新規ウィンドウを開く
プレスリリース 2022 年 6 月 7 日

iPadOS 16のパワフルな新しい生産性と共同作業の機能により、iPadがこれまで以上に万能に

ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートによる完全に新しいマルチタスキング体験、メッセージを通じた新しい共同作業の方法、メールとSafariの大幅なアップデート、iCloud共有写真ライブラリ、リファレンスモードや拡大表示をはじめとするプロ向け機能などを追加
iPadの画面に表示されている、新しいステージマネージャマルチタスキング機能での重なり合うウインドウ。
iPadOS 16は、新しいマルチタスキング体験、ほかの人と共同作業するための新しい方法、M1チップのパワーを活用するプロユーザー向けの新機能を導入します。
カリフォルニア州クパティーノ Appleは本日、iPadの体験をこれまで以上に万能にするメジャーアップデートであるiPadOS 16をプレビューしました。M1チップのパワーを活用するステージマネージャは、複数の重なり合うウインドウと、外部ディスプレイのフルサポートにより、マルチタスキングに新しい方法をもたらします。メッセージを使ってシステム全体のアプリケーションでほかの人と共同作業を始めるための新しい方法により、共同制作がかつてないほど簡単になります。また、新しい共同作業アプリケーションは、一緒にブレインストーミングをするための柔軟なキャンバスを提供します。メールの新しい機能は、ユーザーの生産性をさらに高めます。Safariには、ほかの人とウェブをブラウズするための共有タブグループが加わり、パスキーによってブラウズ体験がさらに安全になります。新しい天気アプリケーションは、美しいiPadのディスプレイを最大限に活用し、「テキスト認識表示」ではビデオ内のテキストを操作することができます。リファレンスモードや拡大表示などの新しいプロ向け機能により、iPadはこれまで以上にパワフルなモバイルスタジオになります。Appleシリコンのパワーとの組み合わせで、iPadOS 16は、iPadでさらにたくさんのことが、より速く、より簡単にできるようにします。
「iPadは私たちの最も万能なデバイスで、iPadOS 16によって、iPadでできることをさらに広げることを嬉しく思います。iPadのマルチタスキングをまったく新しいレベルに引き上げるステージマネージャと、メッセージ、Safari、新しい共同作業アプリケーションを使った共有と共同作業のための新しい方法、そしてリファレンスモードや拡大表示などの新しいプロ向け機能により、iPadでさらに多くのことができるようになります」とAppleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。

メッセージで共有し、つながる新しい方法

メッセージの新しい機能により、ファイル、Keynote、Numbers、Pages、メモ、リマインダー、Safari、他社製アプリケーションで、共同作業を始めたり共有コンテンツを管理するのがさらに簡単になります。ユーザーがメッセージで共同作業の招待を送信すると、そのスレッドに含まれている全員が該当の書類、スプレッドシート、プロジェクトに自動的に追加されます。共有されたファイルに誰かが変更を加えると、メッセージのそのスレッドの一番上にアップデートが表示され、全員が確認できます。共同制作プロジェクトで作業中のユーザーは、関連するメッセージの会話に簡単に参加したり、タップするだけで共同作業の仲間とFaceTime通話を始められます。
iPadの画面に表示されている、メッセージと書類での新しい共同作業のための機能。
メッセージは、ほかの人と一緒に作業しながら生産性を高める新しい方法をもたらします。
iPadOS 16は、日々のメッセージの体験をさらに良くします。ユーザーは、送信して間もないメッセージを編集または取り消したり、最近削除したメッセージを復元したり、後で対応できるように会話を未読にすることができます1。さらに、ユーザーはメッセージでSharePlayセッションを開始できるようになり、映画、テレビ番組、ワークアウト、ゲームなどの共有アクティビティを選んで、メッセージでチャットしながら、同期した状態で一緒に楽しむことができます。

新しい共同作業アプリケーションでのリアルタイム共同作業スペース

柔軟なキャンバスを備えたパワフルな新しい共同作業アプリケーションを使うと、レイアウトやページサイズを気にすることなく、ユーザーは表示、共有、共同作業のすべてを一か所で行うことができます。また、Apple Pencilに完全対応しています。ユーザーは、リアルタイムの共同作業スペースを楽しみながら、ほかの人が行ったコンテンツの追加や編集などを見ることができます。年内にiPadOS 16に加わる予定の新しい共同作業アプリケーションでは、共同作業者は、FaceTimeからセッションを始めたり、ほかの人が行ったアップデートをメッセージのスレッドで確認できるようになります。
新しい共同作業アプリケーションは、Apple Pencilに完全に対応し、ユーザーは柔軟なキャンバス上でリアルタイムで表示、共有、共同作業ができます。

メールに新しいスマートツールが登場

メールに導入される新しいツールにより、かつてないほど簡単に生産性を高められるようになります。ユーザーは、受信者の受信ボックスに届く前の短い間に、メッセージの送信を取り消したり2、完璧な瞬間にEメールを送信するように予約したり、フォローアップをすぐに送信できるように送信済みのEメールを受信ボックスの一番上に移動したりすることができます。「あとでリマインダー」を使うと、メッセージを任意の日時に再表示することができ、添付ファイルや受信者などメッセージの重要な内容を入れ忘れた場合は通知を受け取ることができます。さらに、まったく新しい検索体験として、入力ミスの修正や検索語の同義語の使用によって、一段と精度が高く正確な検索結果を提示します。また、連絡先や共有コンテンツなど、より豊富な結果を見ることができます。
メールアプリケーションに示された、ユーザーの受信ボックスからのまったく新しい検索体験。
メールは、より関連性が高く正確で精度の高い検索結果を提示する、まったく新しい検索体験を導入します。また、連絡先や共有コンテンツなど、より豊富な結果を見ることができます。

新しいiCloud共有写真ライブラリで思い出を追体験

iCloud共有写真ライブラリは、最大6人の家族メンバーで写真をシームレスかつ自動的に共有するための最も簡単な方法です。全員が参加して、メモリー、おすすめの写真、写真ウィジェットでコレクションを楽しむことができます。ユーザーは過去の写真をすべて共有することも、設定ツールを使用して、共有を開始する日または写真に写っている人をもとに特定の写真を追加することもできます。写真は、コレクションに手動で追加することも、Bluetoothによる近接検出や「For You」の共有の提案を使って追加することもできます。共有ライブラリ内で誰かが写真を追加、編集、または削除すると全員のライブラリが更新されます。
ユーザーのiPadのiCloud共有写真ライブラリに表示された複数の画像。
iCloud共有写真ライブラリで、家族は写真をシームレスに共有できるようになり、より完全な形で思い出を追体験できます。

共同作業とセキュリティの新機能がSafariに登場

Safariは大幅にアップデートされ、より共同作業が行いやすく、カスタマイズ可能で、安全になります。共有タブグループを使うと、ユーザーは一連のタブ上で友達と共同作業したり、一緒に作業しながら瞬時にタブのアップデートを確認することができます。また、タブやブックマークを共有したり、Safariから会話を始めることができます。タブグループには専用のスタートページがあり、背景画像、ブックマーク、そして全員が表示および編集可能な独自のセクションをカスタマイズできます。
ウェブ上とアプリケーション内でのパスワードに代わるものとして設計された、より簡単で安全なサインイン方法であるパスキーにより、Safariでのブラウズがさらに安全になります。パスキーはiPadに保存され、ユーザーがパスキーを作成したサイトに固有のものです。パスキーはデバイス上に保持される固有のデジタルキーであり、ウェブサーバ上には決して保存されないため、ハッカーが漏洩させたりユーザーを騙して共有させたりすることはできません。ユーザーは、iPadでQRコードをスキャンして、Face IDまたはTouch IDで認証することにより、Appleデバイスでも他社製デバイス上でもウェブサイトやアプリケーションにサインインできます。
iPadの画面に表示された、新しい共有タブグループ機能。
共有タブグループでは、ユーザーはSafariのサイトのコレクションを友達や家族と共有でき、タブを追加したり、ほかの人が何を見ているのかを確認するのが簡単になります。

天気アプリケーションがiPadに登場

驚くほど美しいディスプレイを最大限に活用するようデザインされた天気アプリケーションが、美しいアニメーションを備えてiPadに登場します。ユーザーはタップするだけで、最も重要な気象情報を見たり、マップで降水量、空気質、気温を確認することができます。ユーザーの地域で重大な気象警報が発令された場合に通知を受け取ることや、色付けされたスケールで空気質をチェックすることもできます。
iPadに天気アプリケーションが登場し、ユーザーはタップするだけで詳細な気象情報にアクセスできます。

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」にパワフルなアップデートを追加

「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使ってシステム全体で画像中のテキストを認識します。その対象にビデオが加わり、一時停止中のビデオフレーム内でテキストを完全に操作できるようになります。ビデオ上で1回タップするだけで、ユーザーは言語の翻訳や通貨の変換をすばやく行うことができます。「画像を調べる」では、タップするだけで画像から対象物を抜き出したり、背景を削除して対象物だけにすることが可能になります。また、認識機能が拡張され、鳥、昆虫、彫像などが追加されます。
iPadで「テキスト認識表示」を使って、「The ‘swing’ in jazz actually comes from the quarter note」という言葉の検索を実行するためにビデオからテキストを抜き出しているところ。
「テキスト認識表示」を使うと、ユーザーはあらゆるフレームでビデオを一時停止してテキストを操作できるほか、テキストを翻訳したり通貨を変換したりできます。

プロ向け機能により負荷の高いワークフローが進化

iPadOS 16は、クリエイティブなプロフェッショナルにとってiPad Proを不可欠なツールにする新しいパワフルな機能を提供します。リファレンスモードでは、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proで、レビューや承認、カラーグレーディング、合成といった正確な色味と一貫した画質がきわめて重要なワークフローで色の条件に合わせることができます。
Appleが設計したM1チップのパフォーマンスによって実現する拡大表示では、ディスプレイのピクセル密度を増やすことができ、ユーザーはアプリケーション内により多くのものを表示できます。これは特にSplit Viewを使う時に役立ちます。仮想メモリスワップを使用すると、iPadのストレージを使用して、すべてのアプリケーションで利用可能なメモリを拡張できるため、最も負荷の高いアプリケーションに最大16ギガバイトのメモリを提供でき、マルチタスキングを完全にシームレスなものにできます。
複数のプロ向けデバイスが接続された状態で表示されたリファレンスモード。
リファレンスモードは、複数のデバイス間で一貫したリファレンスワークフローを提供し、iPad Proをクリエイティブなプロフェッショナルにとって不可欠なツールにします。

ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートによるパワフルなマルチタスキング

ステージマネージャは、アプリケーションとウインドウを自動的に整理し、タスク間の切り替えをすばやく簡単にできるようにする、まったく新しいマルチタスキング体験です。iPadでは初めて、ユーザーは重なり合う異なるサイズのウインドウを単一のビューで作成したり、横からウインドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリケーションを開いてアプリケーションのグループを作成できるようになり、さらに高速で柔軟なマルチタスキングが可能になります。ユーザーが作業中のアプリケーションのウインドウは中央に目立つように表示され、開いているほかのアプリケーションやウインドウは最新の順に左側に配置されます。
ステージマネージャで重なり合うウインドウを作成しているユーザー。
ステージマネージャを使うと、ユーザーは重なり合う異なるサイズのウインドウを作成したり、横からウインドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリケーションを開いてグループを作成できます。
M1チップを搭載したiPad ProとiPad Airで利用可能なステージマネージャは、最大6Kの解像度を備えた外部ディスプレイのフルサポートも実現するため、ユーザーは理想のワークスペースを構成し、iPad上に最大4つのアプリケーション、外部ディスプレイに4つのアプリケーションを表示しながら作業できます。
プロユーザーの接続されたMacとiPadの画面上に表示された、複数の開いているアプリケーション。
外部ディスプレイのフルサポートにより、ステージマネージャでは、ユーザーは理想のワークスペースを構成し、最大8つのアプリケーションで同時に作業できます。

iPadOS 16のその他の機能

  • 音声入力は、ユーザーが音声、タッチ、Apple Pencilを使用したスクリブルの間を簡単に切り替えられる、新しいデバイス上の体験を提供します。ユーザーは、キーボードでの入力、スクリブルでの入力、テキストフィールドのタップ、カーソルの移動、QuickTypeの候補の挿入のすべてを、音声入力を止めることなく実行できます。音声入力には、句読点の自動追加と絵文字の音声入力の機能もあります3
  • Siriには、設定不要でアプリケーションから自動的にショートカットを実行する機能が加わります。また、メッセージの送信時にSiriを使って絵文字を挿入したり、設定内の機能を有効にすることでメッセージ送信時の確認手順をスキップすることができます。Siriは、インターネット接続がないオフラインの状態で、より多くの種類のリクエストを処理できるようになりました。また、ユーザーは「Hey Siri、電話を切って」と言うだけで、完全にハンズフリーで電話を切ることができます4
  • ホームアプリケーションには、スマートホームアクセサリの操作、整理、表示、コントロールがさらに簡単で一目でわかるようになる、まったく新しいデザインが採用されます。また、互換性のあるアクセサリを様々なプラットフォーム間でシームレスに連係できるようにするスマートホームの接続規格「Matter」に対応5することで、最高レベルのセキュリティを保ちながら、より多くの選択肢と互換性を提供します。
  • デスクトップクラスのアプリケーションでは、システム全体で一貫した取り消しとやり直しの体験、再設計された検索と置換の体験、カスタマイズ可能なツールバー、ファイルアプリケーションでのファイルの拡張子の変更やフォルダのサイズの確認など、システムの要素や操作からMacで利用可能な新機能まで、iPadのディスプレイに最適化された新しい機能が実現します。
  • Apple Newsには「My Sports」が加わり、ユーザーは1つのアプリケーションの中で、好きなチーム、リーグ、選手をフォローしたり、地域や国内外の何百もの最高のスポーツメディアから厳選されパーソナライズされたストーリーを見たりすることができます6
  • メモを使うと、ユーザーは手書き文字を自動で整える機能によって、より綺麗な手書きメモを作成したり、自分のiCloudパスワードを使って個人用メモをロックしたり、クイックメモにスクリーンショットを追加したり、パワフルなスマートフォルダとフィルタ機能によって、これまで以上に整理することができます。
  • FaceTimeのHandoffにより、ユーザーは1台のAppleデバイスでFaceTime通話を開始した後、近くにある別のAppleデバイスにシームレスに引き継ぐことができます。別のデバイスに切り替える時は、接続されたBluetoothヘッドセットも同時に切り替えられるため、会話を少しも聞き逃すことはありません。
  • 新しいアクセシビリティツールには、FaceTimeのライブキャプション7、周囲をより多彩に表現する新しい拡大鏡モード8、iPad上の入力フィールド、メニュー項目、ボタンのラベル、その他のテキストをさらに読みやすくする「ポイントしたテキストの拡大機能」、VoiceOverと「読み上げコンテンツ」の20以上のサポート対象言語の追加などが含まれます。
  • 年内に、Game Centerにデザインが刷新されたダッシュボードが導入され、プレイヤーは友達がどのゲームをプレイしているかや、様々なゲームでの友達の達成状況やハイスコアを一か所で見れるようになります。また、SharePlayとの統合により、マルチプレイヤーゲームを友達とFaceTime通話で自動的に開始できるようになります。
提供について
iPadOS 16のデベロッパ向けプレビューは、本日より、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。iPadOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。新しいソフトウェア機能はこの秋、iPad(第5世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けに、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。詳細については、apple.com/jp/ipados/ipados-previewをご覧ください。 提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。
共有
  • 記事本文

  1. ユーザーは、送信してから最大15分間、メッセージの編集または取り消しができ、削除してから最大30日間、最近削除したメッセージを復元できます。
  2. ユーザーは、送信してから最大10秒以内のEメールの送信を取り消せます。
  3. まったく新しい音声入力および音声入力の絵文字サポートは、A12 Bionic以降を搭載したiPadで利用できます。  
  4. この機能はA12 Bionic以降を搭載したiPadで利用可能で、音声モデルのダウンロードが必要です。
  5. Matter対応アクセサリを使用するには、ホームハブとなるApple TVまたはHomePodデバイスが必要です。また、ホームにアクセスするすべてのAppleデバイスに、最新のソフトウェアが搭載されている必要があります。  
  6. Apple Newsは、米国、英国、カナダ、オーストラリアで利用できます。
  7. ライブキャプションは、iPhone 11以降、A12 Bionic以降を搭載したiPadモデル、Appleシリコンを搭載したMacコンピュータで、ベータ版が利用可能になります。ライブキャプションの精度は状況によって異なる場合があるので、リスクが高い状況では依存しないでください。
  8. 拡大鏡のドアの検知と人の検知機能を使うには、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、11インチiPad Pro(第2世代および第3世代)、12.9インチiPad Pro(第4世代および第5世代)に搭載されているLiDARスキャナが必要です。ユーザーが危害を受けたり負傷する可能性がある環境、リスクが高い状況、緊急時はドアの検知に依存しないでください。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000