションに移動するのがさらに簡単になります。新しい「シェルフ」を使って、SafariやPagesのような複数のウインドウを持つアプリケーションでマルチタスクを行ったり、メールをすばやくプレビューすることもできます。  
外付けキーボードの体験では、まったく新しいキーボードショートカットと再設計されたキーボードメニューバーを使って、ユーザーはさらに多くのことができます。キーボードでマルチタスクのための新しいショートカットを使って、Split ViewとSlide Overをすばやく設定し、切り替えることができます。
iPadOS 15でのiPadのSlide Over機能とSplit View機能
iPadOS 15は、Split ViewやSlide Overなどの機能をより見つけやすく、より使いやすく、よりパワフルにします。

ウィジェットとAppライブラリでiPadを整理してパーソナライズ

ユーザーはホーム画面のページでアプリケーションと一緒にウィジェットを配置できるようになるので、より多くの情報を一目で確認でき、さらにパーソナライズされた体験が得られます。iPadの大きなディスプレイのために設計された、新しい大きなウィジェットのサイズは、ビデオ、音楽、ゲーム、写真などを表示するのに最適です。またiPadOS 15では、App Store、「探す」アプリケーション、Game Center、メール、連絡先のためのまったく新しいウィジェットが登場します。
AppライブラリがiPadに登場し、アプリケーションが「仕事効率化」「ゲーム」「最近追加した項目」などの便利なカテゴリに自動的に整理され、ユーザーはDockからすべてのアプリケーションにアクセスできます。
iPadOS 15でのiPadのウィジェット
ユーザーはiPadのホーム画面のページでアプリケーションと一緒にウィジェットを配置できるようになるので、より多くの情報を一目で確認できます。

「クイックメモ」で考えを記録してタグで整理

考えたことを記録し、整理するのをより簡単にする新機能によって、iPadでメモを取る作業がさらに良くなります。システム全体にわたりどこでもすばやく簡単にメモが取れる「クイックメモ」により、システム全体でメモアプリケーションが使えるようになります。Safariでブラウズしているときでも、Yelpでレストランを探しているときでも、ユーザーは「クイックメモ」をどこでも開いて考えを手早くメモしたり、リンクを追加したりでき、見ていたものに正確に戻るための簡単な方法が提供されます。
メモアプリケーションには、情報の整理、共同作業、記録のための新しい方法があります。まったく新しい「タグブラウザー」とタグに基づく「スマートフォルダ」により、タグを使ってメモを分類し、すばやく見つけることが簡単になります。共有メモでほかのユーザーと協業するユーザーには、「名前の言及」が共同作業している人に通知を送ったり、メモにリンクする方法を提供します。また、新しい「アクティビティ表示」はメモの最近の更新内容を表示します。

より自然なFaceTime通話とSharePlayによる体験の共有

FaceTimeは、ユーザーが最も大切な人々と簡単につながるために役立ちます。iPadOS 15では、友人や家族との会話がさらに自然に感じられるようになります。ユーザーはSharePlayを使って、FaceTimeで友人とつながりながら体験を共有できるようになります。例えば、Apple Musicで一緒に曲を聴いたり、テレビ番組や映画を同期した状態で観たり、画面を共有してアプリケーションを一緒に見ることができます。共有された再生コントロールを使えば、誰でも再生、一時停止、早送りができます。ユーザーは再生をApple TVに広げて、FaceTimeでつながっている友人や家族とその瞬間を共有しながら自分のテレビで観ることができます。SharePlayを使ってユーザーが画面を共有することもできるので、一緒にウェブをブラウズするのに最適です。

刷新されたSafariでのブラウズ体験

Safariに新しいタブのデザインが採用され、ユーザーはブラウズしながらページをより多く見ることができます。新しいタブバーはウェブページの色で表示され、タブ、ツールバー、検索フィールドを1つのコンパクトなデザインにまとめます。「タブグループ」は、タブを簡単に保存し、管理できる新しい方法で、旅行の計画やショッピング、あるいは毎日使うタブの保存に最適です。また、「タブグループ」はMacとiPhoneとも同期するので、ユーザーはプロジェクトの続きをどこからでも再開でき、友人や家族と共有するのも簡単です。iPadのSafariは、App Storeから入手できるウェブ機能拡張にも対応するようになります。
iPad Proに表示されているiPadOS 15の刷新されたSafariのページ
Safariは、ユーザーがブラウズしながらページをより多く見ることができる新しいタブのデザインでブラウズ体験を刷新します。

集中するためのツール

iPadOS 15は、気が散ることを減らして集中できるようにするのに役立つパワフルなツールを提供します。「集中モード」は、ユーザーが行っていることに基づいて通知を絞り込む新しい機能です。ユーザーは、独自の「集中モード」を作成するか、勤務時間中や就寝前の時間のような状況に応じて提案される「集中モード」を選択することにより、その瞬間に集中できるようデバイスを設定できます。ユーザーはまた、集中時に適用するアプリケーションやウィジェットをまとめたホーム画面のページを作成し、関連するアプリケーションだけを表示して気が散ることを減らせます。
新しい「通知要約」は、朝や夜などいつでもユーザーが選択した時間に届けられる、整理された通知のコレクションを提供するので、都合の良いときにその日のアクティビティを簡単に把握できます。
iPad Proに表示されているiPadOS 15の新しい「集中モード」機能
「集中モード」は、ユーザーが行っていることに基づいて通知を絞り込むパワフルな新しい機能です。

デバイス上の知能が新しい写真の機能を実現

「テキストの認識表示」では、デバイス上の知能を使って写真の中のテキストを認識し、ユーザーはそれに応じた操作ができます1。例えば、店頭のスナップショットに電話番号が写っている場合、電話をかけるオプションが表示されます。「画像を調べる」を使うと、ユーザーは花の種類や犬種など、写真の中の被写体を識別できます。
Spotlightに写真アプリケーションとウェブ画像を検索する機能が追加されました。連絡先では、最近の会話、共有された写真、「探す」で共有されている場合は位置情報などのコンテキストを含む、まったく新しく豊かな検索結果が提供されます。「テキストの認識表示」を活用して、Spotlightでは公共交通機関のマップやレシートの写真、料理レシピのスクリーンショットなどを調べるのが簡単になります。「テキストの認識表示」は手書きテキストにも対応し、ホワイトボードやメモの写真の検索に最適です。
iPad Proに表示されているiPadOS 15の新しい「テキストの認識表示」機能
「テキストの認識表示」では、デバイス上の知能を使って写真の中のテキストを認識し、ユーザーはそれに応じた操作ができます。

コミュニケーションのための新しい方法を備えた翻訳アプリケーションがiPadに登場

会話をより簡単に、より自然にする新しい機能を備えた翻訳アプリケーションが、iPadに登場します。翻訳アプリケーションを使うと、「自動翻訳」が人が話している時とその言語を検出するので、ユーザーはマイクのボタンをタップしなくても自然に会話できます。より個人的な会話の場合は、対面ビューで2人のユーザーがiPadを挟んで向かい合わせに座り、それぞれの側から会話の翻訳を見ることができます。iPad上のどこでもテキストを選択して「翻訳」をタップすることで翻訳でき、手書きテキストも翻訳できます。「テキストの認識表示」と組み合わせて、ユーザーは写真の中のテキストを翻訳することもできます。
翻訳アプリケーションを使うと、「自動翻訳」によってユーザーはマイクのボタンをタップしなくても自然に会話できます。

Swift Playgroundsでアプリケーションを構築

Swift Playgroundsは、コーディングを学ぶのに最高で、最も簡単な方法です。Swift Playgrounds 42によって、ユーザーはiPad上でiPhoneアプリケーションとiPadアプリケーションを構築してApp Storeに直接提出するためのツールを得ます。これにより、アプリケーションを作成して世界中で共有するための新しい方法をすべての人に提供します3。アプリケーションの構築中、コードは即座にライブプレビューに反映され、ユーザーはアプリケーションをフルスクリーンで実行してテストできます。Swiftパッケージをベースにした新しいオープンプロジェクトフォーマットは、iPadのSwift PlaygroundsでもMacのXcode内でも開いて編集できるので、iPadとMacでアプリケーションを開発するための、より高い汎用性をユーザーに提供します。

iPadOS 15のその他の機能

  • ユニバーサルコントロール」は、1つのマウスとキーボードでiPadとMacの間を移動できるシームレスな体験を可能にします。しかも設定は一切不要です。ユーザーはデバイス間でコンテンツをドラッグ&ドロップすることもできます。Apple Pencilを使ってiPadで図をスケッチした後、それをMac上のKeynoteスライドに配置するといった作業に最適です。
iPadOS 15の「ユニバーサルコントロール」は、1つのマウスとキーボードでiPadとMacの間を移動できるシームレスな体験を可能にします。
  • あなたと共有」はシステム全体で利用できます。メッセージアプリケーションの会話で共有された記事、音楽、テレビ番組、写真などを見つけて、それらを、写真、Safari、ミュージック、Podcast、Apple TVなどのアプリケーションで便利に表示するので、状況に応じた情報にすばやく簡単にアクセスできます。
  • 写真アプリケーションではメモリーに過去最大のアップデートを行いました。新鮮なこれまでにない見た目、没入感のあるインタラクティブなインターフェイスを備え、Apple Musicとの統合により、デバイス上の知能を使って、思い出がよみがえるような曲をパーソナライズして提案します。
  • マップは、世界をナビゲートして探索する新しい方法を提供します。ユーザーは、都市の周辺、商業地区、標高、建物、新しい道路の色とラベル、特別にデザインされたランドマークの非常に詳しくなった情報や、月に照らされた新しい夜間のモードを体験できます。
iPad Proに表示されているiPadOS 15の新しいマップのデザイン
マップは、世界をナビゲートして探索する新しい方法を提供します。
  • プライバシーは、新しい保護、透明性の機能、そしてコントロールによって次のレベルへ引き上げられます。「メールプライバシー保護」は、トラッカーによるEメールの詮索を防ぎ、「Appのプライバシーレポート」は、アプリケーションがほかの企業とどのように情報を共有しているかについての透明性を提供します4
  • Siriはユーザーのプライバシーを保護するように設計されています。デバイス上での音声認識により、Siriにリクエストする際の音声がデフォルトで完全にiPad上で処理されるようになり5、パフォーマンスが大幅に向上します。Siriには、AirPodsでの「通知の読み上げ」や、ユーザーがたずねるだけで画面上の情報を共有できる機能などが追加されました。
  • iCloud+は、ユーザーに人気のiCloudのすべての機能と新しいプレミアム機能を組み合わせます。「メールを非公開」、拡張されたHomeKitセキュアビデオのサポート、革新的な新しいインターネットプライバシーサービス、iCloud Private Relayなどを追加費用なしで提供します6。現在iCloudのサブスクリプションに登録しているユーザーは、今秋、自動的にiCloud+にアップグレードされます。すべてのiCloud+のプランは同じファミリー共有グループのメンバーで共有できるので、全員が新しい機能、ストレージ、そしてこのサービスから得られる新たなレベルの体験を楽しめます。
  • 新しいアクセシビリティ機能は、ユーザーに合った使い方ができるように設計されています。VoiceOver画面読み上げが、デバイス上の知能を使って画像内のオブジェクトを探索するようになり、ユーザーは人、テキスト、表データなど、画像内のオブジェクトについてより詳細な情報を探索できます。他社製の視線追跡ハードウェアに対応するので、ユーザーは目だけでiPadを操作することが可能になります。背景音を絶えず再生し、その他のオーディオサウンドやシステムサウンドと融合させるか、それらの背後で流すことによって、望ましくない環境音や外部の騒音をマスキングし、ユーザーが集中したり、平静さを維持したり、休養を取れるようにします。サウンドアクションでは、ユーザーが口から出す音に反応するようにスイッチコントロールをカスタマイズできます。ユーザーは、ディスプレイとテキストサイズの設定をアプリケーションごとにカスタマイズできるようになります。
提供について
iPadOS 15のデベロッパ向けプレビューは、本日より、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。iPadOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータプログラムがbeta.apple.comで提供されます。新しいソフトウェア機能は今秋、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降、iPad(第5世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けに、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。詳細については、apple.com/ipados/ipados-previewをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。
共有
  1. テキストの認識表示:ライブカメラ機能は、今秋のアップデートでiPadに搭載されます。
  2. Swift Playgrounds 4は、今年後半にiPadOSで利用可能になります。Macバージョンは2022年初めに利用可能になります。
  3. Developer Programのメンバーシップが必要です。
  4. アプリケーションのプライバシーレポートは、ソフトウェアアップデートの一部としてiOS 15、iPadOS 15、watchOS 8で提供予定です。
  5. A12 Bionic以降を搭載したiPhoneとiPadで利用可能です。音声モデルのダウンロードが必要です。Siriと音声入力の向上をユーザーが承諾した場合に、音声はAppleのサーバに送信されます。6. iCloud+プラン:50GB、HomeKitセキュアビデオカメラ1台(月額0.99ドル)、200GB、HomeKitセキュアビデオカメラ5台まで(月額2.99ドル)、2TB、HomeKitセキュアビデオカメラの台数無制限(月額9.99ドル)。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000