リチウムイオンバッテリー

現在、充電式リチウムベースのバッテリー技術は、AppleのノートブックコンピュータやiPod、iPhone、iPadに最良のパフォーマンスを提供しています。この標準バッテリー技術は、携帯電話やPDAなどのデバイスにも採用されています。Appleのバッテリーは、他のデバイスのリチウムバッテリー技術と同じ特性を持っています。それは、他の充電可能なバッテリーと同様、いつかは新しいものに交換しなくてはならないということです。

標準技術

リチウムイオンポリマーバッテリーは電力密度が高く、軽量で駆動時間が長いのが特長です。また、フル充電と放電のサイクルを繰り返す必要がなく、いつでも都合のよい時に充電することができます。

リチウムイオンバッテリーの高速およびトリクル充電段階における電圧/セルと充電電流の経過を記した図表


標準充電

大部分のリチウムイオンポリマーバッテリーの充電は、デバイスのバッテリー容量の80%まで高速充電した後、トリクル充電に切り替わります。充電中に使用していない場合、iPodは容量80%までの充電に約2時間、完全充電までにさらに2時間かかります。リチウムイオンバッテリーはすべてフル充電が可能ですが、定められた充電回数以上は充電できません。

充電回数:バッテリー容量を100%使用して充電すると、1回分のフル充電回数と数えられます。

1回の充電回数とは、バッテリー電力をすべて使い切ることを意味していますが、充電回数が1回というわけではありません。例えば、iPodを1日何時間か使用してバッテリー容量の半分を消費した後、完全充電したとします。翌日同じことを繰り返した場合、2日分の充電は2回ではなく1回分と数えられるので、充電サイクルを1回完了するのに数日かかるかもしれません。1回の充電サイクルを完了する度にバッテリー容量はわずかに減っていきます。しかし、バッテリーが磨耗して当初の容量の80%しか充電できなくなるまでに、ノートブックコンピュータもiPodもiPhoneも、バッテリーの充電を何回も繰り返すことができます。

バッテリーの交換と処分

リチャージャブルバッテリーは充電回数に限りがあり、将来的に交換および処分が必要になる場合があります。リチウムイオンポリマーバッテリーを内蔵した製品のバッテリーの交換は、必ずAppleまたはApple正規サービスプロバイダに依頼してください。バッテリーは必ずリサイクルされるか、家庭ゴミとは別に処分される必要があるため、AppleとApple正規サービスプロバイダが責任をもって、使用済みバッテリーを適切にリサイクルします。 Appleのバッテリー交換オプションについてさらに詳しく

長年活躍したApple製品とお別れする時が来たら、Appleはその素材を責任ある方法でリサイクルするお手伝いをします。Appleリサイクルプログラムについてさらに詳しく

電力を最大限に活用する方法

バッテリー駆動時間は、デバイスの利用の仕方に左右されます。例えば、映画鑑賞やゲームプレイは、ワープロソフトで単にタイプしている時よりも、ノートブックコンピュータのバッテリーの電力を早く消耗します。ノートブックコンピュータiPodiPhoneiPadのバッテリー駆動時間を簡単な方法で延ばすこともできます。