新規ウィンドウを開く
新着情報 2022 年 9 月 12 日

watchOS 9、本日提供開始

新しい文字盤、強化されたワークアウトアプリケーション、睡眠ステージ、これまでにない心房細動履歴機能、再設計されたコンパスアプリケーション、まったく新しい服薬アプリケーションが登場
ワークアウトアプリケーションの心拍数範囲、新しい「メトロポリタン」文字盤、睡眠ステージを表示している、3つのApple Watchデバイス。
watchOS 9は、Apple Watchに新機能と強化されたアプリケーションを搭載し、さらなるパーソナライズを可能にします。
Appleは本日、世界をリードするウェアラブルオペレーティングシステムに新機能と強化した体験をもたらすwatchOS 9の提供を開始しました。Apple Watchのユーザーはより多くの文字盤から選べるようになり、より多くの情報とパーソナライズの機会を提供するより豊富なコンプリケーションを利用できます。アップデートされたワークアウトアプリケーションでは、高度な指標、表示に加えて、有能なアスリートからインスピレーションを得たトレーニング体験が、ユーザーのワークアウトを次のレベルに押し上げられるようにします。睡眠アプリケーションに睡眠ステージが加わったほか、心房細動と診断されたユーザーに対しさらに詳しい情報を提供する、新しいFDA認可の心房細動履歴機能が搭載されました。新しい服薬アプリケーションでは、ユーザーは服薬の管理、把握、記録を慎重かつ便利にできるようになります。

新しく機能が拡張された文字盤

watchOS 9には、中国文化、イスラム文化、ヘブライ文化などの多くの文化圏で使用されているグレゴリオ暦と太陰暦の関係を表現した「ルナー」、アーティストJoi Fulton氏とのコラボレーションによって生まれたApple Watchだけのダイナミックなアート作品「プレイタイム」、クラシックでDigital Crownを回すとスタイルが変化するタイポグラフィが強調された文字盤「メトロポリタン」、そして新しい星図と現在の雲のデータを表示して完全に生まれ変わったオリジナルの文字盤「アストロノミー」の4つの新しい文字盤が追加されています。
今回のアップデートでは、「ユーティリティ」「シンプル」「アクティビティアナログ」などのいくつかの最もクラシックな文字盤に強化され現代化されたコンプリケーションが新たに追加されているほか、「モジュラー」「モジュラーコンパクト」「特大」の背景色を編集してさらにパーソナライズできるようになりました。「ポートレート」文字盤では、猫、犬、風景などのより多くの写真で深度エフェクトが使えます。また「カリフォルニア」と「タイポグラフィ」の文字盤にはオプションとして漢数字が追加されています。今回初めて、watchOS 9を搭載するすべてのApple Watchのユーザーは、Nikeモデルを持っていなくても、新鮮なカラーが登場する「バウンス」文字盤を含めたすべてのNike文字盤を利用することができます。
「パーソナル」集中モードの間は「写真」の文字盤を表示するといったように、集中モードでは、iPhoneで特定の集中モードを開始した際にApple Watchに自動的に表示される文字盤を選択できるため、ユーザーが集中するのに役立ちます。

ワークアウトアプリケーションのアップデート

Apple Watchで最も人気の高いアプリケーションの1つであるワークアウトアプリケーションがアップデートされ、パフォーマンスを測定するためのより詳しい指標と新しいトレーニング体験がユーザーのフィットネスの目標達成をサポートします。お馴染みのセッション中の表示では、Digital Crownを回すことで、読みやすくデザインされたいくつかのワークアウト表示に切り替えられ、ユーザーは様々なトレーニングスタイルの重要な指標を確認できるようになりました。「心拍数範囲」は、パーソナライズされたヘルスケアのデータを使って、ワークアウトの強度のモニタリングに役立ちます。インターバルトレーニング向けには、ワークアウトアプリケーションにカスタムワークアウトが追加され、運動と休憩のインターバルを組み込んだワークアウトを作成できるようになりました。ペース、パワー、心拍数、ケイデンスなどの新しい通知を追加し、ワークアウト全体を通じてユーザーをガイドします。
トライアスロン選手やデュアスロン選手向けに、ワークアウトアプリケーションは「マルチスポーツ」という新しい種類のワークアウトに対応し、モーションセンサーを使用して動きのパターンを認識し、スイミング、サイクリング、ランニングの一連のワークアウトが自動的に切り替わるようになりました。また、iPhoneのフィットネスアプリケーションでは、新しくデザインされた概要ページに詳しい情報とインタラクティブなグラフが表示され、すべてのワークアウトをより正確に分析するのに役立ちます。
「マルチスポーツ」ワークアウトのスイミング、サイクリング、ランニングの異なるセクションを表示している、3つのApple Watch Series 8デバイス。
トライアスロン選手やデュアスロン選手向けに、ワークアウトアプリケーションは「マルチスポーツ」という新しい種類のワークアウトに対応し、スイミング、サイクリング、ランニングの一連のワークアウトが自動的に切り替わるようになりました。

ランナーのためのアップデート

Apple Watchはランナーにとってすでにパワフルなツールとなっており、watchOS 9では、ユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立つさらに多くのデータと機能を追加します。歩幅の長さ、接地時間、上下動、などの新しいランニングフォーム指標のすべてを指標としてワークアウト表示に追加することができます。これらの指標はフィットネスアプリケーションの概要とヘルスケアアプリケーションに表示され、ユーザーは長期的な傾向を確認してパターンを把握できます。
新しいペース体験では、ユーザーは距離と完走時間の目標を設定することができ、目標を達成するために必要なペースが計算され、表示されるペース通知や指標をワークアウト中に確認することができます。今年後半に登場する「レースコース」機能では、自己ベストまたはよく使うコースの前回の記録と競うことができ、セッション中にペースのガイダンスが表示されます。米国で年内に登場する新しい陸上トラックでのランニング体験では、ユーザーが陸上トラックをランニング中であることを自動的に検知し、AppleマップのデータとGPSを併用して、ランナーにとって最高のペース配分や距離の指標を提供します。

スイミングの機能強化

プールスイミングのワークアウトの新しいストロークタイプとしてキックボードが追加され、ユーザーがキックボードを使って泳いでいる時、Apple Watchはセンサーフュージョンを用いてそれを自動的に認識し、ストロークタイプと泳いだ距離を分類してワークアウトの概要で表示します。スイマーは、プールの端から端まで泳ぎ終えるのにかかったストローク数と秒数を合わせたSWOLFスコアによって泳ぎの効率を記録し、ワークアウトの概要で各セットの平均SWOLFを確認することができます。

再設計されたコンパスアプリケーション

完全に再設計されたコンパスアプリケーションは、アナログのコンパスダイヤルとデジタル表記の方角が両方同時に見えるハイブリッド表示など、より詳細な情報と新しいズーム調整が可能な表示を提供します。Digital Crownを回すと緯度、経度、高度、傾斜が見える表示に切り替わり、さらにDigital Crownを回すと目的地を目指すために「コンパスウェイポイント」と「バックトレース」が見える表示に切り替わります。
「バックトレース」は、GPS情報を使ってユーザーが移動した経路を表示するので、迷ったり方向を見失ったりして足取りをたどる助けが必要な時に便利です。ルートから外れた時は自動的にバックグラウンドで起動させられます。「コンパスウェイポイント」は、アプリケーション内で直接、場所や特定の地点をすばやく簡単にマークする方法です。「コンパスウェイポイント」のアイコンをタップすると、「ウェイポイント」が配置されます。「ウェイポイント」を選択すると、その「ウェイポイント」を目指すための方向とおおよその距離を示します。

睡眠に関する詳しい情報

Apple Watchの睡眠体験はすでに、就寝準備や就寝時刻のスケジュールを立てたり、睡眠状態を記録して目標を達成したりするために役立っています。watchOS 9では睡眠記録に睡眠ステージが加わり、より詳しい情報が提供されます。Apple Watchは加速度センサーと心拍数センサーからの信号を使って、ユーザーがレム睡眠、コア睡眠、深い睡眠の状態、目覚めている状態にあることを推定します。ユーザーはApple Watchの睡眠アプリケーションで睡眠ステージのデータを確認したり、iPhoneのヘルスケアアプリケーションで睡眠時間などの詳細な情報や、心拍数や呼吸数などの指標も比較チャートで確認することができます。
機械学習モデルは、これまで実施されたウェアラブルの調査において最大数で最も多様な被験者を対象とした睡眠ポリグラフ検査の1つの臨床データと照らし合わせてトレーニングと検証が行われました。睡眠の科学については現在も研究が進められており、米国のユーザーはリサーチアプリケーションを通じてApple Heart and Movement Studyに睡眠ステージのデータを提供し、発見の可能性に貢献することができます。
「覚醒」、「レム」、「コア」、「深い」を含む睡眠ステージを表示しているApple Watch Series 8 。
睡眠ステージの登場により、Apple Watchはユーザーがいつレム睡眠、コア睡眠、または深い睡眠の状態にあるかを推定し、より詳しい情報を提供できます。

これまでにない心房細動履歴機能

研究調査によると、心房細動の継続時間は、その人の症状、全体的な生活の質、合併症のリスクに影響を与える可能性があるとされています1。これまで、心房細動の頻度を長期にわたって記録したり、健康状態に影響を及ぼす可能性がある生活習慣関連因子を管理するための簡単な方法はありませんでした。
watchOS 9では、心房細動と診断されたユーザーは、FDA認可の心房細動履歴機能2を有効にし、心拍リズムに心房細動の兆候が現れたおおよその頻度などの重要情報にアクセスすることで、健康状態についてより詳しい情報を得ることができます3。また、毎週届く通知によって頻度を把握したり、ヘルスケアアプリケーションで、心房細動に影響を及ぼす可能性がある睡眠、アルコール摂取量、運動などの生活習慣関連因子を含む詳細な履歴を確認できるようになりました。
ユーザーは心房細動に関する自身の詳細な履歴と生活習慣関連因子の情報が記載されたPDFをダウンロードして医師や医療従事者と簡単に共有し、より詳しい情報にもとづいた会話に役立てることができます。
この1週間にユーザーが心房細動の兆候を示した時間の割合と、その前週における割合を含む、新しい心房細動履歴機能を表示しているApple Watch Series 8。
心房細動と診断されたユーザーは、FDA認可の心房細動履歴機能を有効にし、心拍リズムに心房細動の兆候が現れたおおよその頻度などの重要情報にアクセスできます。

服薬

Apple WatchとiPhoneの新しい服薬の体験では、ユーザーが服薬リストを作成し、服用スケジュールとリマインダーを設定し、薬の情報をヘルスケアアプリケーションで確認することによって、薬、ビタミン、サプリメントの管理と記録ができるようになりました。Apple Watchの服薬アプリケーションによって、ユーザーは薬の服用を便利かつ慎重に、いつでもどこでも簡単に記録できるようになりました。
1日複数回、1週間に1回、必要な時などそれぞれの薬の服用に関するカスタムスケジュールを作成し、リマインダーを設定して記録に役立てることができます。米国のユーザーは、iPhoneのカメラを使って薬を簡単に追加でき、ヘルスケアアプリケーションに追加した薬の間で重大な相互作用を引き起こす可能性がある場合には通知を受け取ることができます4
相互作用の可能性と服用リストを含む、服薬の体験を表示しているiPhoneと、その隣にあるApple Watch Series 8。
Apple WatchとiPhoneの新しい服薬の体験では、薬、ビタミン、サプリメントの管理と記録ができます。さらに、ヘルスケアアプリケーションに追加した薬の間で重大な相互作用を引き起こす可能性がある場合には通知を受け取ることができます。

周期記録のアップデート

iOS 16とwatchOS 9では、周期記録を利用するユーザーは、記録された周期の履歴が、不規則、回数が少ない、または期間が長い月経や不正出血など基礎疾患の症状かもしれない偏差の可能性を示す場合、通知を受け取れるようになりました。
手首皮膚温と推定排卵日を含む、周期記録を表示しているiPhoneと、その隣にあるApple Watch Series 8。
新しいiOS 16とwatchOS 9では、周期記録を利用するユーザーは、記録された周期の履歴が、不規則、回数が少ない、または期間が長い月経や不正出血など基礎疾患の症状かもしれない偏差の可能性を示す場合、通知を受け取れるようになりました。

プライバシー

プライバシーは、Appleのすべての機能にわたる設計と開発において基礎にある理念です。ユーザーのiPhoneがパスコード、Touch ID、Face IDでロックされている場合、ヘルスケアアプリケーションにある健康とフィットネスのデータは、メディカルIDを除いてすべて暗号化されます。iCloudに同期されるヘルスケアアプリケーションのデータはすべて、送受信中もAppleのサーバ上で保存されている時も暗号化されます。2ファクタ認証とパスコードがデフォルトになっているiOSとwatchOSを使用している場合、iCloudに同期されるヘルスケアアプリケーションのデータはエンドツーエンドで暗号化されます。これは、Appleがデータを解読する鍵を持たず、したがって、データを読み取ることができないことを意味します。

watchOS 9のその他のアップデート

  • 低電力モードはバッテリー駆動時間を延ばし、アクティビティの記録や転倒検出などのApple Watchの主な機能を維持しながら、バックグラウンドでの心拍数のモニタリングや常時表示ディスプレイといった一部のセンサーや機能を一時的に停止または制限します。
  • 国際ローミングプランによって、ユーザーは海外旅行中も携帯電話回線につながり続けることができます。
  • 通知の再設計により、Apple Watchの使用中は新しい細いバナーで通知が表示され、目を引きながらも集中を妨げない形で表示されます。
  • 年内にファミリー共有設定がホームアプリケーションに対応し、HomePodスピーカーやスマートホームのアクセサリを操作するメンバーとして子どもを招待できるようになります5。Appleウォレットで自宅やホテルの鍵を使うこともできます。
  • Apple Watchの新しいクイックアクションでは、上肢に障がいのあるユーザーがダブルピンチジェスチャーを使って、電話の応答や終了、写真の撮影、再生中アプリケーションでのメディアの再生や一時停止、ワークアウトの開始、一時停止、再開など、さらにたくさんのことができます。
  • ペアリングしたiPhoneからApple Watchを遠隔で操作できるようにするApple Watchのミラーリングにより、身体機能に障がいのある方々にとってApple Watchがこれまでに以上に使いやすくなりました。Apple Watchのミラーリングでは、音声コントロールやスイッチコントロールのようなiPhoneの支援機能を利用してApple Watchを操作できるため、Apple Watchのディスプレイをタップする代わりに音声、サウンドアクション、ヘッドトラッキング、他社製の「Made for iPhone」スイッチを使ってApple Watchを操作できます。
  • Apple Watch Series 7、Apple Watch Series 8、Apple Watch UltraのQWERTYキーボードが、日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語(メキシコ、スペイン、中南米)に対応しました。
  • アップデートされたカレンダーアプリケーションでは、Apple Watchから直接新しいイベントを作成できます。アップデートされた「リスト」「日」「月」の表示に加え、初めて「週」表示にアクセスできるようになったことで、より多くの方法でカレンダーのイベントをスクロールできます。
  • 心拍数回復」は、心血管系の健康状態のバロメーターとして役立つフィットネス指標です。Apple Watchでは、屋外ウォーキング、ランニング、ハイキングワークアウトで、強度がピークに達していなくても、「心拍数回復」の推定値が表示されます。この指標はヘルスケアアプリケーションで長期にわたって記録できます。
  • 新しい APIにより、CallKitと共有シートへの対応、写真ピッカーへのアクセス、またwatchOSのアプリケーションとApple TVの統合が可能になり、デベロッパはクラス最高のサードパーティアプリケーションを開発できるようになりました。
提供について
  • watchOS 9は、本日より無料のソフトウェアアップデートとして、iOS 16を搭載したiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降とペアリングされたApple Watch Series 4以降を対象として提供されます。詳細は、apple.com/jp/watchos/watchos-9をご覧ください。
  • 一部の機能は、国や地域、言語、またはメーカーやモデルによっては利用できない場合があります。
共有
  • 記事本文

  1. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32148086/
  2. watchOS 9のこれまでにない心房細動履歴機能は、世界中の保健当局の許可や承認を取得し、米国、カナダ、ヨーロッパ、香港、メキシコ、南アフリカ、英国など100を超える国や地域で利用できます。心房細動履歴機能は、オーストラリアでは今秋以降に利用できるようになります。
  3. 心房細動履歴機能は、心房細動と診断されたことがある22歳以上の方の使用を想定しています。
  4. 服薬機能は、医療の専門家による判断の代わりとして使用しないでください。薬のラベルには詳しい情報が記載されていますが、健康に関する判断を行う前に医療機関にご相談ください。
  5. ファミリー共有設定には、新しいホームアーキテクチャが必要です。新しいホームアーキテクチャはホームアプリケーションの中の別のアップデートであり、年内にソフトウェアアップデートで利用できるようになります。ホームにアクセスするすべてのApple製デバイスで、ソフトウェアを最新の状態に保つ必要があります。ホームのコントロールの共有とホームアプリケーションの通知の受け取りには、ホームハブが必要です。ホームハブとして利用できるのはApple TVとHomePodのみです。

    コンテンツやサービスの提供状況、対応製品は国によって異なります。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000