プレスリリース 2021 年 6 月 7 日

macOS Monterey、さらに多くのことをこなせるパワフルな機能を搭載

Montereyでは、友達や家族とつながり、複数のデバイス間でよりスマートに作業し、集中力を保つための新しい方法が登場
MacBook Proに表示されているmacOS Monterey。
WWDC21で発表されたmacOS Montereyは、ユーザーに今まで以上の成果を出すための力をもたらします。
カリフォルニア州クパティーノ Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Monterey(モントレー)をプレビューしました。macOS Montereyには、人とつながり、さらに多くの仕事をこなし、複数のApple製デバイス間でさらに流れるように作業するための新しい方法が盛り込まれています。FaceTimeの新機能であるSharePlayでは、ユーザーは体験を一緒に共有することができ、「あなたと共有」では、メッセージで共有されたコンテンツを写真アプリケーション、Safari、Apple Podcast、Apple News、Apple TVアプリケーションで見つけて楽しむことが簡単になります。Safariのメジャーアップデートは、美しい整理されたタブバーと、パワフルにタブを整理する「タブグループ」を備えており、毎日のタスクを自動化する「ショートカット」もMacに登場します。「集中モード」は、気を散らす項目を減らし、ユーザーがタスクに集中できるようにします。さらに「ユニバーサルコントロール」と「MacにAirPlay」は新しい連係機能で、複数のApple製デバイス間で簡単に作業できるさらに多くの方法を提供します。macOS Montereyは、最新のiMac、MacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac mini、およびAppleのIntel搭載Macを含め、これまでで最も幅広いMacのラインナップに対応しています。
「macOS Montereyには、Macユーザーがさらに多くのことをこなし、驚くような新しい方法で友達や家族とつながり、MacとiPadの間でこれまで以上にシームレスに作業することを可能にする機能が満載されています。Safariの新しいタブデザインでウェブをブラウジングしたり、FaceTimeのSharePlayで体験の共有を楽しんだり、ユニバーサルコントロールやMacにAirPlayで自分のMacと他のApple製デバイスを新しい方法で一緒に使ったりすることを、お客様にはきっと気に入っていただけると思っています」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。
macOS Montereyの「ユニバーサルコントロール」によって可能になった、iMacとiPad Proにわたって表示されているProcreateアプリケーション。
Macユーザーは、macOS Montereyに搭載されたパワフルな新しいツールで、さらに効率的に作業できるようになります。

Macでさらに多くのことをこなせるように

macOS Montereyの新しいツールは、ユーザーがさらに多くのことをこなし、集中力を保ち、共同作業がしやすくなるように設計されています。
  • すでに世界最速のブラウザであるSafariが、今回、スクロールに合わせてページがさらに表示される新しいタブデザインでブラウズ体験を刷新させました。新しいタブバーはウェブページの色を採用して、タブ、ツールバー、検索フィールドを一つのコンパクトなデザインに組み合わせています。「タブグループ」は、複数のタブを簡単に保存し、管理する新しい方法で、旅行の計画やショッピング、毎日使うタブの保存に最適です。また、「タブグループ」はMac、iPhone、iPad間で同期するので、プロジェクトの続きをどこからでも再開することができ、友達や家族とタブを共有するのも簡単です。
  • Macに登場した「ショートカット」は、毎日行うタスクを自動化し、生産性を最大限に高めるために役立ちます。iPhoneやiPad上と同様に、Macの「ショートカット」でも、ユーザーは最も頻繁に使うアプリケーションでタスクをすばやく達成することができます。Mac専用に設計された構築済みのアクションが豊富に揃ったギャラリーにより、ユーザーは瞬時にファイルを共有したり、アニメーションGIFを作成するなどのタスクを実行できます。さらに使いこなしたいパワーユーザーは、Macの「ショートカットエディタ」を使って、ショートカットを自分のワークフローに合わせてカスタマイズできます。「ショートカット」はmacOS全体に統合されており、メニューバーでも、Finderでも、Spotlightでも、さらにはSiriを使えばハンズフリーで、開いているアプリケーションに関係なく簡単にショートカットを実行できます。「ショートカット」に既存のAutomatorのワークフローを簡単に読み込めるので、ユーザーはすぐに使い始めることができます。
  • メモの新機能は、情報を整理し、共同作業を行い、どこからでもメモを作成するのに役立ちます。「クイックメモ」は、システム全体でどのアプリケーションやウェブサイトでもメモを取ることができる新しい方法で、考えやアイデアが浮かんだらその場で書き留めることが簡単になります。また、Safariでウェブサイトを開いている場合でも、マップで住所を表示している場合でも、文脈を作るために、アプリケーションから取得したリンクを「クイックメモ」に追加できます。ユーザーがメモで友達や同僚と一緒にプロジェクトに取り組む際、「名前の言及」を追加したり、すべての人が行った編集を新しい「アクティビティ表示」で確認したり、メモにタグを付けて分類し、新しいタグブラウザーやタグに基づくスマートフォルダですばやく簡単に見つけることができます。
  • 「集中モード」では、Macユーザーは現在の作業に関係のない通知を自動的にフィルタして、作業に集中することができます。ユーザーは、自分が集中していて対応できない時に、自分の状況をシグナルでほかの人たちに知らせることができます。ユーザーが1つのデバイスで「集中モード」を設定すると、そのユーザーの他のデバイスでも自動的に「集中モード」が設定されます。プレゼンテーションの準備中であっても、学校の課題を仕上げているところであっても、今している作業に合わせて「集中モード」をカスタマイズすることができます。

つながりを保つためのまったく新しい方法

macOS Montereyは、友達、家族、同僚とつながり、楽しい時間を過ごすための有意義な新しい方法を提供します。
  • FaceTimeには、通話をもっと自然に、実際の会話に近い形にする一連の新しいオーディオ機能とビデオ機能が搭載されています。空間オーディオにより、FaceTime通話では、画面上の相手の位置から声がするように聞こえます。また、「声を分離」ではユーザーの声がとても明瞭になり、機械学習を利用して周囲の騒音を消すことができる一方で、「ワイドスペクトラム」は周りの音をすべて通してくれるので、参加者はすべてを聞くことができます。「ポートレートモード」は、M1チップのApple Neural Engineを活用してユーザーの背景をぼかす素晴らしいビデオエフェクトを実現し、新しい「グリッド表示」によって、参加者は同じサイズのタイルで表示されます。
  • SharePlayは、ユーザーがFaceTimeで通話をしながら体験を共有するパワフルなシステム機能です。ユーザーは、お気に入りの音楽やテレビ番組、映画、プロジェクトなどを友達や家族とリアルタイムで共有でき、一緒に音楽を聴くパーティを開いたり、映画やテレビ番組を一緒に観たり、画面共有を通じてアプリケーションで共同作業をしたりなどすることができます。簡単に採用するために設計されたAPIによって、サードパーティのデベロッパは自社のアプリケーションをFaceTimeにすぐに提供できます。
  • 「あなたと共有」によって、写真、ビデオ、記事など、メッセージを通じて共有された素晴らしいコンテンツのすべてを、写真アプリケーション、Safari、Apple Podcast、Apple News、Apple TVアプリケーション内の「あなたと共有」タブで直接、簡単に見つけて楽しむことができます。

複数のApple製デバイス間で作業する新しい方法

新しい連係機能により、複数のApple製デバイスにわたって行う作業がこれまで以上に良くなりました。
  • 「ユニバーサルコントロール」は、1つのマウスとキーボードでMacとiPadを行き来するシームレスな体験を可能にします。設定は一切不要です。ユーザーはデバイス間でコンテンツをドラッグ&ドロップすることもできます。Apple Pencilを使ってiPadで絵を描いて、それをMac上のKeynoteスライドに配置するといった作業に最適です。
「ユニバーサルコントロール」により、ユーザーはMacとiPadの間でよりシームレスに作業することができます。
  • 「MacにAirPlay」を使うと、最新の映画、ゲームから、休暇中に撮影した写真、プレゼンテーションまで、ありとあらゆるものをiPhoneまたはiPadから直接Macの美しいRetinaディスプレイに再生、表示、共有できます。また、Macの原音に忠実なサウンドシステムをAirPlayスピーカーとして使うこともできるので、音楽やPodcastをMacで再生したり、Macをマルチルームオーディオの2次スピーカーとして使用できます。
iMacとiPhone 12 Proに表示されている「MacにAirPlay」。
AirPlayはまったく新しい方法で、Macに命を吹き込みます。

macOS Montereyのその他の新機能

  • マップの新しいインタラクティブな地球や、驚くような没入感のある詳細な都市の体験により、ユーザーはMacの大きく美しいディスプレイ上で、まったく新しい方法で、地球の美しい自然を行き巡り、探索することを楽しめます。
  • 「テキストの認識表示」は、デバイス上の機械学習を利用して、写真にある文字情報、例えば電話番号、ウェブサイト、住所、追跡番号などを検出するので、ユーザーはコピー&ペーストや電話をかけたり、ウェブサイトを開いたり、情報を見つけたりすることができます。また、「画像を調べる」も機械学習を利用して、ユーザーが写真に写っている動物、アート、ランドマーク、植物などを見つけて学ぶことができるようにします。これらの機能は、写真アプリケーション、メッセージ、Safariなどのアプリケーションを含め、macOS全体で動作します。
  • iCloud+は、ユーザーに人気のiCloudのすべての機能に、「メールを非公開」、拡張されたHomeKitセキュアビデオのサポート、革新的な新しいインターネットプライバシーサービスであるiCloud Private Relayなどの新しいプレミアム機能が追加料金なしで加わります1
  • AirPods ProおよびAirPods Maxは、M1チップを搭載したMacで、空間オーディオによる映画館のような体験をお届けします。
  • 「メールプライバシー保護」などのプライバシー機能により、メールアプリケーションのアクティビティに関する情報をメールが収集できるかどうかをユーザーが選択できるようになり、Macのレコーディングインジケータが、どのアプリケーションがMacのマイクにアクセスしているかを表示します。
  • 新しいアクセシビリティ機能では、誰でもマークアップから直接、代替の画像テキストを追加できるようになり、フルキーボードアクセスが向上し、新しいカーソルカスタマイズオプションによってより柔軟にMacを操作できるようになります。
提供について
macOS Montereyのデベロッパ向けベータ版は、本日より、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。Macユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。macOS Montereyは今秋、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。互換性のあるMacのモデルを含む詳しい情報は、apple.com/macos/monterey-previewをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。一部の機能は、国や地域、言語によっては利用できない場合があります。
共有

macOS Montereyの新機能の画像

  1. iCloud+プラン:50GB HomeKitセキュアビデオカメラ1台(月額0.99ドル)、200GB HomeKitセキュアビデオカメラ5台まで(月額2.99ドル)、2TB HomeKitセキュアビデオカメラの台数無制限(月額9.99ドル)。現在iCloudストレージのサブスクリプションに登録しているユーザーは、この秋、自動的にiCloud+にアップグレードされます。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000