新規ウィンドウを開く
プレスリリース 2022 年 12 月 6 日

Apple、700の新しいプライスポイントなど、App Storeの価格設定に関する最大のアップグレードを発表

デベロッパは、世界中で価格を管理するための新たな柔軟性も獲得
カリフォルニア州クパティーノ Appleは本日、デベロッパに対して700の追加のプライスポイントと新しい価格設定ツールを提供する、App Storeの最初の立ち上げ以来最も包括的な価格設定機能のアップグレードを発表しました。新しい価格設定ツールにより、App Storeの国や地域ごとの価格設定、外国為替レート変動の管理などがさらに簡単になります。
長年にわたりApp Store経済は55万以上の雇用を支えており、Analysis Groupの独自の調査によると、2020年だけで、日本で350億ドル近くの請求と販売を促進しました。App Storeはまた、増え続ける多数の機能やツールを日本のデベロッパに提供し、App Storeの取引および支払いシステムを通じてデベロッパのビジネスを成長させ、日本のデベロッパが175の地域の市場と顧客にアクセスできるようサポートしてきました。App Storeの取引および支払いシステムは、ユーザーのための摩擦のない決済と透明性の高い請求、堅牢なマーケティングツール、税金や不正行為に関するサービス、返金管理など、拡大し続ける機能やツールをデベロッパに提供し、デベロッパのビジネスを成長させています。
価格設定はこれらの機能の基盤であり、デベロッパは、1回限りの購入や複数のサブスクリプションタイプなど、様々なビジネスモデルから選ぶことができます。価格設定に関する新機能は、自動更新可能なサブスクリプションを提供するアプリケーションでは本日から、その他のすべてのアプリケーションとアプリケーション内課金については2023年春から利用でき、175のストア全体と45の通貨で、製品の価格設定に関するこれまでにない柔軟性とコントロールをすべてのデベロッパに提供します。
App Storeのアップデートされた価格体系では、すべてのデベロッパが、これまでほとんどのアプリケーションで利用可能だったプライスポイントの10倍近い900のプライスポイントから選べるようになります。これには、選択可能な600の新しいプライスポイントと、リクエストに応じて利用可能な追加の100の高額プライスポイントが含まれます。世界中のデベロッパにさらなる柔軟性を提供するため、最低50円からリクエストに応じて最高160万円までのプライスポイントでは、2,000円までは10円刻み、2,000円から1万5,000円までは100円刻みなどのように価格範囲全体で徐々に価格が上がり、プライスポイントの選択肢が豊富になります。詳しくは下の表をご覧ください。
App Storeの新しい価格体系(円)を示した図。
App Storeの175の各ストアで、デベロッパは下2桁が80または90の価格(9,980円や9,990円など)を含め、さらに多くの価格設定基準を利用できるようになります。
本日より、サブスクリプションアプリケーションのデベロッパは、最もよく知っている所在地のストアを選び、それを基礎としてほかの174のストアと44の通貨全体で自動的に価格を生成することによって、複数のストアで通貨や税金をより簡単に管理することも可能になります。デベロッパは、希望に応じて、引き続きストアごとに価格を定義できます。ストアに基づく価格設定機能は、2023年春に、その他のすべてのアプリケーションに拡大されます。
世界中でアプリケーションを配布しているデベロッパ向けに、App Storeのグローバル平準化ツールは、国際市場全体で価格を管理するためのシンプルかつ便利な方法を提供してきました。今日発表された機能強化はこれらの機能を拡大するもので、デベロッパは、外国為替や税金が変動しても、自身が選んだ任意のストアで自国通貨との整合性を維持できます。例えば、ほとんどの仕事を日本の顧客から得ている日本のゲームデベロッパは、日本のストアに対して価格を設定し、海外の価格は外国為替と税金の変動に応じて更新されるようにできます。また、すべてのデベロッパは、アプリケーション内課金の提供をストアに基づいて定義できるようになります。
Appleは定期的に、税金および外国為替レートの変動に基づいて、特定地域の価格を更新します。すべてのストアでアプリケーション内課金の価格が均等に保持されるよう、この更新は、金融データプロバイダが公開する為替レート情報を使って行われます。現在、デベロッパは税金および外国通貨の調整に対応するため、いつでも価格を調整できます。2023年より、有料アプリケーションおよびアプリケーション内課金を公開しているデベロッパは、自動価格調整の影響を受けない所在地価格を設定できるようになります。
今回新たに発表されたツールは本日から2023年にかけて提供開始され、Appleがサービスを提供する世界中の何億人ものユーザーにデベロッパが到達できるようにしながら、デベロッパがさらに柔軟に製品価格を設定できるようにして、デベロッパがApp Storeで成功し続けるようサポートします。
共有
  • 記事本文

  • App Storeの価格設定に関するアップデート

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000