Apple Press Info

macOS Sierra、無料アップデートとして提供開始

SiriがMacに登場 ― デスクトップ向けにまったく新しい機能を装備

2016年9月21日、Apple®は本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新メジャーリリースとなるmacOS™ Sierraを、無料アップデートとして本日より提供することを発表しました。macOS SierraにはSiri®が搭載されるほか、iPhone®およびiPad®をお使いの皆様に愛されているお馴染みのインテリジェントかつ便利な機能と並んで、特にデスクトップ用として設計された、まったく新しい機能もMac®で利用できるようになります。ユニバーサルクリップボード、デスクトップと「書類」フォルダのファイルをiCloud®に自動保存する機能、自動ロック解除、Apple Pay®のウェブ利用といった機能により、MacとほかのAppleデバイスの連係がいっそう向上します。また、写真アプリケーションには新機能の「メモリー」が追加され、お気に入りの写真やビデオのコレクションを自動的に作ります。

Macで利用できるSiriは、メッセージやメールを送信したり、書類を見つけたり、情報を探したり、フォトライブラリを検索したり、システム環境設定を調節したりと、様々な作業を手伝ってくれます。Siriの検索結果はドラッグ&ドロップで書類に追加したり、後から参照できるように通知センターの「今日」にピンで貼り付けておくことができます。ユニバーサルクリップボードでは、あるAppleデバイス上のアプリケーションの内容をコピーして、別のAppleデバイス上の別のアプリケーションにペーストできます。デスクトップと「書類」フォルダのファイルをiCloudに自動で保存する機能では、iPhoneやiPadから、Macのデスクトップに置いたファイルにアクセスできます。そして、自動ロック解除では、認証済みのApple Watch®を身に付けている時は、Macに自動的にログインできるようになります。

Apple Payがウェブで利用できるようになるので、Safari®を使ったショッピング体験がさらに便利で安全なものになります。この機能に対応した約30万に上るショッピングサイト*(1-800-Flowers、Gilt、Instacart、Lululemon、Warby Parkerなど)では、会計時にApple Payボタンをクリックすれば、後はiPhone 6以降またはApple WatchでTouch ID®を通じて支払いを承認することができます。この場合、利用者のクレジットカードやデビットカードの情報がオンラインショップに知らされることはなく、利用者のデバイスとApple Payサーバの間で行われる通信はすべて、強力な暗号化機能により保護されます。
 
写真アプリケーションの新機能「メモリー」は、誕生会や家族旅行などのイベントを自動的にコレクションとして作成することにより、フォトライブラリ中のお気に入りの瞬間や、深く埋もれて忘れられたシーンを蘇らせてくれます。写真アプリケーションは、先進的なコンピュータビジョンを使って、写真に映る人々の顔、被写体、シーンを認識するので、写っている人や被写体から見たい写真を探すこともできます。まったく新しい「ブリリアンス」では暗い部分を明るくしたり、ハイライトを当て、写真全体をより明るく鮮やかな見栄えに仕上げたりできます。

​macOS Sierraには以下のような優れた新機能も用意されています:
  • メッセージ:アプリケーション内でウェブリンクのプレビューやビデオクリップの再生、メッセージバブルに対してハートやサムズアップ(賛成や承認)などのTapbackを直接返信するなど、会話がより面白くなります。また、巨大な絵文字を使ってメッセージのインパクトを高めることができます。
  • ウインドウのタブ機能:マルチウインドウに対応するMacアプリケーション全般(マップ、メール、Pages®、Numbers®、Keynote®、テキストエディットをはじめ、サードパーティ製アプリケーションも含みます)で有効になります。
  • ピクチャ・イン・ピクチャ:SafariやiTunes®のビデオウインドウを、デスクトップ上に表示できます。このウインドウは、サイズを変更したり、ドラッグで移動したり、画面の任意のコーナーにピンで固定したりすることで、別の作業を続けながらビデオを観ることができます。
  • 最適化されたストレージ:Mac本体の空き領域に余裕がなくなってきた時に、あまり使わないファイルをクラウドに保管したり、使わなくなったアプリケーションやファイルを削除するように利用者に促すことで、本体ストレージの空き容量を増やします。
  • iTunesの中にあるApple Music®:新しいミュージックを発見したり、独占配信から最新リリースを閲覧するのがこれまで以上に簡単になります。
*米国の状況です。

【提供について】
macOS Sierraは、本日より、Mac App Store®を通じて無料アップデートとして提供されます。macOS Sierraは2009年後半(Late 2009)以降に発売されたすべてのMacモデルで動作します。一部の機能は、すべての国・地域・言語で利用できない場合もあります。詳細については、www.apple.com/jp/macos/sierraをご覧ください。

【Appleについて】
Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。

© 2016 Apple Inc. All rights reserved. Apple, the Apple logo, macOS, Siri, Mac, iPhone, iPad, iCloud, Apple Pay, Apple Watch, Safari, Touch ID, Pages, Numbers, Keynote, iTunes, Apple Music and App Store are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

Apple Japan 03-4345-2000

画像使用契約

画像の使用に関する重要な情報

ご利用者は、以下の画像を複製または使用することにより、画像の使用方法を規定する以下の「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意したものと見なされます。本契約の条件に同意されない方は、Appleが署名した書面による許可を受けた場合を除き、いかなる方法によっても画像を複製または使用することはできません。

使用契約

ご利用者は、本契約の条件に従い、報道・解説を目的とした編集物においてのみ画像全体を使用できます。この使用権はご利用者本人のみに付与されるものであり、他者に譲渡することはできません。製品またはテクノロジーの宣伝または販売目的で画像を使用することはできません(広告、パンフレット、雑誌・書籍の表紙、ストックフォト、Tシャツ、その他の販促品など)。いかなる理由においても、画像全体またはその一部を変更または修正することはできません。

ご利用者とAppleの関係において、現在および将来にわたり、Appleが画像の所有権を単独かつ独占的に保有するものとします。ご利用者は画像に関する一切の所有権の表記を削除、変更、不鮮明化しないものとし、画像を使用する都度、画像の横に適切な所有権の帰属を記載するものとします。

「画像使用契約」を読んで内容を理解し、これに同意します。

同意してダウンロードする
同意しない