新規ウィンドウを開く
プレスリリース 2022 年 4 月 5 日

Appleの世界開発者会議、今年もすべてオンライン形式で開催

Appleは今年もSwift Student Challengeを開催
2022年世界開発者会議(WWDC)を表すグラフィック。
カリフォルニア州クパティーノ — Appleは本日、毎年開催している世界開発者会議(WWDC)を6月6日から10日までオンライン形式で開催することを発表しました。すべての開発者は無料で参加できます。過去2年間のバーチャルイベントの成功を受け、WWDC22では、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSにおける最新のイノベーションを披露するほか、Appleのエンジニアやテクノロジーとつながり、画期的なアプリケーションやインタラクティブな体験を作り出す方法を学ぶ機会を開発者に提供します。
「本質的にWWDCはずっと、つながりを築きコミュニティを構築するためのフォーラムでした。このような考えのもと、WWDC22では世界中の開発者の皆さんを招待して、最高のアイデアを形にしたり、可能性の限界を押し広げたりする方法を探ります。私たちは開発者の皆さんと交流するのが大好きです。参加したすべての方に、WWDCでの体験によってエネルギーを与えられたと感じてほしいと思います」と、Appleのワールドワイドデベロッパリレーションズ、エンタープライズおよびエデュケーションマーケティング担当バイスプレジデント、スーザン·プレスコットは述べています。
今、Apple製品はこれまで以上にユーザーの日常生活の一部となり、ユーザーが学び、作り、つながるのをサポートしています。WWDC22では、成長を続けるAppleのグローバルコミュニティの3,000万人を超える開発者が、ビジョンを実現するためのテクノロジーやツールに触れて洞察を得ることができます。基調講演とPlatforms State of the Unionのプレゼンテーションのほか、今年のプログラムにはより多くの情報セッションや最先端の学習ラボ、参加者と交流できるさらに多くのデジタルラウンジも含まれます。また、WWDC22を真のグローバルイベントにするため、これまで以上のコンテンツがローカライズされます。
オンラインの会議に加えて、Appleは6月6日にApple Parkで開発者と学生のためのSpecial dayを開催し、オンラインで視聴する方々と一緒に基調講演とState of the Unionのビデオを視聴します。こちらはスペースに制限があり、参加の申し込みに関する詳細をApple DeveloperサイトおよびApple Developerアプリケーションで近日中にお知らせします。
Appleは3年目となるSwift Student Challengeも開催し、コーディングが大好きな学生の皆さんを支援します。Swift PlaygroundsはiPadとMacのために用意されている画期的なアプリケーションで、コードを実際に動かして楽しみながらプログラミング言語であるSwiftが学習できるようになっています。今年のチャレンジでは、世界中の学生の皆さんに自分で選んだトピックでSwift Playgrouondsアプリケーションのプロジェクトを作成してもらいます。作品の応募期限は4月25日です。詳しくはSwift Student Challengeのウェブサイトをご覧ください。
Appleは、毎年恒例のWWDC学生プログラムを通じて次世代の開発者をサポートし、育成できることを誇りに思います。過去30年にわたり、何千人もの学生がスキルを磨き、あらゆる年齢のプログラマーと交流してきました。学生の皆さんはその後、テクノロジー業界で長く成功したキャリアを築いたり、ベンチャーキャピタルの支援を受けてスタートアップ企業を立ち上げたり、より良い未来を作るためのテクノロジー利用に重点を置いて非営利団体を設立したりしています。
共有
  • 記事本文

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000