よくある質問


Appleの在宅勤務アドバイザーとは?

Appleの在宅勤務アドバイザーという職種は、AppleのカスタマーサービスグループであるAppleCareの一員です。Appleの在宅勤務アドバイザーになると、自宅で勤務しながら、このチームのメンバーになることができます。

在宅勤務アドバイザーはどのような業務を担当するのですか?

在宅勤務アドバイザーは、ソフトウェアとハードウェアの両方を含む、Appleの製品、サービス、アクセサリに関するお客様からの質問に対し、電話やチャットで回答する業務を担当します。

どのような製品をサポートするのですか?

一人の在宅勤務アドバイザーが一度に全製品を担当することはありませんが、在宅勤務アドバイザーは、Apple Watch、iPhone、iPod、iPad、Mac、AirMac、Apple TV、iTunesといった製品を担当します。今後登場する新製品についても、一般に向けた製品発表よりもかなり前にいち早く情報が共有されます。

採用された場合はAppleの社員になるのですか?

はい。在宅勤務アドバイザーは、パートタイムでもフルタイムでもAppleの社員です。

勤務時間はどのようになりますか?

通常のAppleのサポート営業時間内で勤務します。勤務シフトは業務のニーズに応じて変わります。ホリデーシーズン、業務が集中する時間帯、トレーニング時は追加勤務時間が発生する場合があります。

給与はどれぐらいになりますか?

同業他社と比較して競争力のある給与ですが、詳しくは面談の上で決定させていただきます。

福利厚生は提供されますか?

はい。Appleの在宅勤務アドバイザーは、フルタイム社員でもパートタイム社員でも、製品割引や有給休暇などの充実した福利厚生を利用できます。

在宅勤務時のホームオフィスに条件はありますか?

自宅には、周囲の騒音を遮断できるドアがついた、静かで集中できる部屋が必要です。さらに机、人間工学にもとづいて調整できる椅子、信頼できるプロバイダによる最低条件 (上り1 Mbit/秒、下り5 Mbit/秒)を満たす高速インターネット接続があること、またはそれらを用意することが必要になります。

コンピュータと電話は自分で購入する必要がありますか?

いいえ。アドバイザー業務専用のiMac一台とヘッドセットを、Appleが支給します。

Appleからこの業務のためのトレーニングを受けられますか?

はい。トレーニング期間は通常5週間から7週間で、バーチャルなオンラインプログラムを利用してライブ映像のインストラクターから受講します。トレーニングにはApple製品に関するレッスン、高度なトラブルシューティング、業務に合わせたツールやプロセスなど、様々な内容が含まれます。何より、Appleならではのカスタマーサポートの方法を学べるのが一番の特長です。

トレーニングと勤務の場所はどこですか?

トレーニングも、勤務も、在宅勤務アドバイザー用に支給されたiMacを使用して自宅で行います。

Macの経験は必要ですか?

MacやAppleのモバイルデバイス(iPod、iPhone、iPadなど)を使用した経験があると役立ちます。Windowsなどほかのオペレーティングシステムでの作業やトラブルシューティングの経験しかなくても、Macを使ったトレーニングを進んで受けていただける方は、このプログラムにふさわしい候補者です。

インターネットサービスの利用料は払い戻しされますか?

はい。採用時に相談して上限金額を決定し、それに従って払い戻しを行います。

アドバイザーは祝祭日に勤務する義務がありますか?

サポートビジネスのため、私たちへのお客様の需要は祝祭日に増大します。そこで、このような需要が多い日に対応できるスタッフが必要になります。祝祭日の担当スケジュールは事前にお知らせします。

最適な候補者の条件とはどのようなものですか?

テクノロジーを使って仕事をすること、誰かをサポートすることに情熱を傾けられる方が理想的な候補者です。そばに管理者がいなくても自分一人でトラブルシューティングや作業を楽しんで行える人、複数のシステムやアプリケーションを同時に管理できる優れたマルチタスク能力を持った人が求められます。

在宅勤務アドバイザーの応募方法を教えてください。

応募に関心がある方は、職種を検索してください。