iPad ProのためのApple Pencilおなじみの形が革命を起こします。

iPad Proを使っていると、さらに高い精度が欲しくなる瞬間がきっとあるはずです。
そこで私たちはMulti-Touchの多才な能力をさらに広げるために、隅々まで入念に
こだわってApple Pencilを設計しました。内部のテクノロジーは私たちがこれまでに
開発してきたどんなものにも似ていませんが、初めて手に取った瞬間から使い慣れた
もののように感じられるはずです。ピクセルレベルでいくつもの効果を加えられる
Apple Pencilは、あなたの創造力にかつてないほどの自由をもたらします。

Apple Pencilを加えて、限界を取り去ろう。

Apple Pencilを見たことはないと思いますが、その使い方をあなたはすでに知っています。
初めて手に取った瞬間から、期待通りに機能します。そして、期待をはるかに超えていくはずです。
公園でスケッチをしている時でも、水彩で肖像画を描いている時でも、設計図を作成している時でも、
たった1本Apple Pencilが様々なツールをもたらします。一度手にすると、手放せなくなることでしょう。

反応の良さは抜群。タイムラグは実質ゼロ。

Apple Pencilがほかのクリエイティブツールと違うのは、圧倒的な反応速度です。描き始めてからそれが画面上に現れるまでのわずかな遅れであるレイテンシを、ほとんど感知できないレベルにまで小さくすることで、この反応の良さを実現しました。

iPad Proには、あなたが指を使って入力しているのか、Apple Pencilを使っているのかがわかります。iPad ProApple Pencilを感知すると、サブシステムがそのシグナルを1秒間に240回という驚異的な速さでスキャンします。これにより、指を使っている時に通常収集するデータポイントの2倍の量をとらえることができるのです。このデータとAppleが開発したソフトウェアを組み合わせることで、あなたが頭の中に描いたイメージが画面上に現れるまでの時間が、わずか数ミリ秒レベルになりました。

加える圧力によって、あらゆる太さのラインを描けます。

スレンダーなケースに収められた精密で正確な圧力センサーは、筆圧の強さを幅広く測定できます。慎重に配置されたセンサーが、Apple Pencilの先端がどのくらいの強さで押さえつけられているのかを正確に測定します。強めに押すと太めの線を、優しいタッチなら、微かな細い線を描けます。クリエイティブな効果のバラエティは、ほぼ無限。つまり、あなたの可能性も無限に広がります。

傾けて使うと、濃淡を加えられます。

Apple Pencilの先端に内蔵されている2つの傾斜センサーが、手の向きと角度を正確に計算します。あなたが自然な感覚で書いたり描いたりしている時の、それぞれのセンサーの相対的な位置は、Multi-Touchディスプレイによって検知することができます。だから、木炭や鉛筆で描く時と同じように、Apple Pencilを傾けるだけで、濃淡の効果を作り出せるのです。

ディスプレイに手が触れたままでも大丈夫。

Apple Pencilを使う際に手のひらの側部で支えられるよう、iPad Proには画面に置いた手に反応しないようにするパームリジェクションテクノロジーが組み込まれています。そのため手を置く場所を気にしないで描くことだけに集中できるので、精度を最大限まで追求できます。

12時間持続するバッテリー。
創造力を動かし続けよう。

Apple Pencilを充電する時は、マグネット式キャップを外すと現れるLightningコネクタをiPad Proに差し込むだけ。
コネクタは少し長めに設計されているので、iPad Proをシリコーンケースに入れたままでも充電できます。フル充電すれば、
メモ書きも、スケッチも、注釈の記入も、編集も、たっぷり12時間続けられます1。もしもApple Pencilを使っている途中で
バッテリーが切れたら、iPad Proから15秒間充電してください。それだけで30分間使えるようになります2

15秒間 の充電
=
30分間 バッテリーが持続

あらゆるアーティストにとって理想的なツールです。

精密で柔軟なApple Pencilは、アーティストが自然な感覚で使えるツールです。いつもは昔ながらの道具を
使っているアーティストにとっても、それは変わりません。様々なアーティストたちが作品に命を吹き込むために、
どのようにApple Pencilを活用しているか。いくつかの例を紹介します。