身体機能

一つのタップ、一つのタッチで、できることは無数。

音声コントロール

声でコントロールできます。

あなたの声だけでデバイスを操作できます。クリック、スワイプ、タップなどのコマンドで、あなたのお気に入りのアプリを簡単に操作。クリックできる項目の横に番号を表示させたり、画面上にグリッドを重ねることで、選択、ドラッグ、ズームを正確に行えます。音声コントロールを使えば、書いて編集する作業の効率も一段とアップ。修正も、フォーマットの変更も、テキストの音声入力とコマンドの切り替えもシームレスです1

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、iPod touch

あなたの声だけでデバイスを操作できます。クリック、スワイプ、タップなどのコマンドで、あなたのお気に入りのアプリを簡単に操作。クリックできる項目の横に番号を表示させたり、画面上にグリッドを重ねることで、選択、ドラッグ、ズームを正確に行えます。音声コントロールを使えば、書いて編集する作業の効率も一段とアップ。修正も、フォーマットの変更も、テキストの音声入力とコマンドの切り替えもシームレスです1

音声コントロールを設定する:

アップデート:

新しい言語。音声コントロールを利用できる言語に、中国語(中国本土、香港)、フランス語(フランス)、日本語(日本)が追加されます。

画面認識。「画面認識」機能は、インターフェイスコントロールを自動で検出して、より簡単に使えるようにします。このVoiceOverの機能が音声コントロールに加わるので、タブ、チェックボックス、ラジオボタンの状態、見出しとモーダルの要素、ます。

スイッチコントロール

タップ一つで
操作できます。

スイッチコントロールは、様々な適応スイッチハードウェアやワイヤレスゲームコントローラで、または単純な音だけで、デバイスを効率良く簡単に操作できるようにします。身体機能に広範な障がいがある方は、項目スキャン、ポイントスキャン、手動スキャンを使って、オンスクリーンキーボード、メニュー、Dockの間を順番に移動して操作できます。システム全体またはアプリごとに適用できる独自のパネルとキーボードも作れます。プラットフォームスイッチを使えば、1つのデバイスを使って、あなたのiCloudアカウントに同期されているほかのデバイスを操作することもできます。例えばあなたのMacをあなたのiPhoneやiPadから直接コントロールできるので、新しいデバイス上で個別にスイッチを設定する必要はありません2

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple TV、iPod touch

スイッチコントロールは、様々な適応スイッチハードウェアやワイヤレスゲームコントローラで、または単純な音だけで、デバイスを効率良く簡単に操作できるようにします。身体機能に広範な障がいがある方は、項目スキャン、ポイントスキャン、手動スキャンを使って、オンスクリーンキーボード、メニュー、Dockの間を順番に移動して操作できます。システム全体またはアプリごとに適用できる独自のパネルとキーボードも作れます。プラットフォームスイッチを使えば、1つのデバイスを使って、あなたのiCloudアカウントに同期されているほかのデバイスを操作することもできます。例えばあなたのMacをあなたのiPhoneやiPadから直接コントロールできるので、新しいデバイス上で個別にスイッチを設定する必要はありません2

適応アクセサリ

スイッチコントロールは、スイッチ、ジョイスティック、キーボードのスペースバーといった様々なBluetooth対応デバイスに対応します。

アクセサリを見る

アップデート:

スイッチコントロールのサウンドアクション。舌や唇による破裂音や「イー」の音など、シンプルな口の音でiPhoneやiPadをコントロールできます。物理的なボタン、スイッチ、複雑な言葉によるコマンドを使う必要はありません。

ワイヤレスゲームコントローラに対応。これからは、ワイヤレスゲームコントローラを接続して、スイッチコントロールの外部適応スイッチとして使えます。DualShock 4、Xbox Eliteワイヤレスコントローラシリーズ2、Xboxアダプティブコントローラなどの人気のコントローラのボタンを、スイッチコントロールでiPhoneやiPadを操作するアクションとして割り当てられるようになりました。

画面認識。「画面認識」機能は、インターフェイスコントロールの自動検出によってアプリの操作を支援し、ユーザーがより簡単に使えるようにします。このVoiceOverの機能がスイッチコントロールに加わるので、タブ、チェックボックス、ラジオボタンの状態、見出しとモーダルの要素、要素のグループなどが検出されやすくなります。

FileVaultのログインとmacOS復旧に対応。Intelプロセッサでは、暗号化されたディスクにログインする時やmacOS復旧で問題を解決する時に、macOSのアクセシビリティ機能に制限がありました。Appleシリコンでは、こうした場合でもmacOSでスイッチコントロールが使えます。この機能はM1搭載のMacのみで利用できます。

AssistiveTouch

ボタンに触れずにボタンを押せます。

iOSとiPadOSのAssistiveTouchでは、タッチスクリーンをあなたの身体的なニーズに合わせられます。ピンチやタップなどの特定のジェスチャーが使いにくい場合は、あなたに合ったジェスチャーに置き換えたり、独自のタッチを作れます。AssistiveTouchメニューのレイアウトをカスタマイズしたり、Bluetoothマウスを接続して画面上のポインタをマウスで操作することもできます。watchOSのAssistiveTouchでは、上肢に障がいのある方が、Apple Watchの画面上のモーションポインタを操作したり、クレンチ、ダブルクレンチ、ピンチのジェスチャーを使って電話に出たりできるようになりました3

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、iPod touch

iOSとiPadOSのAssistiveTouchでは、タッチスクリーンをあなたの身体的なニーズに合わせられます。ピンチやタップなどの特定のジェスチャーが使いにくい場合は、あなたに合ったジェスチャーに置き換えたり、独自のタッチを作れます。AssistiveTouchメニューのレイアウトをカスタマイズしたり、Bluetoothマウスを接続して画面上のポインタをマウスで操作することもできます。watchOSのAssistiveTouchでは、上肢に障がいのある方が、Apple Watchの画面上のモーションポインタを操作したり、クレンチ、ダブルクレンチ、ピンチのジェスチャーを使って電話に出たりできるようになりました3

AssistiveTouchを設定する:

アップデート:

watchOSのAssistiveTouch。ディスプレイやコントロールに触れることなくApple Watchを使いましょう。クレンチ、ピンチ、手首のジェスチャーで、ディスプレイ上のアクションを選んだり、実行することができます。モーションポインタを使うと、手首の動きだけでディスプレイの要素を操作したり、その上にポインタを滞留させることができます。Digital Crownの自動スクロール機能は、長いリストを見る時にジェスチャーで疲れるのを防ぐのに役立ちます。自動で動くモードにすると、画面上の項目を自動で移動できます。

ほかの入力方法

体のジェスチャーでデバイス操ろう。

デバイス上のカメラを使うヘッドトラッキングは、あなたの頭の動きを追って画面上のポインタを操作できるようにしたり、表情の変化をトラッキングしてアクションを実行できるようにします4Macには、頭の動きなどの様々な方法を使って、ポインタやマウスボタンを操作できるポインタコントロール機能があらかじめ搭載されています。iPadOSは、他社製のアイトラッキングデバイスに対応し、目の動きだけでiPadを操作できるようにします5対応デバイスは、あなたが画面のどこを見ているかをトラッキングし、あなたの目の動きに従ってポインタを動かします。長く視線を合わせると、タップなどの操作も実行できます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac

デバイス上のカメラを使うヘッドトラッキングは、あなたの頭の動きを追って画面上のポインタを操作できるようにしたり、表情の変化をトラッキングしてアクションを実行できるようにします4Macには、頭の動きなどの様々な方法を使って、ポインタやマウスボタンを操作できるポインタコントロール機能があらかじめ搭載されています。iPadOSは、他社製のアイトラッキングデバイスに対応し、目の動きだけでiPadを操作できるようにします5対応デバイスは、あなたが画面のどこを見ているかをトラッキングし、あなたの目の動きに従ってポインタを動かします。長く視線を合わせると、タップなどの操作も実行できます。

ほかの入力方法を設定する:

アップデート:

FileVaultのログインとmacOS復旧に対応。Appleシリコンでは、暗号化されたディスクにログインする時やmacOS復旧で問題を解決する時に、macOSでポインタコントロールが使えます。この機能はM1チップ搭載のMacのみで利用できます。

ハードウェアキーボードへの対応

キー入力をシンプルにしたり、感度を調整することができます。

よく使う単語やフレーズのための独自のショートカットを作っておくと、iPhone、iPad、Mac、iPod touchがそれをあなたに代わって入力します。スローキーを有効にすると、キーを押してから入力が認識されるまでの時間を調整できるので、意図したキー入力だけが処理されるようになります。複合キーは、複数のキーの組み合わせを、同時ではなく順番に入力。マウスキーを使えば、ポインタをテンキーで操作できます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、iPod touch

よく使う単語やフレーズのための独自のショートカットを作っておくと、iPhone、iPad、Mac、iPod touchがそれをあなたに代わって入力します。スローキーを有効にすると、キーを押してから入力が認識されるまでの時間を調整できるので、意図したキー入力だけが処理されるようになります。複合キーは、複数のキーの組み合わせを、同時ではなく順番に入力。マウスキーを使えば、ポインタをテンキーで操作できます。

アップデート:

フルキーボードアクセス。フルキーボードアクセスでは、Macで行うあらゆることを、マウスやトラックパッドを使わずにキーボードだけでコントロールできます。さらに増えて進化したキーボードショートカットを使って、コントロールセンターや通知センターなどMac上のさらに多くの場所にキーボードでアクセスできます。

FileVaultのログインとmacOS復旧に対応。macOSでは、暗号化されたディスクにログインする時やmacOS復旧で問題を解決する時に、複合キーとマウスキーが使えるようになりました。このアップデートを利用するには、M1搭載のMacが必要です。

アクセシビリティキーボード

キーボードを画面上に
用意しました。

アクセシビリティキーボードは、macOSの操作や文字入力をあなたに合った方法で行えるようにカスタマイズできるオンスクリーンキーボードです。カスタムツールバーに対応し、自動で大文字にする機能や、改良された単語の提案機能により、文字入力も向上。身体の動きに制限のある方がポインタを動かしたり、画面上の項目を選択またはドラッグできるようにする、ヘッドトラッキングハードウェアにも対応します。滞留コントロールにも対応しているので、マウスのボタンを一切クリックすることなくmacOSのすべての機能を使えます。

利用できるデバイス:

Mac

アクセシビリティキーボードは、macOSの操作や文字入力をあなたに合った方法で行えるようにカスタマイズできるオンスクリーンキーボードです。カスタムツールバーに対応し、自動で大文字にする機能や、改良された単語の提案機能により、文字入力も向上。身体の動きに制限のある方がポインタを動かしたり、画面上の項目を選択またはドラッグできるようにする、ヘッドトラッキングハードウェアにも対応します。滞留コントロールにも対応しているので、マウスのボタンを一切クリックすることなくmacOSのすべての機能を使えます。

アクセシビリティキーボードを設定する:

Mac

アップデート:

FileVaultのログインとmacOS復旧に対応。Appleシリコンでは、暗号化されたディスクにログインする時やmacOS復旧で問題を解決する時に、macOSでアクセシビリティキーボードが使えます。この機能を使うには、M1搭載のMacが必要です。

背面タップ

背面をだけで、お気にアプリが開きます。

これまでで最も簡単なショートカットを紹介します。iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップするだけ。この背面タップで、お気に入りのアプリを開いたり、スクリーンショットを撮ったり、自分に合わせて設定した様々な操作を自動で行えます。24の異なるアクションから選ぶか、自動ショートカットを自分で作っておきましょう。毎日のあれこれを簡単にできるようになります6

利用できるデバイス:

iPhone

これまでで最も簡単なショートカットを紹介します。iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップするだけ。この背面タップで、お気に入りのアプリを開いたり、スクリーンショットを撮ったり、自分に合わせて設定した様々な操作を自動で行えます。24の異なるアクションから選ぶか、自動ショートカットを自分で作っておきましょう。毎日のあれこれを簡単にできるようになります6

背面タップを設定する:

iPhone

タッチ調整

あなたのタッチに合わせます。

タッチ調整を使って、タッチした時のスクリーンの反応を調整してみましょう。タッチが認識されるまでの時間の長さや、タッチの繰り返しを無視するかどうかを設定すれば、指をスクリーン上の好きな場所に置いたまま、間違ったアクションをすることなく、必要な項目に移動できます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Apple Watch、HomePod、iPod touch

タッチ調整を使って、タッチした時のスクリーンの反応を調整してみましょう。タッチが認識されるまでの時間の長さや、タッチの繰り返しを無視するかどうかを設定すれば、指をスクリーン上の好きな場所に置いたまま、間違ったアクションをすることなく、必要な項目に移動できます。

タッチ調整を設定する:

Siri

一日のあれこれを、声だけで簡単に。

あなたが話す言語でSiriに話しかければ、毎日のタスクをより簡単にこなせます。古い写真を探す。メッセージを送信する。ブラインドを下ろす。そのすべてを、デバイスを手に取ることなくSiriに頼むだけで行えます。SiriはすべてのApple製品に対応するので、あなたはどこにいても必要な時に適切なサポートを受けられます。さらにSiriショートカットを使えば、複数のアプリを使ったマルチタスクを一段とすばやくこなせます。例えば「おはよう」というショートカットを作ると、そのフレーズを言うだけで、SiriがPodcastを起動させ、天気予報をお知らせし、経路のチェックを同時に行います7

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、HomePod、AirPods、iPod touch

あなたが話す言語でSiriに話しかければ、毎日のタスクをより簡単にこなせます。古い写真を探す。メッセージを送信する。ブラインドを下ろす。そのすべてを、デバイスを手に取ることなくSiriに頼むだけで行えます。SiriはすべてのApple製品に対応するので、あなたはどこにいても必要な時に適切なサポートを受けられます。さらにSiriショートカットを使えば、複数のアプリを使ったマルチタスクを一段とすばやくこなせます。例えば「おはよう」というショートカットを作ると、そのフレーズを言うだけで、SiriがPodcastを起動させ、天気予報をお知らせし、経路のチェックを同時に行います7

アップデート:

英語で話すSiriの新しい声。英語で話すSiriの声は、新しい2種類から選べるようになります。ニュースを読み上げたり、質問に答えたりといった、長めのフレーズを話す時に、驚くほど自然に聞こえるようになります。

音声入力

声に出したら、文になります。

音声入力を使うと、文字を打つ代わりに声で入力できます。キーボードをまったく使わずにEメール、メモ、ウェブアドレスなどを簡単に入力できます。オンスクリーンキーボード上のマイクボタンをタップし、書きたいことを声に出してみましょう。あなたのデバイスが、あなたが言った言葉、数字、文字をテキストに変換します。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、iPod touch

音声入力を使うと、文字を打つ代わりに声で入力できます。キーボードをまったく使わずにEメール、メモ、ウェブアドレスなどを簡単に入力できます。オンスクリーンキーボード上のマイクボタンをタップし、書きたいことを声に出してみましょう。あなたのデバイスが、あなたが言った言葉、数字、文字をテキストに変換します。

音声入力を設定する:

フィットネスアプリ

目標に向かって、車輪を前へ進めよう。

車椅子を使う方を考えて設計されたApple Watchのフィットネスアプリを活用して、エクササイズの目標を達成しましょう。スタンドゴールの代わりにロールゴールが1時間ごとに車椅子を漕ぐように促します。Apple Watchに内蔵されているセンサーが、速度や地形によって異なる車椅子の漕ぎ方はもちろん、移乗時の動作も考慮に入れるので、毎日の運動量の最も正確な測定値を一目で確認できます。

利用できるデバイス:

Apple Watch

車椅子を使う方を考えて設計されたApple Watchのフィットネスアプリを活用して、エクササイズの目標を達成しましょう。スタンドゴールの代わりにロールゴールが1時間ごとに車椅子を漕ぐように促します。Apple Watchに内蔵されているセンサーが、速度や地形によって異なる車椅子の漕ぎ方はもちろん、移乗時の動作も考慮に入れるので、毎日の運動量の最も正確な測定値を一目で確認できます。

フィットネスアプリを設定する:

Apple Watch

ワークアウトアプリ

あらゆる体の動きに合わせて作られました。

Apple Watchに搭載されたワークアウトアプリが、あなたに合ったワークアウトができるようにサポートします。特定のエクササイズでのあなたの動きを正確に測定し、エクササイズの種類にもとづいて、時間、距離、カロリーのゴールを設定します。車椅子を使う方のために、「アウトドア車椅子ペースウォーキング」と「アウトドア車椅子ペースランニング」の2つの専用ワークアウトを用意しました。ワークアウトを選ぶと、Apple Watchが適切なセンサーを起動します。

利用できるデバイス:

Apple Watch

Apple Watchに搭載されたワークアウトアプリが、あなたに合ったワークアウトができるようにサポートします。特定のエクササイズでのあなたの動きを正確に測定し、エクササイズの種類にもとづいて、時間、距離、カロリーのゴールを設定します。車椅子を使う方のために、「アウトドア車椅子ペースウォーキング」と「アウトドア車椅子ペースランニング」の2つの専用ワークアウトを用意しました。ワークアウトを選ぶと、Apple Watchが適切なセンサーを起動します。

ワークアウトアプリを設定する:

Apple Watch

さらに詳しく:

車椅子でのワークアウト

予測入力

次の言葉を
待っています。

あなたのデバイスが、あなたに代わって文章を完成させます。文字入力が面倒な時は、予測入力を使えばその手間を省けます。文章を書き始めると、予測入力機能があなたが話しかけている相手は誰か、前に使った言葉は何かを考慮して、予測結果を調整。あなたは、その候補の中から次の一言に最適な言葉をワンタップで選ぶだけです8

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple TV、iPod touch

あなたのデバイスが、あなたに代わって文章を完成させます。文字入力が面倒な時は、予測入力を使えばその手間を省けます。文章を書き始めると、予測入力機能があなたが話しかけている相手は誰か、前に使った言葉は何かを考慮して、予測結果を調整。あなたは、その候補の中から次の一言に最適な言葉をワンタップで選ぶだけです8

予測入力を設定する:

必要に応じて カスタマイズ。 「選択項目の読み上げ」機能を紹介している。

Appleのアクセシビリティ機能を
もっと紹介します。

さらに詳しく